Dec 31, 2005

今年最後の駄文

2005年もあと少しで終わり。懲りずに見に来ていただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。m(__)m

よいお年をお迎えください。

Posted at 22:42 in diary

なんとか今年最後の仕事も終了

昨日、仕事をもらっているお客さんがインターネット回線を切り替えるので手伝いに行った。

そこでは比較的早い時期(8年ほど前)から独自でサーバを構築運用している。中身を知っている技術者は既に退職。ネットワーク環境がほとんどブラックボックス化していて一筋縄では移行出来ないだろうと心配していたのだが、やはりというか相当苦労した。(;^_^A)

朝9時に先方へ到着し、最初に手をつけたのがDNSサーバの設定。古いDNSの内容をコピーしてIPアドレスを書き換えるだけなのだが、私の仕事ということで残しておいたそうだ。まあ今のDNSも半年前にハードが壊れて、その時復旧したのは私だったので暗黙の了解事項なのだろう(汗)。

DNSの設定が終わって、新ネットワーク経由で外部からつついてみたが見えない。色々調べてみるとどうもルータでブロックされているようだ。新しいルータはYAMAHART107e。お客さんがセッティングしてくれていたのだが、ファイアウォールの挙動を理解されていなかったようだ。(^_^;)

「初期化しますんで、設定やり直して下さ~い」と言われて、急遽ルータの再構築をやる羽目に。。。ヤマハルータのコマンドなんかとっくに忘れているし、RT107eは一度も触ったことがなかったので、CD-Rのマニュアルを見ながら悪戦苦闘。午後3時までかかってなんとか動かすことが出来た。

やっとの思いで今度はサーバのIPアドレスを書き換え、新しいネットワークに移動。だがそれだけではWWWもMAILもFTPも動かない。それぞれのサーバソフトの設定を弄らなきゃいけないのだが、お客さんは誰もやり方を知らなかったのだ。(滝汗)

まあ、出来ないのわかっているから私が呼ばれたワケなんだが・・・(;^_^A)

WWWは一般的なIISなので、サクッと切り替え完了。ところが、POP3サーバはIMAILとかいう見たこともないソフト。マニュアル見つつ、あれこれと弄ってみるがうまく動かない。思い余って前任者に連絡をとってもらいアドバイスを求めたのだが、「IPアドレスを変えてしまうと、一旦古い設定を全部消して新たにひとつづつユーザー登録しないと動きません」という非情な答えが返って来て、顔から血の気が引いた・・・

既に時間は夜の10時をまわっていた。100名以上のアカウントを今から手作業で再登録?絶対に無理だ!明日出直してやったとしても、個人のパスワードまではわからないので新年早々大混乱になるのは確実。今年最後の仕事だから、すっきり片付けて気持ち良く新年を迎えたいんだよ、私は!!

最後の悪あがきで、全設定のバックアップを取ってからレジストリを手で書き直し、不要と思われるドメイン設定を全部消し去って再起動したら・・・なんと動いてしまった。(^o^)

あと残ったFTPサーバの設定を直し終わったら、時計の針は12時を回っていた。。。

結局私一人で全部やってしまったわけだ。こうなるんだったら最初っからお金もらう話にしとくんだったよ。(;^_^A)

おかげで今日一日ボーっと抜け殻みたいに時間を過ごしてしまった。大掃除は手付かず・・・(汗)

Posted at 00:40 in diary

Dec 28, 2005

見てて辛いんだよね

忙しい。最低でも29日まで頑張らないと年が越せない。そして、こういう時にはなぜか予定外の事態も発生するのでまるっきり余裕がなくなってしまった。ここも開店休業状態である。(^_^;)

そんな中、全日本フィギュアを見た。日曜日の女子フリーは上位6名のレベル高い争いで、実に見応えたっぷり。久々にしびれるスポーツ中継だったと思う。テレビの視聴率も相当良かったらしい。

かなり感動したので、翌日26日にBSフジでやった再放送とエキシビジョンも見てしまった(笑)。やはりハイビジョンの美しさは圧倒的である。

この試合結果を受けてトリノ五輪代表に、村主・荒川・安藤の3選手が選ばれた。今期絶好調の中野友加里選手は残念ながら落選。選考基準となった総ポイント数で足らなかったのだから仕方ないのかな?と私は納得出来たのだが、ネットの世界では疑問、批判の声がかなり渦巻いていて驚いてしまった。

特に安藤美姫選手へのバッシングは異様と思えるほどの徹底ぶり。確かに全日本での演技だけ見ると精彩を欠いていたように素人目には写った。万全の状態ではないのだろう。今年中野選手と3度争って一度も上位に立てなかったわけだし、現時点では中野選手の方が強いという結果が出ている。

だけど・・・私は思う。安藤選手が五輪代表としてふさわしくないほど実力が劣っているワケではないだろう?調子悪そうだけど、それでも絶好調の中野選手との差は僅かでしかない。立ち直りさえすれば、もっと高得点を叩き出す力があるのは実証済みなのだ。ついでに選考基準のポイント数では浅田真央選手を除けばトップなんだから、冷静に判断すれば彼女を差し置いて今以上の力が出せるか未知数の中野選手を選ぶ理由は実のところあまりないはずなのだ。私は今回の選考は妥当だと思っている。

安藤選手が叩かれるのは、スケートと関係ない彼女自身のキャラクターに拠る部分が多いように感じる。スケート選手としての絶対的な力を発揮していた時は反感を押さえ込めていたのだが、今は弱った隙を突かれてネガティヴイメージがネットに溢れかえっているような感じだ。批判を受けるのは彼女側にも原因があるのだろうし仕方ない事だとは思うが、弱ったところを周りから容赦なく嬲られている光景はあまりにむごたらしくて黙って見ていられない。。。

ここまで反感買うとは想像もしていなかっただろう。私もちょっと異常だと思う。どう見ても安藤選手一人に非難中傷が集中している。まるで生け贄みたいだ。(^_^;)

それは人気の裏返しとも言えるのだが、未成年のアマチュア選手に対する仕打ちにしては残酷過ぎないだろうか?もちっとそっとしておいてあげればいいのに・・・

Posted at 00:54 in diary

Dec 22, 2005

雪だ・・・

昼から急に冷え込んだ福岡地方。みぞれが雪に変わり、夜になってうっすらと積もっている。

むちゃくちゃ寒い!!外気温はおそらく氷点下になっているのではないだろうか。。。

DVDレコーダーが壊れたので、仕事帰りに嫁さんと待ち合わせて電器屋のハシゴをしてきた。ターゲットはパナソニックDMR-EH53。我が家はCATV(J:COM)なので地デジチューナーとかいらないし、Wチューナーも特に必要性は感じない。ハイビジョン録画もあえて今必要というワケでもないので、普及モデルで充分との判断なのである。

4店舗でリサーチした結果、実質最安値が45,000円ほどだった。週末になればもっと下がる可能性はありそうな感触を感じたのだが、その場で特価を引き出すことが出来ずに撤退。あきらめてネットで注文することにした。

購入先はアマゾン。還元ポイントを考慮すれば実質40,000円ちょいだから、まあまあ無難な買い物ではないだろうか?カード決済OKで送料無料、注文の翌日発送だし(笑)

リサーチのついでに、気になっていたニコンD200を触ってきた。*ist DSと比較すると大きめなボディ。だけど大口径ズームをつけるんなら、このくらいのサイズは最低あった方がバランスはいいことに最近気付いた。DSにTokinaの80-200をつけて振り回すとボディが軋むんだよな~(^_^;)

質感も良かった。気に入ったのはファインダー。かなり見やすい。*ist DSと同等かそれ以上かも。AFの合焦速度はめちゃくちゃ速い!これにはかなり惹かれた。。。

正直欲しくなった。ペンタを捨てる気は毛頭ないが、室内スポーツ撮影用にもう1ランク上のボディが欲しいし、ペンタには該当するモデルがない。ニコンかキャノンか、どちらか一方のシステムも組んでおいていいのかもしれないなんて夢を見たりしたのだった。。。

Posted at 01:44 in diary

Dec 21, 2005

前に撮った写真

以前撮った写真を整理したので、ネタもないことだし公開する(笑)

10月15日に大分県立総合体育館で行われたVリーグ女子の試合。東レ・アローズ木村沙織選手だ。この時はキャノンPowerShot S2 ISで撮った。画像は粗いのはご勘弁願いたい。(^_^;)

木村沙織

木村沙織2

更に出血大サービス♪(爆)ここからは*ist DSで撮った分。だけどレンズは標準ズーム(DA18-55)なので割り引いて見て欲しい。(;^_^A)

木村沙織3

木村選手はイイ♪笑顔がいい。ついついイッパイ撮ってしまった(笑)。プレースタイルも女の子モード全開なので(爆)ちょっと頼りなげなんだが、これからどう成長するのか楽しみである。

大山美希

16番は大山美希選手。大山加奈選手の妹だ。彼女も個人的に将来を期待している一人だ。

向井久子

1番が向井久子選手。なかなか写真映えするキャラだと思う。好きな被写体だ(爆)。

Posted at 00:43 in sports

Dec 17, 2005

廿日市市スポーツセンター おまけ編(豊田合成)

大盤振る舞いの最後を飾るのは、豊田合成トレフェルサ。写真があまりないので寂しい。(;^_^A)

豊田合成1

エースの盛重龍選手。実はスパイクシーンを撮った中で一番のお気に入り写真なのだ。肩を思い切り入れたダイナミックなフォームがかっこいい。

豊田合成2

センター川浦博明選手のスパイク。素晴らしい跳躍力だ。この写真も気に入っている。

豊田合成3

もう一人のセンター、北川祐介選手。よくある構図の一枚(汗)。でもカッコよく写っているからいいのだ!

豊田合成はよくまとまってはいたが、いかんせん攻撃力が他チームに比べて見劣りがした。サイドにもう一枚強力な大砲がいれば、もっと上にいけると思う。

Posted at 14:15 in sports

廿日市市スポーツセンター おまけ編(パナソニック)

パナソニック1

レフトのカントル選手。実に写真映えのするお顔だと思う(笑)。試合でも活躍していた。パナソニックは両翼に大砲が揃っていて、攻撃の軸がしっかりしているように見えた。こういうチームは強いはず。

パナソニック2

かなり目立ってた12番、センターの森田亜貴斗選手。騒々しいワルガキって雰囲気いっぱいで、対照的に人の良さそうな8番キャプテンの川村慎二選手なんかといい組み合わせだ(笑)。

パナソニック3

あまりいい写真じゃないが、セッターの10番牛尾正和選手。結構好きな選手だ。

パナソニックは被写体としておもしろい選手が揃っていると思う。

Posted at 13:55 in sports

廿日市市スポーツセンター おまけ編(NEC)

JT以外のチームも、せっかく撮ったのだからまとめてアップ(笑)。

まずはNECブルーロケッツ

NEC1

ちょっと加工が失敗だったようで画像が汚くなった。(^_^;)顔がこっちを向いているのがセンターの菊池洋之選手。いつもニコニコしていて独特の雰囲気を持っている。

NEC2

ご存知、全日本セッターの宇佐美大輔選手。彼の強気なトス回しが好き♪ところが2日目の試合で足の故障、ベンチに下がる残念な結果となってしまった。まあ試合は完勝だったからいいか(笑)。

NEC3

この写真、実は後ろの細川延由選手を狙っていたのだが、なかなか前が開かずしびれを切らしてシャッターを切った失敗作なのだ(汗)。ゼッケン3番はレフトの浅倉勇選手。う~ん、あまり記憶に残っていない。。。(;^_^A)

Posted at 13:19 in sports

Dec 15, 2005

12/11 廿日市市スポーツセンター JT vs NEC

先週のVリーグ男子の画像を今日も放出。JTを主に追いかけていたので偏りが出てしまった。(^_^;)

選手紹介

地元の子供達と一緒に登場した選手紹介での一コマ。むさくるしい男の中に混ざった女の子がカワイイ♪(笑)

宮下雅寛

センターの宮下選手。かなりイイ男だ。しかし試合ではあまり目立った印象は残っていない。(;^_^A)

尾上健司

同じくセンターの尾上選手。全日本でもプレーしていた逸材だが、故障明けらしく調子はイマイチ。試合中もかなりミスが目立って、表情も冴えない。

徳元幸人

レフトの徳元選手。今期は加藤とガードナーの加入で控えに回る場面が多く辛い状況のようだ。タイム中の練習でも、「オレを出せ~!」って感じの闘志が感じられるようだ。

加藤陽一

そして、この日は途中からゲームに出た加藤選手。相手サーバーに狙われたのか、それとも守備範囲が広めに割り振られているのかサーブカットの場面が非常に多かった。レシーブはうまい。とても丁寧にボールを処理する選手だ。

加藤陽一その2

試合の方は、自軍のミスで自滅といった雰囲気の完敗だった。他3チームと比較して力が劣っているようには見えなかったので、きっかけ次第で浮上する可能性はあると思う。

Posted at 22:46 in sports

Dec 14, 2005

12/10 廿日市市スポーツセンター JT vs パナソニック

おねえちゃんの写真ばかりアップしていると人格を疑われそうなので(笑)、本来のバレーボール画像をアップする。

私が撮影した選手達の写真をネット上で公開するにあたり、各チームのサイトで権利等問題がないか確認をした。それによると個人的な利用の範囲内ならOKとの記載があるので問題はないと判断した。なおこのサイトのURLは各チームに通知する様明記されていたのでしかるべき処置は取るつもりである。

さて固い話はこのくらいにして、レンズは昨日の分と同じくTokina New AT-X828AF PRO、一部トリミングしている。

ガードナー

のっけから濃い一枚(笑)。JTサンダースのガードナー選手だ。彼はこの2日間絶好調だったように思う。見ていてスパイクを止められる感じがしなかった。それでも試合には負けてしまったのだから、JTの落ち込み具合は重症のようだ。。。

加藤陽一

お次は加藤陽一選手。ほとんど彼を撮るために広島くんだりまで出かけたようなものだ。(^_^;)私は生で見たのは初めてだが、噂にたがわずうまい選手だと思った。それなのに途中交代で下げられてしまうのは不可解。選手層の厚さがそうさせてしまうのかもしれないが、必然性のない交代劇のあげくに負けてちゃ話にならないのだが・・・

加藤陽一その2

試合中の1コマ。とにかくVリーグ男子選手のジャンプ力は並じゃない。ちなみにネットの高さは2メートル43センチある。加藤選手は最高潮でネットから胸が出るくらい跳んでいた。もう空中に浮いているような感じなのだ。バケモノである(笑)

山本隆弘

パナソニック・パンサーズの山本隆弘選手。全日本メンバーから外れたので、彼を試合で見たのは久し振りだ。とりあえず実物もイイ男であった(笑)

山本隆弘その2

山本選手をもう一枚。彼らしいライトからのスパイクシーン。

残念ながら今回はあまり良い調子ではなかったようだ。ブロックをかわそうとしてミスをする場面が目についた。早く立ち直って欲しい。

Posted at 23:17 in sports

Dec 13, 2005

Vリーグ男子 廿日市市スポーツセンター

誤解されそうで怖いが、決してこのような写真ばかり撮っていたのではない!(爆)

ホントに数枚しか撮っていないのだが、なぜか出来がいいのだ。これはアップするしかないのだ!!(笑)

レンズはTokina New AT-X828AF PROISO800F2.8開放、絞り優先AEで撮っている。

NECのチアガールズ

こちらはNECブルーロケッツの応援チアガールズ。後ろのおねえちゃんに目が吸い寄せられた(笑)。

JTのチアガール

こちらはご当地JTサンダースのチアガール。当日一番のお気に入り♪写真で見てもカワイイ♪♪

JTチアリーダーの演技

おまけの写真。セットの合間で披露していたJTチアリーダー達の演技。ちょっとピントが甘いか・・・(^_^;)

Posted at 23:04 in sports

Dec 12, 2005

家族写真

JR宮島連絡船にて

土日で広島へ旅行に行って来た。主たる目的はVリーグ観戦だったのだが、タイトなスケジュールの隙間に宮島へ寄った。これは連絡船の中で撮った一枚だ。

家族の写真は色々と抵抗も多く(笑)あまり公開することはないのだが、これは妙に気に入ってしまったのだ。多分写真としては稚拙なのだろうが、人肌の色合いがすごく好きだ。レンズはお決まりのFA☆28-70mm F2.8ALである。

Posted at 22:30 in diary

Dec 08, 2005

2005年、個人的歌姫

RAMJA 記憶

最近まとめ買いした女性ボーカル物の紹介。とはいってもシングルばかりだが・・・。(^_^;)

まず、私的に超お気に入りのRAMJA。最新シングル「記憶」が11月に発売になり、緊縮財政の昨今購入をためらっていたのだが、FMで曲が流れているのを耳にしてやっぱり欲しくなり購入ボタンを押してしまった。

曲調、アレンジ共にデビュー時からスタイルは変わっていない。ただ枚数を重ねる毎に、少しずつアクが抜けて万人受けする仕上げにはなって来た。来年あたりブレークするかもしれない。

個人的に今年見つけたNo.1シンガーだ。とにかく彼女の声は私の嗜好にずばりハマる。お世辞にも美しい声とは言えないのだが、しゃがれ具合がなんとも味がある。歌には説得力がある。表現者として高い能力を持った歌い手さんだと私は評価するのだ。

彼女をまだ知らない方は是非耳にして欲しい。

SATOMI HEARTBREAKER CD-1

SATOMI HEARTBREAKER CD-2

そしてもう一人、平成生まれの歌姫SATOMIだ。彼女は国内より先にUKでデビューシングル「HEARTBREAKER」を発売したのだが、輸入盤がTOWER RECORDで購入出来るのを知って早速手に入れた。アレンジ違いで2種類のCDが出ていたので、もちろん両方購入(笑)。もう一種類アナログ盤もあるのだが、こちらは聴きたくても装置がないので断念した。(^_^;)

さて肝心な中身の出来栄えだが、正直私はあまり好きになれない音だった。デスチャ(デスティニーズ・チャイルド)の音楽が好きな人は受け入れると思う。というか、私の駄耳だとデスチャそのものに聴こえてしまう。外人さん受けを狙うとこういう音楽になってしまうのだろうか。。。

公式サイトによると、来年にも国内デビューの予定らしい。どんな売り方をするのか、期待と不安が交錯している。歌も上手いしルックスもいい。有能なプロデューサーの手で才能を開花させてあげて欲しいと期待するのだが、どうなるのか・・・

おっと、ちなみに写真はVivitar 55mm F2.8 MACROで撮った。絞りF8でSSは1/6秒くらい。もちろん三脚(SLIK ABLE 300SPDX)に付けている。私の室内ブツ撮り標準仕様だ(笑)。別に写真の出来は今までと大差ないのがくやしい!(爆)

Posted at 23:02 in music

Dec 06, 2005

兼業カメラマン?

日曜日にあったソフトバレーの試合に*ist DSを持参して写真を撮ってきた。もちろん試合にも出たので、撮影の方はあまり真剣にやっていない。(言い訳^^;)

古賀市民体育館1

ぱっと見勘違いしそうだが、女性の方が私達のチームメンバーだ。

古賀市民体育館2

今日は20代の若者が参加出来るフリーのクラスに参戦。私のチームは、なんとブロックで準優勝(4勝1敗で勝ち数は首位と並んだが、セット率で惜しくも2位)してしまったのだった!(祝)




今回はペンタのFA☆28-70mm F2.8ALを持っていった。最近このレンズばかり使っている。(^_^;)しかし当日はあいにくの天気で体育館の中も微妙に暗く、ISO1600まで増感しなければならなかった。ちょっとノイズが多めに出てしまっている。

室内撮影でいつも感じるのがホワイトバランスの難しさ。カメラまかせ(Auto)にしておくと、壁や床の色がかぶって変な色になってしまう。上の写真はRGBの緑を弱めに補正しているのだが、まだ違和感がある。

Posted at 23:45 in sports

Dec 03, 2005

塩原橋河畔

塩原は「しおばら」ではなく「しおばる」と読む。福岡には「原」を「ばる」と読ませる地名が多い。

写真は全てPENTAX FA☆28-70mm F2.8ALで撮った。

塩原橋河畔

鴨

犬

公園の紅葉

Posted at 22:32 in camera

Dec 01, 2005

*ist DS ファームウェアVer2.00リリース

ペンタックス サポートページで公開中。

で、早速適用してみた。目玉はコンティニュアスAFが全撮影モードで選べるってのと、感度Autoが追加になった。あとMモードでAE-Lボタンを押した時の露出調整で、プログラムか絞り優先、シャッター優先の選択が可能になったかな。

これでほぼDS2の機能に追いついた(液晶サイズ除く)。安いDS買っといて正解だったな(笑)。

ところで、JPEGファイル名の連番が1に戻ってしまったのだが、これは書き直せるのかしらん??(?_?)

Posted at 23:39 in camera

結局コレに

SLIK ABLE 300 SPDX

スリックエイブル300SPDX。中古で安かったのでとりあえず買ってみた(笑)。ショートタイプなので屋外で使用するのは向かないが、室内でのブツ撮りとか実家の庭で花を撮るには手頃な大きさだと思う。

思ったより頑丈、というか重い。(^_^;)D2Xクラスの超弩級ボディだと役不足でも、*ist DS程度なら全然大丈夫じゃないかな?とはいえ1キロ超の大口径望遠レンズを付けたらヤバいかもしれない・・・

Posted at 23:27 in camera

復習

キース・ジャレット ザ・ケルン・コンサート

今日届いたCD。一枚目はキース・ジャレットの「ザ・ケルン・コンサート」。超有名なアルバムみたいなので、余計なことは書くまい。(^_^;)

ピアノソロ、ただひたすらそれだけ。10分も聴けば退屈してイヤになるかと最初に思ったのだが、なんのなんの、最後まですぅ~っと聴けてしまった。

なんかよくわからんが、染みる音楽だ。好き♪

ナタン・ミルシテイン J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

2枚目。ミルシテインの「J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」。クラシックは門外漢なので能書きは書けない。(;^_^A)

アナログ盤で聴いたヴァイオリンの音が私の脳をシビれさせたので、もう一度聴きたいと思って買った。が、ウチで聴くと大したことない。。。(^_^;)

これはCDが悪いんじゃなく、ウチのシステムがボロなんだろう(汗)。

Posted at 01:09 in music

Nov 29, 2005

ミニFM局

福岡限定のお話です。他方面の方すみません。(^_^;)

何度かココで書いているが、私はFM好きなのだ。とはいっても通勤中車で聴くだけなのだが、音楽関係の情報はほとんどFMから仕入れている。

いつもデフォでチャンネル合わせているのはLOVE FM(76.1MHz)。最新の洋楽が多く流れる局で、非常に助かっている(笑)。難点は夜の番組がイマイチ好みではないところか。(韓国系の音楽番組とか)

数年前まではCROSS FM(78.7MHz)を聴いていた。こちらは比率でいくと邦楽のウェイトが高い。鞍替えした理由は、朝の番組のナビゲーターが嫌いなヤツに変わったからというのは内緒だ。(爆)

上記理由により、一時期浮気したのがエフエム福岡(80.7MHz)。朝番組のファンが周囲に多く居て薦められたのがきっかけだった。ここは昔からあるFM局で、10代の頃は随分とお世話になったものだ。ただし音楽がかかる回数が少なめで、物足りなかったからすぐにLOVE FMへ乗り換えたのだ(笑)。

あとNHK FM(84.8MHz)を加えて福岡の主要FM4局となるのだが、実は最近それ以外にも流れているFM局があることに気付いたのだ。福岡に住んでいる人達はどのくらい知っているだろうか?

まずは周波数76.8MHzで聴こえるFM局。百道浜から発信しているFM MiMiだ。ちょっと前に車のバッテリーが死んだ時、ラジオのプリセット情報がクリアされて再設定をした際にたまたま見つけた放送局なのだ。ここは出力が20Wしかない(上記の主要FM局だと1~3KWの出力がある)ミニFM局で、カバーエリアも福岡市内が精一杯といった狭さだ。私の平日の行動エリアは福岡市の端っこか市外がメインなので、残念ながら受信状態はあまり良くない。だが内容が非常にいい!喋りはほとんど無し、ひたすら音楽(洋楽がほとんど)を流している。流す音楽のジャンルもSmooth Jazz系で実にセンスが良い。ここと比較すると、LOVE FMはお子様向けって感じがする。残念なのは、少ない喋りの部分がほとんど素人がやってる程度の稚拙さで、特に朝やってるニュース等の情報番組は聴くに耐えないレベルなところだ。しかたないので、現在朝はLOVE FM、帰宅時にFM MiMiと聴き分けをしている。(^_^;)

あと、FREE WAVEってやっぱりミニFM局が77.7MHzで聴けるのだが、こちらはあまり聴いていない。なんとなく若者向けの番組といった感じだ。

私のお薦めは、FM MiMiだ。福岡市内が通勤経路の方、是非一度チャンネルを合わせて聴いてみることをお薦めする。

Posted at 01:11 in music

Nov 27, 2005

SEAL

SEAL

体調が芳しくないので一日家でゴロゴロ。昨夜の復習で手持ちのJazz名盤CDを聴いたり、もう一度じっくり聴いてみたいアルバムを注文したり。

Jazzとはまったく関係ないのだが、最近FMでよくかかっているSEALの「CRAZY」のカバー。アラミス・モリセットが歌っているのだが、なかなか良い感じで気に入っている。そこでオリジナルであるSEALの1stアルバムをラックから探し出して来た。これは91年発売と同時に購入した。かなり好きで聴き込んだ一枚である。

SEALの声は艶っぽい。男臭い、だけどオシャレ。実に魅力あるボーカリストなのだ。もちろん彼をプロデュースしたトレバー・ホーンの力量も大きいのだろう。

トレバー・ホーンと言えば、ちょっと前にt.A.T.u.のプロデュースで久し振りにその名前を聞いた。t.A.T.u.は例の来日騒動でかなりイメージを失墜させたが、アルバム自体の出来は私は良かったと思う。昔からトレバー・ホーンがプロデュースしたアルバムは好きなのだ。

SEALもそうだが、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドなんか懐かしい。ちょっとネットで調べてみたら、Yesの「ロンリー・ハート」も彼が手掛けていた。もっとびっくりしたのが、一時期Yesに在籍していた事があったって事。へぇぇ~って感じである。

プログレ教徒のRUBYさんは毛嫌いしている気がするな。。。(^_^;)

あと、懐かしい「ラジオスターの悲劇」のバグルズにトレバー・ホーンがいたってのも知らなかった。

意外と私がよく聴いていた音楽に係わりが深い人物なのだ。トレバー・ホーンって。

Posted at 23:50 in music

レコードコンサート

かなり久し振りのカメラ以外のネタ(笑)。

今日、夕方から七隈にある「音のエジソン」というオーディオショップで開催されたレコードコンサートを聴いてきたのだ。

前々から一度行ってみたいと思っていたお店なのだが、サイトを見てわかる通りかな~りコアな雰囲気が漂っていて(笑)なかなか踏ん切りがつかず、今回レコードコンサートの催しで参加者募集しているのを知り、いい機会だと感じて申し込んだのだ。

感想はというと、ウチより遥かに良い音でした。(当たり前だ!)それがアナログレコードのせいなのか、ショップオリジナルのアンプ類やスピーカーのせいなのかは、私にゃさっぱりわからない。(^_^;)でも、はっきり「良い音」だということはわかったし、聴きに行った甲斐はあったと思う。

じゃあ好きかと言うと、これはよくわからない。ジャズやクラシックの名盤は、そりゃあよいって事くらい私の駄耳でもわかる。そういう音楽を聴くのにはいいんだろうけど、私が普段好んで聴くのは最新の流行り歌なのだ。全然方向性が違うような気がする・・・(^_^;)

店長さんとはちょっとしか話す時間がなかったので、日を改めて再度聴きに行ってみようと思っている。CDでの試聴もOKのようなので、お気に入りのヤツを何枚か持って行って落ち着いて聴いてみたい。

Posted at 00:17 in audio

Nov 24, 2005

紅葉

GITZO #275

引き続き昨日のネタである。(^_^;)昼から性懲りもなく、今度はFA☆28-70mm F2.8ALを付けて大宰府天満宮に紅葉を撮りに出かけたのだ(笑)。

これは公開するかどうか悩んだ。ペンタのスターレンズを使って、ヘタな写真は出しちゃいけない!と思ったからだ。そもそも気合入れて撮影に行ったんだから真面目に撮ればいいのに、JPEGで保存しちゃうし手持ち撮影だしって安直に撮ってしまった(汗)。

まあ誘惑に負けて他所で載せちゃったことだし(自爆)、自分の為の成長記録ということで公開しちゃおう!<いいのか?、ホントに(^_^;)

Posted at 22:16 in camera

Nov 23, 2005

高いのにはワケがある?

やっと久し振りの完全オフ♪珍しく早起き(7時)して、Tokina New AT-X828AF PROを持ち出し那珂川を散歩(笑)

鳩は撮り易いね(笑)

コイツはウチで一番高いレンズなのだが、重い(1.3Kg)ので買って一度しか使っていなかった。(^_^;)この前シグマの70-300で撮ったので、ちょっと実力の比較をしたくなったのだ。

で、結果はというとやはりトキナの方が上。ちょっとレベルが違う感じがする。このくらい写ってくれると一眼レフだって雰囲気になるな。(爆)

でも、やっぱり重いから散歩には使いたくないな。(;^_^A)

大きな画像をいくつかココにアップしている。見たい人はどうぞ。

Posted at 13:02 in camera

Nov 22, 2005

GITZO #275

GITZO #275

ものすごく欲しくなって手に入れたジッツオの古い雲台。

かなり使い込まれた品。あちこち塗装が剥げている。そこがなんともカッコイイのだ。そう思うのは私だけ?(汗)しかし、実に頑丈な作りだ。孫の代まで使えそうな気がする(笑)

で、コイツを付ける脚の方なのだが、さっきオークションで競り負けてしまった。(^_^;)さて、どうしようか・・・

オークションで出物を待つのも面倒だし、新品で安いスリックの奴(エイブル300EX)でも買おうかと思案中。

Posted at 00:59 in camera

Nov 20, 2005

ねじ式

仕事が終わらない。カメラ触ってる場合じゃないので朝から我慢して家に篭っていたのだが、昼過ぎにペンタックスから頼んでおいたマウントアダプターが届いたので、自動販売機まで買出しに出かけるのを口実にしてちょこっと試し撮り。(^_^;)

自宅近くにて

レンズはeBayで入手したVivitar55mm F2.8 MACRO。これは激安で落札したので何か落とし穴があるかな?と思っていたら、届いた品は昔のねじ込み式マウント(M42)だったのだ。(汗)

実は問題はそれだけじゃなかった。レンズは埃だらけだったし、ピントリングはスムーズに回らない。おまけにリングに巻いてあるすべり止めのゴムが劣化していて切れかかっていた。オークションの写真がニセモノってワケじゃないので文句を言う筋合いでもないが、こんな品を平気でエクセレント!パーフェクト!!と謳う外人さんって、やっぱ理解できないわ。(;^_^A)

せっかく手に入れたレンズなので、なんとか使おうとマウントアダプターを調達して今日やっと*ist DSに付けてみた。そこで判明したのだが、このレンズだとAE-Lボタンを使ったプレビュー測光が出来ないみたいなのだ。一応レンズの方には絞りピンが付いていて、絞りAutoもちゃんと機能はする。もしかすると*ist DSのボディと合わないのかもしれない。

プレビュー測光が無理となると、残るは絞込み測光で使うしかない。そこで外に出て試し撮りをやってみたのだが、はっきり言ってF8とか絞り込んだ状態でピント合わせなんか私にゃ無理だ!(自爆)仕方ないので上の写真は目測で撮った。

ボロボロのジャンクレンズだけど、普通に撮れている(笑)。等倍マクロが出来るからいづれ試してみようと思う。それにはちゃんとした三脚がいるな。。。

これはサザンカかもしれない?

Posted at 17:21 in camera

Nov 19, 2005

SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO MACRO

試し撮り 鴨

このレンズも届いていたので、今朝持ち出して撮ってきた。DGではなくSUPERでもない、古い望遠ズームだ。お値段は一葉さんでおつりがきた(笑)。

望遠で撮るならやはり野鳥かな?って単純な発想で、いつもの那珂川へ。

実際に狙ってみたら、やはりというか300ミリじゃ全然足らない。倍の600ミリは欲しいな。(^_^;)

ヘタな写真でよければ、こちらからどうぞ。

Posted at 12:22 in camera

Nov 17, 2005

Eva Cassidy

Live At Blues Alley

久し振りに聴いている一枚、エヴァ・キャシディの「Live At Blues Alley」。買って数回聴いたっきり放置していた。エヴァのもう一枚持っているベスト盤「Songbird」の方は結構好きで聴くのだが、Jazz色が強く暗い感じのコッチは正直あまり好きではない。

ラックの上に積み上げているCDの山の中を漁っていて、ふと目に留まったのでかけてみた。ボーカルがちょっと引き気味でバックの演奏と混ざり合って、ライブ録音ならではの感じ。寒くなって来たこの季節に聴くと、なかなか良い。

Songbird

日本ではあまり有名でないらしいが、好きな人はかなり熱が入っている。興味ある方はアマゾンのレビューを読むといい。若くしてこの世を去ってしまった人なので、多分に神格化されているきらいもある。生前はほとんど無名の地方シンガーだったのだ。

上手いとか下手だとか、楽曲の完成度とかで論じても意味のない人なのだ。志半ばで、未完成のまま止まってしまったのだから。素材の味だけを楽しむ、それを忘れたらこの人の良さがわからないと思う。

そのお味は、実に鮮烈。「Songbird」を一度お試しあれ。

Posted at 23:41 in music

Nov 16, 2005

FA☆ズーム 28-70mm F2.8AL 来た~!

じつわ、買っちゃったんです。ペンタ純正の泣く子も黙るFAスターレンズ!新品ではありません。定価165,000円(税抜)ですもの、量販店で買っても13万はします。中古も良品だと8万以上。いつもの私だと手を出す代物じゃありません。

それが、割安の難有り品がオークションに出ていたんです。思い切って落札しました、はい。(;^_^A)

試し撮り サボテン

仕事があるので、試し撮りは自宅のベランダで数枚だけ。なんかいいぞ!このレンズ。くっきり色鮮やか!!バックのボケ具合もいいんじゃない♪

これはいい!いいに決まってる!!そう思い込むことにした(自爆)。いっぱい撮るぞ~

試し撮り 畑に咲く花々

食事に出たついでに試し撮り(笑)。気のせいかもしれないが、くっきり写っているみたいだ。このレンズ、気軽に持ち歩くにはデカいし重い(800g)。だが実際に構えてみるとさほど重さは感じないし、かえって安定するので私には好ましい。

試し撮り 天カス(笑)

で、今日のお昼はうどん。写真撮るのを忘れていたので、福岡名物?うどんのお供の天カスでも撮ってみた(笑)。

手前の緑色の箱にはネギが入っている。天カスとネギが福岡のうどんには欠かせない薬味?なのだ。中学生の頃は、100円の素うどんに山盛りのネギと天カスをのせて食べていたものだ。

Posted at 15:16 in camera

Nov 15, 2005

So' Fly

READY OR NOT vs ITT[So' Fly ver.

かな~りご無沙汰の音楽ネタ。はっきり言って、今はカメラ以外にお金を遣うつもりがないので、オーディオや音楽は休止状態である。(^_^;)

そんな中、FMラジオで聴いて気になったSo' Flyってユニットの最新マキシシングルを買った。2曲目の「CASINO NIGHTMARE」がラジオで聴いたヤツ。ちょっと懐かしいキャバレーノリで、なかなかかっこいい。

全4曲入りだが、2曲目以外は特段心に残らなかった。m-floとの違いが私にはわからない。

若者向けの音楽だな、こいつは。

Posted at 01:17 in music

Nov 13, 2005

昨日の写真から。撮るほどのモノでもないけど、ついシャッター押しちゃった(^_^;)みたいな一枚。

塀

最近めっきり見なくなった和様式の塀。この手の瓦はとんと少なくなった。ここらへんは農家がまだ残っているので、歩くと子供の頃の感覚が蘇ってくる。

残念なことに、今風の小洒落た洋館に周りを取り囲まれてしまったので、ちょっと違和感がある。これもいずれは消えゆく運命なのだろうか。

Posted at 22:08 in camera

Nov 12, 2005

Vivitar試し撮り

いつもの狛犬

待ち遠しかった休日。天気も秋晴れで絶好の撮影日和♪さっそく朝から*ist DSにVivitarの28ミリをつけて近所を散歩。遠出しないところが出不精の私らしい・・・(;^_^A)

空は高く、空気も澄んでいて、いつもよりシャープに写る気がする。Vivitarのこのレンズ、Close Focusという名の通りかなり被写体に寄れる(最短23センチ)ので使いやすい。値段の割りに写りもいいと思うし、いい買い物だったかもしれない(笑)。

いくつか画像をアップしたのでVivitarに興味ある方はどうぞ。このレンズの作例はちょっと他にはないと思う(爆)。

Posted at 17:33 in camera

Nov 10, 2005

マクロって凄いね

HERMES CLIPPER

深夜にゴソゴソ、カメラ遊び。(^_^;)

今度は普段使っている腕時計を撮ってみた。もちろんトキナーの90ミリだ。

切り取った画像は異次元の世界だった。文字盤に書かれたロゴが盛り上がっている。こんなの肉眼じゃ絶対に見えない。

アップした画像はトリミングのみ、無圧縮無加工だ。暗いしピントはイマイチの不本意な出来だけど、マクロレンズって凄い!という事を私なりに体感できた一枚なのだ。

ちなみに元画像はこんな感じ。15年間使い込んでいるので傷だらけだ。おまけに汚れてるし・・・(^_^;)

HERMES CLIPPER 全体

Posted at 01:39 in camera

Nov 09, 2005

仕事道具

息抜きで愛用のマウスを撮影。ロジテックのCordless MouseMan Opticalってヤツだ。コードレス&光学マウスの初期型で、結構高かった記憶がある(7,000円位)。

私は道具にこだわる悪癖を持っている。気に入ったものでないと使う気がしなくなる(仕事しない^^;)ので、価格バランスは一切考えずに欲しいモノを揃えてしまうのだ。

Logitech Cordless MouseMan Optical

こうやってアップで撮ると、手垢の汚れが目立つ。(^_^;)

ちなみにレンズは、宝の持ち腐れかもしれないTokinaの90ミリマクロ(自爆)。

Posted at 02:08 in camera

Nov 08, 2005

eBay初の獲得品♪

先月後半にeBayで落札したレンズが届いた。Vivitar28mm f2.0 Close Focusだ。

Vivitar 28mm f2.0 Close Focus

実物を手にしてみると、明るいレンズの割には随分と小振りだ。コンパクトな*ist DSにはちょうど良い大きさだと感じる。テラテラした光沢があるボディはちょっと合わない感もあるが・・・(^_^;)

造りもしっかりしていて所有欲は満たされた(笑)。ちょこっと室内で撮ったが、ここに載せるような写真はまだない。(^_^;)

休みになったら持ち出してみようと思う。

Posted at 01:25 in camera

Nov 06, 2005

小路(こみち)シリーズ、その2

那珂川河畔の小路。横手中学校の近く

そういえば、小路を撮った写真が他にもあったな・・・といきなりシリーズ化してみる(笑)。

あまり良い出来じゃなかったからボツにしたヤツなんだけど、ネタもないし、まあいいや。(;^_^A)

ちゃんと絞り込んで撮ればもうちょっとマシだったんだろうけど、これはF4で右手前の花にピントを合わせている。実はもうちょっと背景をボカして非現実的な画像にしたかったのだが、撮影位置が離れ過ぎていて単なるスナップ写真になっちまった失敗作なのだ。

駄作だけど意外と気に入っている一枚。「道」を題材にするのもおもしろいと思う。

Posted at 14:55 in camera

Nov 05, 2005

フィルム調V1

せっかく天気の良い休日だというのに、仕事の締め切りが近いので家に篭っている。パソコンの前に座って、ヤフオクをチェックし、eBayをチェックし、撮り溜めた画像を見て弄くったり。。。<仕事せんかい!!(^_^;)

那珂川緑地公園

で、ちょっくら現像してみた一枚。私らしくない爽やかな写真だ(笑)。これはSILKYPIXのカラーモードフィルム調V1を使った。

RUBYさんはV2の方をよく使われているが、私が撮った画像だとどうも似合わない。これは太平洋側の千葉と日本海側の福岡の空気の差なのかもしれない、きっと。(爆)

今のところ私が一番好きなモードはフィルム調Pだ。画像置き場のほとんど全てをこれで現像している。フィルム調V1はそれより少し派手目な色合いみたいだ。

Posted at 17:37 in camera

Nov 03, 2005

秋色シリーズ

朝起きたら曇り空。今日は散歩に行けないかなぁ~とガッカリしながらソフトバレーの練習に。終わった頃にはすっかり天気も良くなって気分も晴々♪家に戻って昼飯を食べ、*ist DSにペンタのM50mm F1.7をつけて近所の川原へ出かけた。

今日はいつもと逆方向(上流)に川筋を歩いた。5分ほど先にちょっとした公園があって、小学生の頃よく遊びに来た場所なのだ。さすがに随分と様変わりしている。

ちょこっと写真も撮った

Posted at 19:31 in camera

Nov 01, 2005

はぁぁ~~~

実家の花を撮った写真。写真屋でプリントして両親に見せてあげた。

その感想がふるってる。

母親:「なにこれ?失敗写真しかないじゃない。ピンボケばっかり・・・。」

いや、そうじゃなくてワザとボカしてるんだけど。。。(^_^;)

母親:「はぁ?何言ってるの。ちっとも良くないじゃない、この写真。」

父親:「ワザとかどうか知らんが、おまえのは写真じゃないな。(きっぱり!)」

そこまで言うか・・・(-_-;)






どーせヘタクソだよ。

ドヘタで悪かったな!!(フンッ)




ヘタクソは写真撮っちゃいかんのか!!(怒)



そして闘いは続くのだった・・・(;^_^A)

Posted at 20:43 in camera

Oct 30, 2005

カメラ小僧

花ばっかり撮るな!とお叱りを受けたので、車の写真でも。(笑)夕方散歩に出た途端、雨が降って来たので駐車場から撮った。ハイマウント・ストップランプがチャーミングでしょ♪

Freelanderのケツ

雨が降ったり止んだりのイヤな天気の中、メゲずにTokinaの90ミリマクロで近所を撮って来た。4枚ほど新たにアルバムへ追加したので見たい人はどうぞ。

Posted at 22:19 in camera

Oct 29, 2005

画像置き場

アップする画像のサイズが物足りないので、こんなモノを設置してみた。ヘタクソだけど、今に見ておれ、俺だって!の意気込みで作品を増やしていくつもり。

みなさん、暖かい目で見てね♪

Posted at 22:30 in camera

マクロ練習 花編

ぱっとしない天気の中、Tokina AT-X M90を持ち出して実家の花を撮ってみた。マクロ撮影の題材にはこと欠かない(笑)。

パステル調(笑)

RUBYさんトコのアルバムでも見た花が咲いていたので、負けずにパチリ(爆)。ほとんど望遠レンズだからボケがきれいだ。

蓮みたいな花?

この花は何だろう?蓮みたいだが、植木鉢に植えてある。あとで母親に聞いてみよう。

洋蘭、加工後

で、本命の洋蘭。申し訳ないが名前がわからない。(;^_^A)

私の腕だと、写真にするのが非常に難しい。ただ撮影しただけだとベタッとしたヘンな色になる。参考のために元データを下に載せてみよう。

洋蘭、加工前

これはJPEGじゃどうしようもない。(^_^;)で、SILKYPIXをダウンロードして、RAWから現像して作ったのが上の写真なのだ。フィルム調Pの他、かなり設定を弄った(笑)。

いやぁ、変わるもんだ。やり過ぎてちょっとウソ臭くなったのが気に入らないが・・・(^_^;)

Posted at 19:59 in camera

Oct 28, 2005

VIVITAR 28mm F2.0 CLOSE FOCUS

Vivitar 28mm F2.0 CLOSE FOCUS

実はこんなモノをeBayで落札した。(^_^;)

元箱付き、中古だけどほぼ新品の状態(とセラーが言ってる)。写真で見る限りには確かに状態が良さそうな一品だったので、日本に送ってくれることを確かめ迷わず入札。送料含め諭吉さん一枚でGETできた。

買ったはいいけど、使い道が・・・(汗)。お散歩用にはペンタの50mm F1.7があるし、28mmはデジ一眼だと中途半端(35mm換算で42mmくらい)だよな。。。

特に使うあてもなくレンズを収集してしまう。病気だね、こりゃ。(;^_^A)

Posted at 13:17 in camera

Oct 26, 2005

Tokina AT-X M90

取り寄せていたマクロレンズが届いた。TokinaAT-X M90というヤツだ。もちろん中古である。お値段は、諭吉さんと一葉さんのペアでおつりが来た。

なぜこんなレンズ(マニュアル)を買ったのか?ひとつは知り合いの元プロ?のカメラマンが絶賛していたから。その人はこのレンズ自体は所有していないのだが、Vivitarって別ブランドでOEM販売されていた同じタイプのやつを持っている。プロが薦めるモノに間違いはないはず!・・・と思う。(;^_^A)

別の理由で、プロ並に写真が上手いCOLKIDさんがやはりVivitarのレンズに興味を持たれていたのも影響している。

さて、はたして私ごときに使いこなせるのだろうか?ちなみにマクロレンズは今まで使ったことがない。(^_^;)

フィギュア

夜なので、部屋で食玩フィギュアを被写体にしてみた。最初は手持ちで撮ってみたのだが、手ブレしてしまって全然うまくいかない。ピントの合う位置がものすごく狭い!これじゃいかんと安物の三脚を引っ張り出して、なんとか見られるモノが撮れた。ISO400でシャッター1/8秒(汗)

なんかメルヘンチックだ(汗)。全然レンズの参考にならないな、これは・・・(^_^;)

smc PENTAX-M 50mm F1.7

おまけの画像(笑)ISO800にしちゃキレイかな?

Posted at 23:50 in camera

Oct 23, 2005

smc PENTAX-M 50mm F1.7

ソフトバレーの練習から戻ってきたら、新しいレンズが届いていた。smc PENTAX-M 50mm F1.7だ。

さっそく*ist DSに装着。

*ist DS + SMCP-M 50mm F1.7

げっ、手ブレしてる!(^_^;)でも面倒くさいから、このまま載せておこう。<プライドというものが無い

なかなか小粋でキュートなレンズだ。嫁さんがちらっと見て、「ちっちゃいねぇ~。これってパンケーキ・レンズってヤツ?」とのたまった。いや、ちょっと違うんだけど・・・。そんなことより、ドコでそんな言葉覚えたんだ?(汗)

知らぬ間に敵もいろいろ知恵をつけているようだ。気をつけねば。。。(;^_^A)

さて、*ist DSで初のマニュアルレンズである。とりあえずピントを合わせてシャッターを押す。押すんだけど・・・切れない!(滝汗)

落ち着いて使用説明書を読んでみると、絞りリングのAポジション以外で撮影する場合は、メニューの「Cカスタム」の中の「絞りリングの使用」を「2(許可)」にしろと書いてあった。出荷時の設定は「1(禁止)」になっているらしい。書かれた通りに設定し直すと、ちゃんとシャッターが切れるようになった。

あとは露出だが、マニュアルモードだからって経験と勘で決める必要はない(笑)。具体的には、測光したいエリアを決めて、ファインダー中央に合わせて一度シャッターを半押し、ファインダー内のガイドが表示されたらAE-Lボタンを押す。そうすると手動で設定した絞り値でプレビューされ、同時に露出値(この場合は適切なシャッター速度)を計算してくれるのだ。

文章にするとややこしい操作のようだが、実際はそんなに大変なわけじゃない。もちろん気軽にぱっとシャッターを押すのは至難の技だが、のんびりマイペースで撮るスタイルなら、かえっていい感じの間になって私は好ましく思った。まあ歳が歳だし、元々マニュアル使いだったから、年寄りのノスタルジーかもしれんが・・・(^_^;)

もうひとつ、*ist DSは(というか、最近のカメラは全てそうなんだろうけど)MFでもシャッター半押しで合焦していたら、ちゃんと合焦マークが点いてピピッって音で教えてくれるのだ。これは非常に助かる。「なかなか賢いメカなんだな、*ist DS♪」って感じでますます惚れ込んだ私なのだ。(*^_^*)

多分ツバキの花かな?

てなわけで、既に陽は傾きかけた午後4時から試し撮り。近場を散歩しながらの~んびりと撮影(笑)。

一枚目は実家で咲き始めたツバキの花(だと思う。。。)。マニュアルなので撮影情報がほとんど記録されてない。シャッターは1/350秒、絞りは多分開放(F1.7)だと思う。

実家の知らない植物(自爆)

2枚目も実家の植物。これは何だろう?ホウヅキではないよな?(汗)シャッター速度1/500秒、絞り開放。ちょっとピントがあやしい。(;^_^A)バックのボケが少し足りなかったかな?

イチジク畑

3枚目、いつものイチジク畑。ボケ具合を確認するためのショットだ。シャッター1/125秒、絞りは多分F5.6あたりだったか?覚えていない(汗)。

なんとなく、サラッとした画だと思う。これはこれで好きな雰囲気だ。Caplio GXとはだいぶ違う。

ねこじゃらし?(おいおい^^;)

最後は秋を感じる一枚(笑)。名前は知らない雑草。シャッター1/350秒、絞りはF2かな?。

黄金色が暖かい感じ。バックが汚いのが残念だ・・・(-_-;)

Posted at 22:55 in camera

Oct 21, 2005

レンズ病

オークションでこんなものを落札。smc PENTAX-M 50mm F1.7。昔の普及型標準レンズだ。価格は漱石さん(今は英世さんか^^;)3枚ちょい(笑)。

smc PENTAX-M 50mm F1.7

Mシリーズは小型でなかなかカッコイイのだ。もう一世代新しいAシリーズだとAEモードが使えて便利なのだが、デザイン的に私はMの方が好きだ。スペックよりデザインを重視してしまう自分がおそろしい。。。マニュアル操作なんて今さらやれるのか?(^_^;)

Posted at 01:49 in camera

Oct 12, 2005

鉄っちゃんではありません!(笑)

ちょっと大分まで出かけたので、*ist DSを持参(笑)。

博多駅から乗ったのが写真のソニック(885系)。これは新型でスマートな流線型のボディだ。古いタイプ(883系)はカクカクしたガンダムタイプである。

885系ソニック

博多の大佐(爆)

これはおまけの画像。博多駅の大佐だ。や~まださん、見てますか?(爆)。

Posted at 22:44 in camera

Oct 11, 2005

今度はバッテリー(^_^;)

なかなかやってくれる我が愛車、フリーランダー。今度はバッテリー突然死なされた。。。(汗)

今日の夕方5時、ユーザーとの打ち合わせで博多ふ頭に出向いた。お客さんの敷地内にある駐車スペースが一杯だったので、近くのパーキングに駐車してビルの中へ。3時間後、打ち合わせを終えてやれやれと車に戻ってドアを開け、イングニッションキーを差して捻る。

「・・・(無音)」

実に妙な感じだった(笑)。反射的にもう一度キーを捻るが、うんともすんとも言わない。改めてコンソールパネルを覗いてみたら、全然ランプが点いてない!

背中に冷たいものが流れた。。。(-_-;)

落ち着いてキーを回し、スイッチを入れてみる。スターターを回さなければ、うすボンヤリと警告灯が光っている。

「バッテリーが上がってるな。」どう考えても原因はそれしか考えられない。

なんかチョンボしたか?あれこれ思いを巡らせたが心当りがない。スモールも点いてない、室内灯も点いていない。だいたい陽の明るいうちに駐車したんだから、そんなアホなことあるかい!!

このまま車を置いて帰ると明日の朝が困る。仕方ない、ロードサービスに連絡しようと思って、車検証(電話番号が書かれたカードを入れている)を取り出すのにリアゲートを開けようとしたのだが、なぜか開かない。ドアロックは解除してある。念のため、鍵穴にキーを差し込んで捻ってもダメ。。。いったいどーなっとるんじゃ~!!(滝汗)。

夜の8時過ぎ、祈る気持ちでディーラーに電話。コール3回目で繋がった♪「Kさ~ん(メカ担当さん)、助けて~!!」

それから30分後、新品のバッテリを抱えてKさんが到着。交換すると何事もなかったかのように目覚めたフリランくん。。。

私:「やっぱりバッテリーが逝ってたんですね~。でも心当りないんだけど?」
Kさん:「いや、こういう事例あるんですよ。突然バッテリーが死んじゃうケース。」
    「これ外国産のバッテリーなんで、イマイチなんですよね~。(苦笑い)」
私:「えぇ~っ!そんなのヤだ!!国産に換えようよ~」
Kさん:「いやぁ、それが国産でコイツに合うバッテリーが無いんです。これしかないんでゴメンなさい。」

なんてこったい!ラジエター液とブレーキパッドに加えて、バッテリーも日頃から注意しとかなきゃ安心して乗れないゾ。。。(;^_^A)

Posted at 23:27 in freelander

Tokina NEW AT-X 828 AF PRO

やっぱり我慢出来ず、ネットで注文ボタンをポチッ。(^_^;)

TokinaのNEW AT-X 828 AF PRO80-200mm F2.8の望遠ズーム。ヤフオクとかで前モデルの中古が35,000円~40,000円位で出ているんだけど、どうしても今週中に手に入れたかったのでココで新品をGET。

NEWモデルでデジタル対応になったから新品の方で正解ってことで、心を納得させてます。(;^_^A)

Posted at 00:27 in camera

Oct 10, 2005

バイアンプその後

3連休の最終日。今日もちょこちょこ*ist DSで写真は撮ったが、公開出来るモノがない!(自爆)

ということで、オーディオネタでも書いてみることにする。

さて、バイアンプ化した我が家のシステムだが、実はすこし構成を変えた。

購入してずっと使っていたDAC-AHだが、どうも出て来る音が気に入らない。バイアンプ化してから更に音が汚くなった感じがして、結局取り外したのだ。DAC-AHはそのままサブシステムに回して、パソコンのサウンドカード(Sound Blaster Audigy)から光ケーブル経由で受けさせた。出力はSHARPのSD-CX2に渡して、Auratone 5Cという布陣だ。

PD-HS7の内蔵DACに戻したメインシステムの方は、まあまあ鳴っている。(;^_^A)バイアンプ化して低域が力強くなった。劇的な変化とまではいかないが、聴き取りづらいギターの低い方の弦の音がはっきりしたし、ベースの音もとり易くなった。

その代わりに、なんとなく音が汚くなってしまった。DAC-AHの仕業かと思ったのだが、PD-HS7の内蔵DACに戻しても違和感は消えない。今の押しが強い音は捨てがたいのでバイアンプ駆動を止めるつもりはないのだが、この先どこに手を入れるべきなのかよくわからなくなった。

疑わしいのは追加した607X。ここを入れ替えるならごく一部で定番の300Bシングルか?(笑)もう一箇所気になるのがプリのT1953。ここも弄ると結構音が変わる部分なので、もう少しグレードの高い機種に入れ替えてみるのも手のような気がするのだ。やはりONKYO P-306を入手してみるか?(爆)

だけど*ist DS買っちゃったから望遠ズーム欲しいし、資金は無いし、しばらく我慢するしかないな。。。(T-T)

Posted at 23:07 in audio

Oct 09, 2005

ネイチャーづくし(笑)

最初にことわっておくが、全て反則技(トリミング)を使っている。(^_^;)カメラはもちろん*ist DSだ。

名前は知らない虫。虻かな?(笑)

なんでもない写真のようだが(自爆)、今までコンデジで動きまわる昆虫を撮るのは非常に難しかったので、私にとっては画期的な一枚なのだ。AFの速さの賜物である。

名前は知らない花。その1(笑)

この手の花シリーズは、銀塩の頃はまったく撮っていなかった。理由はフィルム代が惜しいから(汗)。当時は人物か風景ばかりのいわゆる旅行写真オンリーだったので、あまり枚数も撮らずちっとも腕は上達しなかった。

デジカメを使うようになって、近所を散歩しながら気軽にシャッターを押すようになった。撮影枚数も増えた。今回ついにデジ一眼を買ってしまったが、タンスの肥やしにはならないと思う。

写真を撮るのが楽しくなった。

名前は知らない花。その2(笑)

しかし、花の写真って普通に撮ってもそれなりにサマになるもんだ。元がキレイだから、私みたいなヘタクソでもピントさえ外さなきゃ期待を裏切ることはない。

Posted at 22:59 in camera

Oct 08, 2005

PENTAX *ist DS

PENTAX *ist DS レンズキット

あぁ、やっちまった(爆)。娘の練習に付き合って、ちょっとした待ち時間に寄ったキタムラで見つけてしまったのだ。PENTAX *ist DS レンズキット、展示品現品限りで59,800円(税込)!

あまりに安いので店員さんに確認。「これ、ホントにレンズ付き?」にっこり笑ってうなずいた顔を見た瞬間、「ちょっと待ってて!」と言い残して娘を迎えに行きダッシュで家へ駆け戻った。

それから嫁さんの尻を叩いて、死蔵していたCONTAXのボディとレンズを押入れから発掘(笑)。紙袋に突っ込んでキタムラに舞い戻り、下取りしてもらってめでたく*ist DSを受け取ったのだった。(もちろん追い金は払った^^;)

お金が出来たら後継のDS2を買うつもりでいたのだが、別にDSでもいいや。基本スペックは変わらないし、液晶サイズは気にならないしな。

これで、交換レンズ欲しい病は確実に発症すると思う(自爆)。バレーボールのVリーグ観戦用に明るい望遠(最低でも200mm F2.8)が絶対いるし、室内用の明るい標準レンズ(FA35mm F2AL)も欲しい。あとマクロ(DFA50mm F2.8 MACRO)もあればいいな♪

名前は知らない洋蘭(笑)

で、とりあえず撮った画像。実家の母親が手塩にかけて育てた洋蘭だ。レンズは付属のDA18-55mm F3.5-5.6 AL。ISO800に設定しているのだが、Caplio GXと比較にならない位ノイズが目立たない!やはりモノが違う。

Posted at 21:51 in camera

Oct 05, 2005

バイアンプへの道程

今日は仕事で博多駅近辺に出向いたので、昼飯時にヨドバシへ寄った。バイアンプの接続を実現する為の変換コネクタを探したのだ。

2FのDJ機器が置いてあるエリアを捜索したが、XLRの分配ケーブルは見当たらない。念のためオーディオケーブル売り場も覗いたが、そんなマニアな部品なんか取り扱っている雰囲気じゃなかった。(^_^;)

手ぶらで撤収するのも何なので、ツィーター用のSPケーブルを調達。ベルデンの安いヤツ(600円弱/m)。オレンジと黒のケーブルがツイストしていて、南国の毒ヘビみたい(笑)。触り心地が実にいいのだ♪<意味なし(^_^;)

店員さんに6m分切ってもらってレジに向かおうとした時、私の脳裏に悪魔の囁きが聞こえた。

「T1953にはフォンの口もあるじゃないか!」

私は店員を呼び止め、DJブースへ。そして手にしっかりとフォン(オス×2)-ピン(オス×2)の変換ケーブルを掴んでレジの机の上に置いたのだった。

仕事を早めに切り上げ、早々に帰宅。嫁さんは送別会に出掛けて今日は帰って来ない。ガキ共と夕飯を済ませて、いそいそと接続作業を開始。

SPケーブルの皮を剥く。S-LH5aのジャンパを外してツィータ側の端子にケーブルを繋ぐ。607Xをラックに積み込んで、SP端子にもう片方をねじ込む。そして、買って来た変換ケーブルのピンジャックをとりあえずCD端子に入れて、フォンジャックの方はT1953のプリアウトへぶち込んだ。

これでいいはず(多分、きっと・・・^^;)。

恐る恐る電源を入れてみる。CDPをプチッ。DACをポチッ。T1953をパチッ。そして、607XのPOWERスイッチを押す。。。別に異状はない。。。EP2500の電源ON!

よし、煙は出ないぞ~♪(^o^)

どれ、音を出してみるか。まずは607Xのボリュームを目一杯絞って、CDPのPLAYボタンを押してみた。

なんか聴こえる。ウーハーだけ鳴ってる。だけどものすごく不明瞭な音。バイアンプにすると、ホントに低い部分しか出ない様になるんだな。。。と実感できた(笑)。

さて問題のツィーター部。607Xのボリュームを少しずつ上げてみる。

ちゃんと鳴っている!よかった、安易に実行したT1953のプリアウト2系統同時差しは成功だったようだ。(注:このやり方が正しいのかどうか、私は保証しません。)

さて、ここから音の調整である。ウーハー、ツィータそれぞれに繋いだアンプのボリュームで音量のバランスをとる。トーンコントロールを使った調整に似ている。

とりあえず、えいやっ!と位置決めはやった。だが、ちゃんと調整するには小音量でしか鳴らせない深夜の我が家では無理のようだ。

現在の鳴りっぷりは、かな~りJ-POP仕様(爆)。ちょっとラウドネスをかけた感じかな。簡単に音のバランスを変えられるのでおもしろい。逆にちゃんとした耳を持っていないと間違った音で鳴らしてしまいそうで怖いかもしれない。(^_^;)

今週末のお楽しみだな。ということで、たぶん続く・・・

Posted at 00:37 in audio

Oct 02, 2005

バイアンプ

S-LH5aをバイアンプ駆動してみようと画策してみる。

プリ(T1953)の出力を2系統にし、ホーンツィーター用とウーハー用に別々のパワーアンプを繋ぐ。ツィーターにはとりあえず余っているサンスイのAU-D607X DECADEをまわして、ウーハーはEP2500を使う予定だ。

プリアウトを2系統出すための変換コネクタをサウンドハウスで物色。で、はたと気付いた・・・

T1953って、バランス出力だったんだ。XLR用の分配アダプタなんてあるんかい?(汗)

そんなモノはいくら探しても見つからない。(^_^;)

フォン(オス1)-ピン(メス2)のアダプタはあった。T1953にはフォン出力もついているのでこれを使うか。。。いや、まてよ。XLRとフォンの口両方に差したらどっちも音が出るのなら、わざわざ分配コネクタなんか買わなくても済むんじゃないのか?

なんかいけそうな気がするなぁ。フォン(オス1)-ピン(メス1)の変換アダプタにしとこうかな。。。

悩んだ挙句、まだ注文していない。(^_^;)

Posted at 23:56 in audio

続、DAC-AH

届いた日からずっと通電しっ放しにいているDAC-AH。土日でちょっと真剣に聴いてみた。

やはりPD-HS7よりは一枚落ちるようだ。最初のバランスの悪さ(低音がやたら強い)は落ち着いたように感じるが、音が詰まり気味で抜けが悪いのは変わらない。

ノーマルのままだとこんなもんか。改造してなんぼの素材なんだから、手を入れてみてどこまで変わるか試してみるか。。。

しかし、改造の処方箋はネットで探せるのだが、電気回路の知識がまったくない私にはハードルが高い。(;^_^A

Posted at 23:38 in audio

Sep 29, 2005

DAC-AH

もうひとつ、頼んでいたおもちゃが香港から届いた。一年ほど前に一部で話題になってたDAC-AH。買おう買おうと思いつつ海外通販に尻込みしてしばらく忘れていたのだが、DIYCLUBでまだ売っているのを発見して思わず注文してしまった。(^_^;)

DAC-AH

ノンオーバーサンプリングで8パラ。音が太く元気の良いロック向きのDACという触れこみだったのだが、実際のところはどうなのだろう?ウチのCDP、パイオニアのPD-HS7もロック系は得意なので、どっちが私好みか興味深々(笑)。

とりあえず繋いですぐの感想。ちなみにCDP-DAC間は手持ちの安物光ケーブルで接続した。

低音がすごく出る。力強い音だ。だけど低域以外はなんか詰まった感じでバランスが悪い。はっきり言って現状だとPD-HS7の内蔵DACの方が全然良い。

エージングすると変わるだろうから、しばらく様子を見ることにする。まあダメでも改造すりゃいいから、しばらく遊べるだろう(笑)。

Posted at 23:13 in audio

Sep 27, 2005

GE 5751

三ヶ月振りのオーディオネタ(笑)。T1953用の真空管を手に入れたのだ。

GE 5751

まずは、GE 5751 JAN NOS。ネット上で調べると12AX7系で評価が高いので、いかほどのモノか非常に興味があって購入した。

グリーンの印刷がオシャレだ。早速付け替えてみたが、ちょっと聴いたレベルでは今のEiと決定的な差はないように感じた。

強いて挙げれば、ちょこっとエロい音になったか?最近お気に入りのFAKiEを聴くと、Keikoさんの声がなんとなく肉声っぽい。キラキラ度が更に増した感じかな?

Groove Tubes  12AX7M

もうひとつ、GROOVE TUBES12AX7Mってヤツ。これはムラード12AX7をそっくり再現したものらしい。ムラードといえば非常に高価なビンテージ球なので、オリジナルなんか手に入るはずもなく復刻バージョンに期待したのだ。(それでも結構高かった^^;)

こちらは正直GE5751との違いがわからなかった。(自爆)そのうち休みの日にでも爆音で聴き比べてみよう。

まあこれで、また一歩女性ボーカルがエロく聴こえる音に近づいたワケで、どんどんあやしい方向へ迷い込んでいる気がしないでもない。(^_^;)

Posted at 22:39 in audio

Sep 25, 2005

ヘンな写真(^_^;)

久し振りのお散歩シリーズ。今回は夕暮れ近くだったので、光の加減が難しかった。

大きな木

川っぷちに生えている大きな木。思い切り近くから撮ってみたが、なんかふつーの写真だ。(;^_^A)

ワイドレンズらしくないよな~

逆光(爆)

必殺?の真っ黒画像(爆)。もっと明るくしたかったのだが、撮った写真は全滅だった。。。

・・・ので、ちょっと細工(笑)。ガンマ値を明るい方に振ってみた。私は明るさの調整をする時はガンマ値をよく弄るのだが、これで正しいのかどうかは知らない。(^_^;)

枯れてる彼岸花

この季節のお約束、彼岸花だ。ずいぶんとキレイな被写体を探したのだが、枯れた花が多くてこの程度の作品となってしまった。(^_^;)

カモ?

おまけ。ウチのすぐ近くの小川にいたカモ(だと思う^^;)。一生懸命水の中に顔を突っ込んでエサを探していたので、顔を上げた瞬間を撮るのに苦労した。5枚くらい失敗したかな?

ちょっとブレているのが悲しい・・・(T-T)

Posted at 21:47 in camera

Sep 24, 2005

無断借用(汗)

嫁さんと娘が広島へ旅行に行ってきた。私のCaplio GXで撮った写真をいくつか勝手にアップしてみる(笑)

厳島神社

有名な厳島神社だ。モデルは娘なのだが、小さ過ぎてよくわからん。(^_^;)

宮島のシカ

宮島にいっぱいいるシカである。一番まともに撮れているヤツをトリミングした。

原爆ドーム

これは原爆ドーム。

Posted at 22:29 in camera

Sep 21, 2005

記事進行週間(爆)

昨日、何を血迷ったか妙な写真をアップしちまったので、早いとこ過去ログに追い出すべくネタもないのに書く!(爆)

でも、ホントに書くことないや。。。(^_^;)

苦し紛れで、民主党の新代表、前原誠司さんの就任をお祝いして一言。

まあ憲法改正はいいとして、「労組と一線を画す」ってのは民主党の存在意義そのものと矛盾する方向に私は思えるのだが、いかがだろう?

自民党はごちゃ混ぜではっきりしないが、どちらかと言うと財界寄りの政党だ。経営者(自営含む)の利益代表みたいな位置にあると私は思っている。

となれば、自民党の対抗勢力となる政党が寄るべき支持基盤は労働者(サラリーマン)であるべきであろう。有権者の多数を占めるサラリーマンの利益を一体誰がこれから守っていくのか?

自民と同じ土俵に立って、一体何をするつもりなの?前原さん・・・(^_^;)

民主党って、とことん混迷してるわな。(ため息)

Posted at 00:05 in diary

Sep 18, 2005

市長杯

今日はソフトバレーの試合。嫁さんがデジカメの練習に来たので、画像をUPしてみようと思う。

試合風景1

当初から懸念していたのだが、PowerShot S2 ISだと室内スポーツは厳しい。ISO400、絞りF3.5だとシャッタースピードは1/20ほどにしかならなかったそうだ。見事にブレまくりの作品ばかりで、ほとんど使えない。(^_^;)

あっ、ちなみに背番号17番が私だ(笑)。

試合風景2

載せようか迷ったが、とりあえずちゃんとプレーしてるゾ!という証拠写真(爆)。これは無理矢理シャッタースピードを上げて(1/100)撮ったそうだ。元は暗いので、思いっ切り明るく修正している。すっげー汚い(;^_^A)

Posted at 22:26 in sports

Sep 16, 2005

FAKiE 再び

FAKiE

先日紹介したFAKiEの「Timeless」がとても気に入ったので、別のアルバムも入手してみた。

2000年に発売されたFirstミニアルバム「FAKiE」。全曲ライブでの一発撮りらしい。

とにかく良いよ、この人達。インディーズからの発売なので、まだあまり世間に知られてないけれど、すごくステキな音楽やってる。買うなら「Timeless」の方がお奨め。曲も録音もいい。

個人的に、今年聴いたアルバムの中でもトップ3に入るね、マジで。

Posted at 23:17 in music

Sep 14, 2005

12倍ズームの威力

仕事中なのだが、ちょっと息抜きのつもりで日曜日に撮ったCanon PowerShot S2 ISの写真をアップしてみる。

娘が通っているスポーツクラブから道を挟んだところにある某県立高校でやっていた体育祭を試し撮りしたものだ。

一枚目はワイド側(35ミリ換算で36mm)で撮った。特にコメントすることはない。<単なる記録だわ(^_^;)

で、こっちがテレ側(35ミリ換算で432mm)。一枚目の右奥に見える応援席を切り取ってみたものだ。

すげーっ!これだけ撮れたら私は充分だわ。屋外撮影ならCaplio GXS2ISの2台体制で強力なコンビになれると思う。

ただ、室内(体育館)はやはり厳しい。。。

お口直し(笑)の意味も込めた、室内での作例。これもテレ側いっぱい(F3.5)で撮っている。ISO400だとかなりノイズが乗っている。

増感してシャッタースピードを稼ぎたいんだけど、コンデジのCCDは実用的じゃないと思う。やはり、デジ一眼を買うしかないのかな?(悪魔の囁き)

Posted at 21:58 in camera

Sep 12, 2005

歴史的大勝利に寄せる駄文(笑)

8時から一斉に始まった衆議院選の開票予想を見て、我が目を疑った。自民の圧勝も圧勝、なんと300議席を超える大勝利のオンパレードだった。

勝つだろうとは思っていたが、これだけ差がつくとは・・・想定外だ(爆)。

個人的に注目していた広島6区は、各マスコミの出口調査では接戦との事。堀江さんには善戦して欲しいと密かに願ってはいたのだが、現実的にはいきなり他所からやってきた32才の若造(しかも無所属!)が勝負になるほど甘くはないだろうと思っていたので、正直TVの前でのけぞってしまった(笑)。

もう1か所ビックリしたのが、ご近所の福岡1区。ここは民主党の松本龍さんというやたら強い人がいる選挙区で、今回も安泰かと思っていたら、なんと自民の新人、遠藤宣彦さんが横一線で競っている!

悪いけど、遠藤さんって私は全然知らない。元々東京で国政選挙にチャレンジしてた人でしょ?今回ポンッと落下傘候補でやって来て、ちょこっと選挙運動やっただけじゃない。それが、あの地場有力ゼネコン松本組の経営者であり、部落解放同盟中央副委員長でもある、利権にも人権にも力を持っている松本龍さんと互角に戦うなんて・・・、これが驚かずにいられますかって!!

結局、堀江さんも遠藤さんも負けちゃったけど(遠藤さんは比例で復活当選)、今回の選挙はサプライズばかりのある意味恐ろしい結果が出たように思う。

国政選挙は人に投票していない。その人が所属する政党に一票を投じている。

政党選挙なんだな・・・と改めて実感した。実は2003年の民主党躍進の時もそうだったんだろうけれど、今回は自民の一人勝ちという逆の結果が出て、民主は解散時勢力の1/3を失うというド派手な負けっぷり(爆)で、「二大政党?相手がいないじゃん!」と先行きを不安にさせるような失態を演じてくれちゃったので、逆にはっきりと今の世の中(小選挙区制という選挙制度)が、人じゃなく政党を選ぶシステムなんだと気付かせてくれた気がするのだ。

ま、私としては民主党はこれを良い機会に解党していただいて、自民党と張り合える新しい政策集団に生まれ変わっていただけたらと心から願うものなのである(笑)。

あと気になったのが、北海道比例区で当選しちゃった新党大地の鈴木宗男さんと、大阪10区で競り負けたが比例で復活当選しちゃった社民党の辻本清美さん。近畿比例区では19区で落ちた松浪健四郎さんも復活してるし、茨城7区は中村喜四郎さんが無所属出馬で堂々当選してるんだよな・・・(^_^;)

まあ地元の人達にも色んな思いや事情はあるんだろう。鈴木さんや中村さんを支持した人は、きっと彼らと心中する覚悟なんだろうから、その気持ちは尊重しなければとは思う。

だけど、辻本さんとか松浪さんはどうなんだろう?小選挙区で国民はダメっ!て審判を下したのに、政党の戦略で比例復活なんかされたら「ふざけんじゃねーよ!!」という気分にならないか?

社民党と自民党は猛反省すべし!だと思う。政治倫理に対する世間の目は昔と違うんだから・・・

最後に近畿比例区の話題をもうひとつ。民主の西村真悟さん、復活当選よかったよかった♪(^_^;)

この人は落としちゃいかんよ、ホントに・・・(笑)

Posted at 02:40 in social

Sep 11, 2005

Canon PowerShot S2 IS

こんなモノが今手元にある。光学12ズーム手ブレ補正機能搭載のCanon PowerShot S2 ISだ。

ちなみに嫁さんの所有物(彼女がお金を出した)である。今日、二人で天神にあるカメラのキタムラへ行って買ったのだ。彼女の現在の生き甲斐ともいえるバレーボール男子の加藤陽一選手を激写するための新たな武器なのだ。(^_^;)

私は「絶対デジタル一眼の方がいい!」とアピールをして、この機会にPentaxの*ist DSを買わせようと画策してみたが、「重いし、かさばるし、面倒臭い!」からとあっさり却下されてしまった。(T-T)

ずんぐりして結構重い(電池を入れると600g近く)が、大きい分持ちやすく構えやすい。ちゃんと撮影するんなら、この方が使いやすそうである。嫁さんも実機を触ってみて気に入ったらしい。

実はまだほとんど触っていないのだ。そのうち借りて色々と遊んでみようと思っている。

Posted at 02:08 in camera

Sep 10, 2005

ホワイトバンド

ホワイトバンドなるモノを知っていますか?

「3秒に1人、子どもが貧困から死んでいます。食べ物がない、水が汚い、そんなことで。この状況を変えるには、お金ではなく、あなたの声が必要です。貧困をなくそう、という声を表すホワイトバンドを身につけてください。」
http://hottokenai.jp/

アフリカ諸国(貧困国はアフリカだけではないだろうが重要視しているようだ)の貧困問題を解決したいと考える私達に賛同してくれる人は、白い輪っかを腕に巻いて意思表示してくれ!ちなみにオフィシャルアイテムは300円で売ってるからよろしく♪

とまあそんなコトを言っているようだ。TVでCMとかもやっていたらしいのだが、あまりTVを見ない私は今の今まで知らなかった。(^_^;)

この輪っかが人気らしく100万個だか200万個だか既に売れているらしい。赤い羽根募金みたいなもんかな?と最初に思ったのだが、実はこのホワイトバンドの収益金は募金として貧しいアフリカの子供達の為に使われるのではなく、日本のNPOが世界の貧困をなくすための活動費に使われるそうだ。

仮に100万個売れていたとすれば、仕掛け人であるNPOへのお布施?は一億近くになる。そりゃちょっと儲けすぎじゃないの?と今問題になっているらしい。
「ホワイトバンドの問題点」

ホワイトバンドのサイトを読んでみた。彼らがやろうとしていること、貧困をなくすには今の社会の構造から変えないとダメだということ。国を動かさなきゃダメだということ。政治に関与しなきゃダメだということ。

彼らはこれから政治活動をガンガンやると宣言している。この戦略は正しいと私は思う。

活動資金をどう調達しようが合法であれば問題ない。そういう観点からだと、今回のグッズ商法は実にうまいやり方だったと褒めてやってもいいくらいだ。しょーもない輪っかを100万個も売りさばいた手腕は大したものである。

だけど私はホワイトバンドなんて買わない(笑)。悪いが私はNPOと聞いただけでうさん臭く感じてしまうからだ。信用ならない相手の言うことは、警戒してうかつに手を出そうという気にはならない。

上で紹介したアンチサイトの記事を読んで、ますます懐疑的になった(爆)。なぜ中国で生産するの?アフリカ救済なら、アフリカで作ってお金落としてあげた方が絶対いいじゃない!

おそらく日本だと、NPOに対するイメージは私と同意見の人が多いのではないだろうか?まだまだ社会的に認知されていないのが現状だと思う。

100万個は売れ過ぎだったのかもしれない。戦略が当り過ぎて分不相応の金を集めてしまった結果、「出る杭は叩かれた。」というオチになったのかな?(^_^;)

Posted at 03:27 in social

Sep 09, 2005

堀江語録

お騒がせのライブドア堀江さん。選挙活動中もなかなかおいしい発言をなさっているようで頼もしい限りである(笑)

「憲法が天皇象徴宣言から始まるのには違和感」「大統領制にした方がいい」

象徴天皇の存在に関しては、私もさほど重要だと思っていない。もし仮に日本国の未来を託せるリーダーが現れれば、大統領制への移行も悪くはないだろう。

まあだけど、天皇制を廃止せずに強大な権力を持った施政者(征夷大将軍みたいな)を創立するのが気持ち的にはいいかもしれない。

この件については、私は堀江さんの意見に近いな。

Posted at 00:20 in social

Sep 04, 2005

終盤戦

世間はもう9月。今年も忘れずやってくる台風なのである。(^_^;)

今回の14号、どうもかなり大型で強力みたいだ。進路予想では明日の夜から明後日あたりに福岡へ接近しそうな感じである。

仕事に影響が出なければよいのだが・・・

さて、衆議院選も残すところあと一週間。終盤戦に突入である。

マスコミ報道によると、現時点では小泉自民党強し!といった情勢らしい。まあ、自民が強いんじゃなく岡田民主党が不甲斐ないダケじゃないかと私には思えるが(笑)。

「政権を獲れなければ退陣する!」と明言していた岡田さん。どうやらクビになるのはほぼ確実だと私は思っている。岡田さんだけじゃなく民主党自体も分裂解体してしまう可能性が高まったか?

民主が分裂、右派の一部がミニ新党(国民新党・新党日本)に合流して一大勢力を形成。そして、次の選挙で自民党も割れ政界再編が起こる。

そんな話がちらほらネット上で聞こえる。実は次の選挙も近いのかもしれない。

Posted at 23:26 in social

Aug 27, 2005

おもしろいんだけど・・・

不謹慎かもしれないが、今回の衆議院選はおもしろいと思う。プロレス興行みたいだ・・・(^_^;)

これだけ話題性があれば、投票率も上がるだろう。個人的には広島6区でライブドアの堀江さんが出馬したことに大いなる意義を感じる。私は彼を支持するつもりは毛頭ないが、彼の話には耳を傾けるだけの内容があると思っている。知名度だけのタレント候補なんかとは雲泥の差だ。

若い世代には彼に共感する人もいるだろう(拒絶する人も多そうだが^^;)。そういう層が政治に関心を持ち選挙に行くとなったら素晴らしい啓蒙活動だといえるワケだ。

さて、いくら注目したところで私の選挙区じゃないから意味がない。我が福岡2区を見回すと、数ヶ月前にあった補選と同じメンツが再びあいまみえることになりそうである。

数日前に自民の山崎拓後援会から手紙が届いた。中身を読んでみると「郵政民営化!郵政民営化!郵政民営化!」と、もうそれしか書いてない。。。(-_-;)

「郵政民営化(小泉案)に賛成か反対か!?」って踏み絵みたいなことやらせるの?

それだけなら私は踏めないんだけどな・・・(^_^;)

社会保障とか東アジア外交とかさ、もうちょっと選択肢が欲しい。というか、自民の選挙戦略って単純でわかりやすいのかもしれないけど、郵政民営化の国民投票じゃないんだからさ、ちょっと違和感感じるよな~

そもそも山崎拓さんは一度スキャンダルで沈んだ人なんだよね。そのマイナスイメージを覆い隠せるほどの魅力を私は感じていないし、出来れば自民に別の候補者を立ててもらいたいと思っているんだけど・・・

でもって、対抗馬の民主を見てみると・・・今年春の補選に引き続き平田正源さんなんだよね。正直この人はよくわからない。福岡出身なのだが元々は韓国籍で3年前までアメリカに住んでて、去年国政選挙に出る為に帰化したっていう経歴の持ち主。若い(37才)し実績ないのはしかたないにしても、悪いけど日本に戻って3年で日本に帰化して1年しか経たない人を信じろと言われても無理があると思うのだ、私は・・・

今の民主党は私は支持しないし、平田さん個人を推す気持ちもかなり薄い。

どうも入れたい人がいないんだな。補選の時は結局投票にいかなかったし。(^_^;)

Posted at 00:43 in social

Aug 25, 2005

ブレーキスイッチ

マイナートラブルの報告。というか備忘メモ。

コンソールにTC(トラクション・コントロール)とHDC(ヒル・ディセント・コントロール)の警告灯が点くようになった(2箇所同時)。

この症状自体はかなり前から発生していたのだが、最初は走行中ブレーキを踏んだ時(思い切りではなく緩めに)、たまに点いてしばらくすると消えるという感じだったのだ。

それが昨日になって警告灯がほぼ点灯しっぱなし状態になってしまった。どうも病魔が進行しているらしい。。。(^_^;)

すぐに駐車場からディーラーへ電話。メカニックの人に症状を話すと、ブレーキスイッチとかいう部品がおかしいかもしれないと言う。

私:「このまま乗ってて大丈夫?」

メ:「おそらく大丈夫ですよ。ただひとつだけ注意してもらいたいのは、その状態だとストップランプが点きっぱなしになっている可能性があります。」

私はエンジンをかけっぱなしで車を降り、リアへ回ってみた。

ガーン!赤いランプが見事に3つ灯っている~~~~!!(T-T)

オレはこの状態で街中の渋滞を走っていたのか・・・気づいていないという事は恐ろしい。

運の良いことに交換部品がちょうどディーラーに入庫される予定だったので、早速修理の予約を入れて今日持ち込んで来た。

交換作業はものの10分程度で無事に完治した。

このブレーキスイッチという部品、どうもブレーキを踏んでいるかどうかを感知するものらしい。これがイカれた(ずっと踏んでいる状態になった)ので、他のセンサー(TCとHDC)が影響を受けて異常判定を出したという事のようだ。

う~ん、トラブルが続く。。。

Posted at 22:32 in freelander

Aug 24, 2005

歯科衛生士さん

たぶん3年振りに歯医者へ通っている。

奥歯に穴が開いたのでその治療なのだが、なにげに歯科衛生士さんと接するのがうれしい♪(^o^)/

今日は「それじゃ、上の歯の歯垢を取りますね~」とやさしく声をかけられて、もうされるがままの至福のひと時♪♪

真剣に作業をしているのだろう。いつしか私の頭に身体を押し付けているのだ。その柔らかい感触がイイッ!(^o^)




歯医者さんで、歯科衛生士さんの指名制度があればいいのに・・・


私は一回1,000円払ってもいいぞ!!(おいおい^^;)

Posted at 00:21 in diary

Aug 20, 2005

BENNIE K

Dreamland

久し振りの音楽ネタ。ここんとこココで書きたいと思うCDがなかったのだが、やっと情熱の炎を燃え立たせる作品に巡り会えた!(大ゲサな^^;)今年コカ・コーラのCMでバンバン流れているBENNIE Kって女性二人組のユニットの「Dreamland」って曲だ。

今まではCMでサビの部分しか聴いていなかったのだが、つい最近ラジオで一曲丸ごと耳にして一発で気に入ったのだ。これはカッコイイ!四十路のおじさんには似合わないだろうが(^_^;)、イイもんはイイのだ!!

Posted at 19:26 in music

Aug 12, 2005

マンガ中国入門 やっかいな隣人研究

マンガ中国入門 やっかいな隣人研究

「嫌韓流」に続き、今度は中国本を入手。東シナ海領海付近でのガス田採掘を強行したかと思えば、沖縄(琉球)は中国の領土だなどと言いがかりをつけて来る不愉快な国についての簡単な紹介本だ。

ざっと一通り目を通してみたが、ちょっと安っぽい感じが残念である。ジョージ秋山さんの画がやっつけ仕事っぽく雑な仕上がりで×。文章も推敲しなかったの?と思いたくなる位読みにくい。これでは他人に薦められないな。。。

しかし、日本にとって中国は危険な国だと思う。韓国よりも、北朝鮮よりも中国は危ない。仲良くしなきゃなんて甘い考えは捨てた方が良い。

弱腰な対中外交は日本の為にならない。

Posted at 23:18 in social

Aug 09, 2005

ウソみたいなホント

正直ココに書くネタがない。

オーディオは部屋が暑い(冷房設備がない^^;)のでまったく聴いていない。デジカメも嫁さんに貸したきり電源すら入れていない。

唯一関心を持って見守っているのが解散総選挙の動向なのだ(笑)

摩訶不思議なのが、解散直後の小泉支持率の高さ!日テレの電話調査で、解散総選挙に踏み切った姿勢に対して63.3%が支持。政権続投を54%が支持しているそうだ。

一方で郵政民営化法案については否定的なムードが強い。

総選挙最大の争点についてはNO!という雰囲気なのに、つじつまが合わない小泉人気なんだよな。。。

小泉支持層は知的レベルが低いなんて話があったけど、あながちデタラメな話じゃないのかも?(^_^;)

しか~し、今回も投票したい候補者がいない(涙)。

Posted at 23:05 in social

Aug 06, 2005

酷いことをする・・・

まあ書かなくてもいいことなのだが。。。

今日TBSでやっていた「ヒロシマ」って原爆の特番。番組の終わりの方で、アメリカの原爆開発メンバーだったという老科学者と原爆被害に遭われた方2名との対談をやっていた。

謝罪の言葉を求める被害者の問いに対して、老科学者は応えた。

謝罪はしない。

「戦争で罪のない人などいない。みんな戦争に加担していたのだ。」

リメンバー・パールハーバー

見ていて実にやりきれなかった。

一体誰がこんな対談を企画したんだ!?会わせたら「謝罪!謝罪!」と迫ること位予想出来ただろうに!立場上謝るはずはないこともわかっていただろうに!!

それをわざわざ直に言わせる(聞かせる)こたぁなかったんじゃないの?

謝るわけがないんだよ。謝る必要もないんだよ。謝罪に固執しちゃいけないと私は思う。

Posted at 00:08 in social

Aug 01, 2005

徒然なるままに

いつもの日曜日。

午前中はソフトバレーの練習。始めてちょうど一年が過ぎた。上手くなっているのかどうか?自己評価すると微妙なところだ。(^_^;)

やっていて楽しい。それだけで充分なのかもしれない。

練習が終わってから、二泊三日の合宿(新体操)に行っていた娘を迎えにいって帰宅。遅い昼飯を食べながら水泳の世界選手権を観て、ちょっと昼寝(笑)

夜はサッカーの日本vs北朝鮮戦。気が付くとスポーツ中継ばかり見ている。(^_^;)

しかし、韓国の観戦マナーは相変わらず見ていて気持ちのいいものではないな。

Posted at 00:08 in music

Jul 29, 2005

松浦亜弥コンサートツアー2005春

仕事から帰ってTVのチャンネル回していたら、CATV(フジテレビ721)で松浦亜弥のコンサートを放映していた。

もちろん観た!嫁さんが露骨にイヤな顔しようが無視無視!!(爆)

やっぱりあややはカワイイ♪元気いっぱいのステージングは見ていて微笑ましく、つい画面に向かって手を振りたくなる(実際はやらないケド^^;)。

観客席もあややのパワーに呼応して盛り上がっていた。曲に合わせて飛び跳ね、大声出しまくり!

う~ん、なかなかいい雰囲気だわ。

感心しながら見ていたら嫁さんが一言。



「あんたは絶対あの場に居れないよね。跳んだり跳ねたりで2時間はもたないもん。」

「おやじはTVの前がお似合いよ!(きっぱり)」



・・・、言い返せない~(ToT)

Posted at 23:46 in music

マンガ嫌韓流

マンガ嫌韓流

日頃良く読むブログのいくつかで話題になっていた本、「マンガ嫌韓流」を手に入れた。実は26日の発売日にアマゾンで予約していたのだが、出荷延期とのメールが届いたのだ。待つのもバカバカしいので、近所の本屋を捜索して2軒目でゲット(笑)。一般書の新刊コーナーに置けばいいのに、なぜかコミックの新刊コーナーに2冊積んであった。おかげで見つけるのに苦労した。ココの本屋の店員は本の内容を知らないんだな・・・(^_^;)

朝鮮(人)ってちょっとおかしいんじゃないの?って話をストレートにわかりやすく書いた本だ。この程度の内容で問題作というレッテルを貼ってしまう日本って国は、やっぱりヘンだよな。

フツーに出版して、フツーに読めて、フツーに話題にならなきゃいけないと思うよ、私は。

いわゆる「韓流」ムーブメントって最近の流れに違和感を持つ人(私もそう)には、至極当たり前の意見なのだ、この本は。韓流って表立ったアンチ派の意見が異常に少ない。おかしいんだよ。否定的な意見をいっちゃいけないっていう暗黙の精神的な圧力があるんだよな。なんでもっと反論しないんだ?日本のマスコミはさ!

というワケで、作者さんと出版社を応援する意味も込めて自腹で購入(笑)。

Posted at 03:40 in diary

Jul 28, 2005

呑んだ・・・

請負先の方々に誘われて呑みにいった。

一次会は魚料理。イカにシマアジ、鯛のアラ煮とアラカブの塩焼き。お酒は芋焼酎(カメ入りの高~いヤツ)。

おいしくいただきました。m(__)m

その後、お客さんと別れ社長と二人でやっぱり中洲へ繰り出した(笑)。客引きのおにーさんの案内で、初めてのお店へ。

店内が全面ガラス貼りで、なんだか落ち着かない。でも隣りにおねーちゃんが付けばノープロブレム♪社長には日本人の女の子、私の隣はルーマニア人の娘が付いた。

ルーマニア人って日本に結構出稼ぎに来てるんだな。かな~り美形であった。(^o^)

なんだかんだお話して70分。途中踊り子さんへチップを渡し、女の子に携帯番号を奪取され(^_^;)、笑顔で退室。

この時点で午前0時。「ど~しようか?」と悩みつつ、ちょっと物足りなかったのでもう一軒(爆)。やっぱり女の子がいる店で楽しく談笑。

そして時計の針は午前2時。ここで帰ればいいのに、お店の女の子を外に連れ出し居酒屋で4次会。(;^_^A)

やはり今夜も午前3時まで中洲に居座ってしまった。。。

はっきり言ってめちゃめちゃ眠い。明日仕事出来るだろうか心配・・・

Posted at 04:17 in diary

Jul 25, 2005

SATOMI

love shouts

ツール・ド・フランスも終わり、ネット生活も平常に戻った(笑)。復帰第一弾は、懲りずにマイナーなアルバム紹介だ。(^_^;)

実は今月ずっとFMで流れていた「ある曲」が気になっていた。歌っているのは日本人だという話だが、歌詞は英語だしなんだか妙に落ち着いた雰囲気の曲で、ちっともJ-POPらしくない。

そのうちネットで調べよう調べようと思いながらほったらかしにしていて、やっとこさSATOMIって人の「Love to Stay」って曲だと判明したのだ。(^_^;)

調べてみると、SATOMIって人は山口県在住の現役女子高生(現在高2)なんだそうだ。

詳しい事は公式HPでも読んで欲しい。ここらへんにある。

なぜか日本国内より先にイギリスでシングルリリースするんだとか。というワケで現在「Love to stay」はネットからダウンロード購入するしか手がないみたいだ。

ちなみに、私はココで買った。

ついでに九州地区限定発売とかいうMAXIシングルも手に入れた。写真の「love shouts」ってヤツだ。地方限定ったってAMAZONで買えるから意味はないと思うが(笑)

MAXIシングルの方は、正直に書くと良いとは思わなかった。歌の上手さは充分伝わってくるのだが、楽曲がいい加減食傷気味のR&B風味だから、脳みそが拒否反応を起こしてしまうのだ(爆)。こんな曲は誰が歌っても同じにしか聴こえない。。。(-_-;)

「Love to stay」は、その点実に新鮮で耳に心地良いのだ。「love shouts」と同じ人が歌ってるのか?と疑いたくなるくらい曲の感じが違う。せつない想いをよくもまあ見事に表現出来るものだ。とても16歳が歌っているとは思えない。

SATOMIはかなりの実力者とみた。彼女は純粋な歌い手さんみたい(曲は書いていない)なので、是非とも優秀なプロデューサーの手で才能を開花させて欲しいと思う。

ちなみに「Love to stay」は、あのSPEEDの仕掛人、伊秩弘将の作品なんだそうだ。なんとなく、目の付けどころが良さげに思えるな。。。

Posted at 23:58 in music

Jul 21, 2005

無事に退院

午前中にディーラーからフリランの修理が完了したとの連絡が入った。最初のチェックではカムセンサーの異常が出ていたらしく、部品を交換してみたが直らず。結局は燃料ポンプがおかしいのが判明して、それも交換して完治したそうだ(もちろん無償)。

代車はオペルのアストラだった。軽くてキビキビと動く。5日振りに帰ってきたフリランに乗り換えてみると重いしニブい!(^_^;)街乗りだったらやはりアストラ級の車が乗り易いな。。。

平均速度が10km/h以上違う位、乗り方が変わってしまう。フリランだと飛ばす気にならない。

Posted at 01:27 in freelander

Jul 16, 2005

自走不能

帰宅時、渋滞真っ盛りの博多駅近くのとある交差点にて。

信号待ちで停車していると、前触れなくエンジンストール。あれっと思いイグニッションキーを捻るが始動しない。。。点火はしているような感じだったが、一瞬で止まってしまう。

正直かなり焦った。バッテリー切れじゃない。セルモーターは普通に回っている。エアコンを切って、ラジオも切って、レーダー探知機まで切ってひたすらセルを回す。一旦切る。そしてまた回す。

目覚めてくれないまま、信号が青になった。。。

当然後ろからはクラクションの嵐!(ToT)

少し悪あがきをしてみたもののエンジンは生き返らず、私はハザードをつけた。

塞いでしまったのは片側3車線の道路の真ん中。自力ではどうしようもないのでディーラーに電話を入れ救助を頼んだ。それから待つこと約30分、実に長かった。(^_^;)

しばらく気が動転して何も出来なかった。初めはただ車の中でじっと迎えが来るのを待っていたら、親切なおばちゃんが声をかけて来て「車押そうか?」と言ってくれた。でも一人で押せる重量じゃない。すると後続の車の交通整理を始めてくれた。

そうだ、他人様にスゴイ迷惑をかけているのだから、少しでも渋滞を緩和する行動を私はとらなきゃいけなかったんだ。。。

すぐにおばちゃんと代わって後続の車を誘導しながら頭を下げていたら、今度は信号待ちで止まった原付に乗っていたおにいさんが「押しましょうか?」と声をかけてくれた。

一人じゃ無理だから・・・と答えたら、「とにかくやってみましょう、ギアをニュートラルに入れてみて」と言われ、運転席に戻ってシフトレバーを掴んだ。P(パーキング)からレバーを下げようとしたが動かない!あれ?あれれ??と何度かレバーを押したり引いたりしていると、おにいさんが一言「ブレーキ踏んでます?」・・・

いかん、完全に舞い上がってるわ、オレ(;^_^A

気を取り直して、さあ押そうかとした時に救いの神ディーラーの人が到着。とりあえず車を路肩まで動かして、そのあとトレーラーに積んで現場から脱出することが出来た。

手伝ってくれたおばちゃんにおにいさん達、本当にありがとうございました。

で、結局燃料供給系のトラブルということでフリランは入院することになった。

Posted at 00:43 in freelander

Jul 11, 2005

開店休業

女子バレーワールドグランプリも、予選リーグが終了して今週は怒涛の決勝リーグが始まる。もちろん全部見るつもり。中国、キューバの2強との対戦は楽しみだし(勝てるとは思っていない)、ブラジル、イタリア、オランダもかなり強い。全敗する可能性だってある。負けたって私には関係ないのだ。ただのファンだもん♪(笑)

そしてツール・ド・フランスも明日から待望のアルプス越え。本格的な山岳ステージ突入である。ツールのTV観戦を始めて4年目。ランス・アームストロングの強さに惹かれてハマッた。今年も頑張って最後まで見続けるつもりだ。

とにかく忙しいのだ。ココを更新している場合じゃないのである。(;^_^A

Posted at 23:23 in sports

Jul 06, 2005

ジェンダーフリー

こんな言葉があるなんて知らなかった。先日の郵政民営化法案採決騒ぎの顛末が知りたくて自由民主党のサイトをチェックしに行ったら、左側のサイドバーの中で見つけた。

「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクト」。なんですか、それ?(^_^;)

ちらっと読んだがよく理解出来なかった。納得出来ないと気分が悪くなるので(笑)ネットで関連情報を探しまくった

そして、こんなくだらない事を調べるのに時間を費やしたことを後悔したのだった。(笑)

ジェンダーフリーが何かを知りたければ、一番まともなココを読むといい。

コメントは書きたくない。私自身は男らしく生き、女らしい女性と人生を共にするつもりなので、黙殺するのが適当だと思うからだ(他人様の生き方に興味はないので)。

とはいえ私も親の端くれなので、教育現場でどのような事が行われているかは把握しておく必要があるだろう。ウチの子達にふざけた考えを教え込みやがったら、きっちり再教育してやらにゃいかんからな!(^o^)

Posted at 21:35 in social

W31Tで遊ぶ

PLANTRONICS M2500

ここに書くネタはあるのだが、ツール観戦で忙しくて時間が取れない。(^_^;)買い込んだおもちゃの紹介だけでもやっておこうと思う。

さて、写真左側に写っているのはワイヤレスヘッドセット。PLANTRONICSのM2500というモデルだ。W31Tに機種変更した最大の理由がBluetoothによるワイヤレス通信機能を使ってみたいという事だったので、まずは今最もホットなハンズフリー通話を試してみたのだ(笑)。

M2500をW31Tで使える様にするのは簡単だ。

  1. 両方の電源を入れ
  2. ペアリング(機器同士の最初の認識)させて、W31T側でM2500のパスコードを入力
  3. あとはM2500の通話ボタンを一回押して接続

たったこれだけ。Bluetoothだと公称10メートルの範囲で通信が可能と言われているが、試したところ隣の部屋くらいの距離なら問題なく電波は届いていた。これならカバンの中に携帯を入れた状態でも充分使える。

M2500の装着感も悪くない。通勤時に1時間くらい連続で付けてみたが特に耳が痛くなることもなかった。

音はそれなりかな。(^_^;)オーディオ用ではないので音楽を聴くのには厳しいが、通話用なら問題ないレベルだと思う。

気に入らない部分もある。ワイヤレスの宿命だが、M2500はバッテリ駆動なので充電が必要なのだ。ものぐさな私には結構面倒である。(;^_^A)

あと、M2500側で出来る操作が少な過ぎる。着信応答に切断くらいしか出来ない。車を運転中にかかって来た電話に出るのが精一杯といった感じ。

まだまだ万人にお薦め出来るような代物ではないと思う。だけど、ケーブルから解放される喜びはかなり大きい。もっとBluetooth対応機器が増えて欲しいと個人的には期待しているのだ。

Posted at 01:53 in gadget

Jul 05, 2005

Fried Pride

two,too

ネットでの評判が良いので買った一枚。FRIED PRIDEの新譜「two,too」。

まだ2,3回しか聴いていないが、ボーカルshihoのパワフルな歌声はかなり魅力的だ。EGO WRAPPIN'の中納良恵が好きな人には合うのではないだろうか?ちょっと日本人っぽくない感じ。

ただし、このアルバムはカバー集なのでお馴染みの曲が多くて、私としてはちょっと感動が薄いというか面白みに欠けた内容だった。

Posted at 01:44 in music

Jul 04, 2005

WGP 韓国ラウンド

7月に入って、スポーツ中継を観るのに忙しい。金土日と女子バレーのワールドグランプリ・第2ラウンド(韓国)があったし、2日からはツール・ド・フランスが始まった。毎日中継が待ち遠しくて仕方ないのだが、睡眠時間が足らなくなって平日は辛い。(^_^;)

さて、女子バレーだ。ドミニカ、韓国を3-0で撃破。今日は強敵アメリカが相手だった。TV中継(録画)が待ちきれなくて、ネットでやっているスコア速報と2ちゃんの実況板を見ながら応援(笑)。

2セット先取されて、今日はダメかな~?と気持ちが沈みモード。第3セットも途中先行されて、このまま終わっちまうのか!?と諦めかけた。

スコア速報はリアルタイムに更新してくれない。しばらくスコアが止まったままでやきもきしていると、急に数字が動いて日本が逆転してセットポイントを掴んでいた。「おぉっ!いっけ~!!」と拳を握り締めた次の瞬間、25-21で日本が第3セットを取っていた。

第4セットは日本の先行で始まった。もうスコア板の数字に釘付け!(笑)誰がコート内にいるのか、どんな内容なのかはまったくわからない。ただ点数が上がっていく様子を一人っきりで見ているだけなのに、妙にエキサイトする。(^_^;)

中盤を過ぎてアメリカに逆転を許した。2点差がついたままスコアは20点を超え、こりゃイカんな~とヤキモキしていたら23-23の同点に追いつく。そして25-26まで進んだところで更新が止まってしまった。

そのまま10分以上スコアは放置され、うわぁ~!いったいどうなったんだぁぁ~!!と見ていた私は半狂乱状態(笑)。結局27-29で負けていた。(T-T)

その後テレビ放映で試合内容を確認。竹下対策?の出来ていたアメリカはブロックが強い。絶好調の菅山かおるもきっちり二枚ブロックに付かれて、さすがに打ち抜けない。途中セッターを板橋に替え、控えの選手をどんどん出して霍乱したのが功を奏していい勝負になったのだが、相手のスパイクをブロッカーがイマイチ止め切れなかった分の差が敗因になったと思う。

ブロック力がとても重要になって来ている現代のバレーボール。今日の試合で如実に感じてしまった。

Posted at 01:14 in sports

Jul 02, 2005

夏だから聴きたい

ケツノポリス4

ケツメイシの新譜「ケツノポリス4」。春日のザ・モールへ買い物に出掛けた際、CD屋のBGMでガンガン流れていた。レゲエ調耳当りの良い音が気持ちよくて、つい手に取ってレジに運んでしまった。(^_^;)

ケツメイシは結構好きなのだ。カラオケで歌えとなるとちょっと困るが(笑)、車で聴くと実にいい感じ。

私は古い歌にあまり興味はない。過去を懐かしんだり、昔は良かったなんて感慨にふける事は無益なことだと思っている。

私の音楽の原点は80'sである。当時の曲にはもちろん思い入れがある。でもそれは記憶により美化されたモノでしかないと思っている。当時と現在を比較して昔の方が優れていたなんてことはないのだ。

昔より今の方がおもしろいに決まっている。未来への期待を失っては、人として生きて行く意味が無くなってしまうではないか!

活きた音楽が好きだ。今を感じる歌がいい。やはり音楽にもというものがあると思う。もちろん寝かせて発酵させた良さってのも認めるが、そればっかりじゃ辛気臭くって私は胸焼けしそうになっちまう(笑)。

昔の名曲が最高だ!とそれしか聴かない人達って、本当に音楽が好きなのかな?ちょっと疑問に思う。

今の若いモンは・・・」ってセリフが大好きなおっちゃん、おばはんと次元は変わらないんじゃないかな?当人達はそんなにご大層な人物でもないクセに、言うことダケは立派な困ったちゃん(爆)

年取ると偉そうになる人がホント多いね。人間長くやってるダケで尊敬に値するなんてコトはないのにさ。人間って浅はかだよね。。。(-_-;)

Posted at 20:00 in music

Jul 01, 2005

W31T

TOSHIBA W31T

買っちゃった♪auの夏モデル、東芝のW31T。近所のショップに取り置きを頼んで、発売日当日に速攻で受け取って来た(笑)。

W31T(キー)

カラーはターマックグレー

W31T(横から)

かなり薄い(厚み20mm)。これで236万画素CCDカメラとminiSDを付けているのだから立派なものだ。内蔵アンテナ採用で外観もすっきりしている。

とりあえず触った印象。A5402Sからの乗り換えなのだが、液晶(2.4inch,QVGA)は圧倒的にキレイ。フォントも緻密でまず不満はない。操作性はソニエリのジョグダイアルに慣れてしまっているので、スクロールとかはちょっとイラつく。だけど許容範囲かな。キーの感触もまあまあ(かなりソフトだが)。ただ筐体が薄いせいかホールド性はあまりよくないと思う。文字入力はA5402Sの方が快適だ。

目玉のPCサイトビューアー(フルブラウザ)は、正直携帯でこれだけ見れるなんてスゴイ!の一言。かなり感動はしたのだが、積極的に使うかどうかは別問題だ(笑)。

気になったのが、使っているとかなり熱くなる。持てないほどではないのだが、熱暴走しやしないかと余計な心配をしてしまいそうだ。(^_^;)

Posted at 01:28 in gadget

Jun 27, 2005

暑い~~~~!

私の部屋にはエアコンがない。

私の部屋にはパソコンがある。常時2台使っている。

ドライヤー並のパワーアンプがある。プリアンプもある。CDプレーヤーもある。

さすがに暑い。(>_<)

部屋を閉め切って1時間もすると、汗が足の裏へ集まって座布団が湿ってくる。身体の周りに熱気がまとわりつく。

たまらず部屋の外へ。冷えたリビングには嫁さんと子供達がくつろいでいる。

「お父さん、暑いの?」娘が笑う。

暖房入ってるからねぇ~」嫁さんがイヤミを言う。

音楽聴かないのなら、ドア開けといていいよ」息子が援助の手を差し伸べてくれる。



黙って私は部屋に戻りドアを閉めた。。。

夏場の間はAuratone+607Xで我慢しようかな・・・

Posted at 23:19 in diary

Jun 26, 2005

2005WGP 対ブラジル戦

女子バレーのワールドGPが始まっている。金曜日はポーランドに快勝。昨日も韓国を相手に完勝して、いよいよ世界トップレベルのブラジルと対戦。

今大会の全日本は小粒だ。エースポジションに入る高橋・菅山・吉澤が全員170cm前後の身長しかない。去年はここに栗原・大山という大砲がいた。ブロックをもろともしない破壊力に欠けているのは弱点と言えるだろう。

その代わりに守備力は上がっている。上記3選手は共にレシーブ巧者だ。去年の栗原・大山が守備力に不安があったのに比べれば格段の安定感がある。それとリベロの櫻井の加入が大きい。

セッター竹下への正確なレシーブ返球を軸に、お得意のコンビバレーで相手のブロック陣を霍乱し得点に結びつける。とにかくスピードが命のテクニシャンを揃えた感じがする。

ポストオリンピックの一年目にしては、若手が少ない。アテネの代表メンバーより成熟している印象を受けてしまうのだ(栗原・大山・木村がいないだけだが^^;)。誤解を恐れず書けば、今の全日本の方が強いのではないか?と思うくらいだ。

今日のブラジル戦も、結果フルセットで負けはしたが持ち味は充分出していたように思う。某男子チームみたいな不完全燃焼した後味の悪さは感じられなかった。

かなりいいチームだと思う、今の全日本は。もちろん北京もこのメンバーでいいというわけではない。高さと破壊力、この部分の補強は絶対に必要だと私は思っている。

高さ=ブロック力だ。全日本の場合、セッター竹下を使う以上どうしてもブロックに穴が出来てしまう。これは仕方ないにしても、レフトがチビばかりではブラジルのような長身のチーム相手だと辛い。せめてあと5センチ平均身長を上げられれば、世界トップレベルと互角に戦えるだろう。

しかし、圧巻だったのが菅山かおる選手だ。小気味よいスパイクにスーパーレシーブの連続で、見ていて背筋がゾクゾクしてしまった。

レシーバーとしては、元々Vリーグではリベロをやっている位だから、あのくらい出来ても不思議じゃない。それよりもアタッカー役の彼女に驚いたというか惹かれてしまったのだ。

スパイクのフォームが美しい。彼女自体も美形だが(笑)、華奢な身体をしならせ全身を使って打ち抜く姿は感動的ですらあった。ジャンプ力も大したものだ。滞空時間が長く、まるで男子選手を見ているようだ。

最も感動したのは闘志だ。体勢が悪かろうが果敢にバンバン打ち込んでいく。調子も良いのか当たっていたので、それがおもしろいように決まってちょっと神懸り的な活躍だったのだ。

今日の試合で、彼女はモノ凄く光って見えた。実に美しい。透き通るような肌の白さがまたイイのだ♪(おいおい^^;)

Posted at 23:04 in sports

デジイチ欲しい!

仕事帰りにヨドバシへ寄って来た。

復活した東芝Libretto U100を触ってみたのだが、う~んちょっとなぁ。。。7.2型液晶にWXGA(1280x768)は小さ過ぎに感じた。PDAライクに両手で持って至近距離から見る使い方なら大丈夫かもしれないが(VAIO Uもそんな感じだった)、机の上に置いて普通にパンチするのは辛いゾ、きっと。(^_^;)

キーボードもInterLinkより打ちにくい。幅はともかく縦方向が寸詰りって感じで、余計なキーを触ってしまう。

そんな感じで買い替え意欲は萎みまくり・・・(笑)

3Fへ上がってデジカメ売り場へ。ちょっと欲しいデジタル一眼をじろじろと物色。

ニコンD70S。ボディの質感良し。触った感じもしっかりしていて好印象。悪くない。でも地味(爆)。質実剛健、ドイツ製自動車みたい。

ペンタックス*ist DS。小さい、軽い。造りはチャチ!安っぽい。だけど、ファインダー最高♪圧倒的な大きさ。さすがはペンタプリズム採用、倍率0.95倍。たまたま付いていたレンズ、DA40mm F2.8 Limitedもイイ。パンケーキ・レンズ*ist DSの小型ボディによく似合う。ちょっと試し撮りしてみたが、AFはバシバシ合うし、かなりシャープに写る(ような気がする。あくまで液晶モニタで見た感じ)。こりゃいいわ~。

オリンパスE-300。姿形が好みじゃないので選考外(爆)。

キャノンKiss Digital N。*ist DS並みに小さく軽い。造りは安っぽいが*ist DSよりはマシ。将来性とか交換レンズの豊富さを考えればコイツが無難だと思う。よく出来てる。ホンダのフィットみたいなカメラかな(笑)。

だけどファインダーが小さい!*ist DSを触った後だと余計ガッカリする。

*ist DSが気に入った。スペック的にはキャノン、ニコンが上だと思うが、ファインダーの見やすさだけで惚れてしまった(爆)。この部分だけなら、上位機種のキャノンEOS 20Dやコニカミノルタα-7 Digitalなんかより良く感じた。いつもピンボケに悩まされるヘタレな私にとって、ファインダーの見やすさは何ものにも代えがたいメリットなのだ。

資金繰りにめどがついたら手に入れようと思う。またマイナー機種に手を出してるって言われるんだろうな~。(;^_^A)

Posted at 15:52 in camera

サーバダウン

25日20:40前から26日01:00頃まで、このサイトを設置しているサーバがネットワーク障害によりダウンしておりました。

上記時間帯にお越しいただいた皆様、大変申し訳ありませんでした。

原因は、運営サイドからの情報だと中国・韓国方面?から多数の攻撃送信が行われたとの事。

これは反日活動の一環というワケか?

迷惑以外の何者でもないぞ、これは。サイバー・テロだ。こういう輩は徹底的に弾圧せねばなるまい。

日本国としては自国に害をなすテロと断固戦うべきだ!中国および韓国からの回線は全て遮断するのがいいと私は思う。乱暴かもしれないが、一番効果的な策だ。通信が途絶えることによる悪影響も小さくはないと思うが、たかが中国に韓国である。日本の屋台骨が傾くほどのダメージは受けまい。それよりも、どうも日本を舐めているように見受けられる両国のおバカな若者達に、キツイお仕置きをしておく必要がある。

どうせヤツラは半分遊び感覚で悪さしているに違いないのだ。ガキンチョの悪ふざけを黙って見過ごすのは教育上よろしくない。きっちりお灸をすえてやらなくては!

Posted at 14:30 in diary

Jun 25, 2005

ビリーヴ・ミー

とある方(謎)のご好意で、小柴大造&エレファントの2ndアルバム「ビリーヴ・ミー」を聴くことが出来た。

備忘録として、収録曲リストを書いておこう(笑)

  1. Tokyo Night
  2. (さしずめ)三文オペラ
  3. 別離のラブソング
  4. デッド・ゾーン・ジャンクション
  5. リバイバル・ソング
  6. テル・ミー
  7. フリーウェイ
  8. ALONE TONIGHT

これこれ!これが聴きたかったのよ~♪(T-T)

3曲目の「別離のラブソング」、この曲が私の脳裏に焼きついていたのだ。キャッチーなイントロが流れて来た瞬間、あっという間に高校2年生の頃へタイムスリップ!

はい、歌っちまいました(笑)。見事に覚えているもんですなぁ~。

5曲目の「リバイバル・ソング」、確か何かのCMソングだったはず(ネットで調べたら、ハウス食品で使われていたらしい)。もちろん歌える!それも完璧に!!(爆)

そして「テル・ミー」。やっぱりカッコイイよ、この曲。ロックしてる♪歪んだギターの音にブリリアント(笑)な小柴大造さんのハイトーンヴォイスがキマリまくり!

ああ歌いましたとも。歌詞カードなんかいらんいらん!娘(小5)が隣で耳塞いでいようがおかまいなしの独演会モード!(核爆)

これは是非ともS-LH5aで聴きたい(wmaファイルなので、今はPC経由のAU-D607X DECADE→AURATONE 5C)。CD化してくれないかなぁ~?

いや、アナログプレーヤー買えばいいのよ。うん、そうしよう(笑)。

と、安直にアナログへ足を突っ込む決心をしてしまった。いいのか?(^_^;)

Posted at 19:04 in music

Jun 24, 2005

バカじゃないの?

さっき教えてもらった。総務省がこんなコト言ってるらしい。

子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイング

子供に一体何書かせるつもりなんだろうか?

大人のブログだって(ココを含めて)ロクなものがない。99%がゴミ、落書き、盛り場の喧騒みたいなものだ。中には子供にゃ見せたくない(読んで欲しくない)内容もある。

一般庶民が発信する情報には価値なんぞない。読むに値するブログは、ごく一部の優秀な人達が書いたものだけだ。それ以外はただのゴミ。ディスクの無駄遣いでしかない。

ブログを読んでも役にはたたない。新聞なり雑誌なり、ちゃんと専門家が編纂した書物をまず読むべきである。テレビ放送も相当くだらないが、ブログよりは全然まともだ。個人の意見はあくまで参考にしかならない。

いい大人ですらまともに情報発信出来ない現状で、児童生徒にいかほどのコトが期待出来る?

百害あって一利なし。そうなるのは火を見るより明らかだ。

本気で総務省が子供に情報発信の手ほどきをすると言うのなら、情報公開の際に避けては通れない著作権、個人のプライバシー尊重といった問題を正しく指導する義務がある。

法律さえ整備されていない現在、そんな教育は出来るワケがない。

まだまだ子供が安全に遊べる場じゃないのだ、インターネットは。ガキンチョ達はNHK教育テレビでも見ていればいいのだ!

Posted at 14:25 in social

Jun 23, 2005

アッテネータ

CLASSIC PRO TXX20

アクセサリネタである。サウンドハウスでアッテネータを購入した。CLASSIC PROTXX20というヤツだ。減衰量は20dBである。

コイツをプリ-パワー間に挿入して、EP2500の入力ゲインを上げようという狙いなのだ。どこに付けていいのかわからないので、適当にプリ(T1953)のOUT側に差し込んでいる。(^_^;)

効果はてきめん。EP2500のゲインコントールは、8時の位置から12時まで上げることが出来た。音の変化は、低音がはっきり出るようになった(と思う)。

Posted at 20:53 in audio

古舘歩

今週に入って絶不調モード。風邪ひいた後遺症がなかなか抜けない。頭が痛くて音楽聴く気にならないのは相当な重症なのだ。

もちろん仕事がはかどるはずがない(汗)。実に危険な状態なのだが、なるようにしかならんゼ!とケツまくって全日本女子バレーの試合(モントルーのドイツ戦。録画)を昨夜観た。

アテネオリンピック組が主力のメンバーだったので、あまり新鮮味がなかった。唯一琴線に触れたのが武富士吉澤智恵選手くらい。といってもバリバリ活躍してたワケじゃないので世間的に印象は薄いかな?(^_^;)

目立っていたのは、リベロで出ていたデンソー櫻井由香選手!彼女のレシーブ力は大したものだ。だけど顔がちょっと怖い・・・。見ているとどうしても青木さやかとダブッて理由もなく敵意をかき立てられる(笑)。私と相性の悪いタイプなのだ。

そこで、私の一押し!リベロなら同じデンソーの古舘歩(ふるだてあゆみ)選手(20)を是非全日本で出して欲しい!!

彼女はいい♪何がいいって顔がいい♪♪(爆)彼女がTV中継に出れば視聴率アップ間違いなしだよ、マジで!今年全日本メンバーに選ばれたのに、ちっとも試合に出してもらえないからオジサンはストレス溜まっとるんじゃ~~~!!(叫)

えっ?どんな娘かって?う~ん、まだ有名じゃないんで画像探すの大変だろうから、ちょっとダケ教えてあげやう♪

これとか、ちょっと前だけどこんなの なんかいいねぇ~(涎)。ちなみに画像はVHEART.comさんの著作物。こちらの写真は素晴らしいゾ!!

えっ?ロリ顔だって?そーだよ、私はロリ系が好きだよ。いくつになってもロリ顔マンセーなのさ♪(;^_^A)

古舘さん、早く全日本のレギュラーになってね♪応援してます♪

Posted at 13:18 in sports

Jun 22, 2005

喫煙者として黙ってられない!

警告文が入ったセブンスターのパッケージ

なんじゃこりゃ!セブンスター、おまえもか。。。(ToT)

これはもう悪意以外のモノは感じられない。嫌煙ブームに乗ったお調子者達の嫌がらせと私は断定した。ここまでパッケージデザインを冒涜するなんて、デザイナーの方に失礼じゃないか?これを見て痛ましいと思わないのだろうか?

嫌煙は結構だ。私は争うつもりはない。タバコが嫌いな人、タバコの煙が身体に悪影響を与えてしまう人の前では極力吸わないようにしている。分煙で済む話なら喜んで従う。共存共栄出来ればいいではないか!

ここまでタバコをバカにされると腹が立つ。これはやり過ぎだ。多くの日本人はそう感じているはずだ。喫煙者も禁煙者も区別なく、大多数はこのセブンスターのパッケージを見て違和感と疑問を覚えていることと確信する。

海外に範を得て、錦の御旗のごとく正当性を主張している輩どもが闊歩している。売られたケンカは買おうではないか!

  • 外人の言う事が正しいとは限らない。捕鯨禁止で大騒ぎしやがった愚を思い出せ!
  • 喫煙は文化である。そこに善悪という基準はない。人間の営みには、キレイ事だけで片付けられない部分があるのだ。大人を舐めるんじゃない!

  • 喫煙は合法だ。現時点では合法なのだ。大手を振ってタバコを吸ってる我等に対して君らがやっている事は、出過ぎたおせっかいなのだ。やり過ぎは大人気ないんだよ!

人の権利は尊重すべきだ。他人様の大事なテリトリに、神経のかけらも持ち合わせていなさそうな頭の悪い戦術で殴り込んでくるヒステリおばはんみたいなヤツラは、私は断じて許すことが出来ない。

Posted at 20:49 in social

Jun 21, 2005

小柴大造&エレファント

LOOK ALIVE

三夜続けての、超私的アルバム回顧録である。(滝汗)

誰も読まないだろう。そんな事気にしていない(ちと淋しいが^^;)。だって買っちまったからにはネタにしないともったいないではないか!(笑)

で、小柴大造&エレファントだ。1980年デビューで、シングル「テル・ミー」がヒットした。俗にいう「一発屋」に分類されるグループである。(^_^;)

写真のアルバムは、彼らの1stアルバム「LOOK ALIVE」である。つい最近復刻されたのだ。これはかなり奇跡的な出来事だと私は思う。だって、今頃買うヤツが一体何人いるんだよ?全世界で500人くらいじゃないのか??(かなり失礼な発言かも知れない。笑ってご容赦のほどを・・・)

ちなみに私はLP盤は持っていない。シングル(EP)も買ってないのだ。FMラジオでエアチェックしたテープを聴いていた不謹慎なファンだったのだ。(^_^;)

実は、私と小柴大造&エレファントとはそんな程度の適当な触れ合いしかないのだが、エアチェックして聴いていた曲はすごく印象に残っている。小柴大造さんの声が好きなのだ。美声の範疇に入るだろう。なんというか華があるのだ。曲名を覚えていなかったので、もしかすると1stアルバムに入っているかも?と期待して購入してみたのだが、残念なことにハズレだった。。。

もう一枚、「BELIEVE ME」というアルバムもあるらしいので、こうなったら是非とも入手したい。

復刻される可能性は限りなく低いだろうな・・・(^_^;)

Posted at 17:23 in music

Jun 19, 2005

青い夕焼け

火星の夕焼けは青いらしい。

米航空宇宙局(NASA)が、火星探査車スピリットが撮影した珍しい火星の夕暮れの画像を公表している。

なんでも火星では日中の空は赤く、夕暮れ時に青くなるのだそうだ。地球とはまったく逆である。へぇ~っと年甲斐もなく感心してしまった(笑)

理屈を知りたい方はココを読んで欲しい。

いずれ、夕焼け撮影家の山田さんが挑戦するかもしれないな(笑)。>青い夕焼け

Posted at 23:34 in misc

若いってやっぱりいいかも♪

金曜日の夜、忘れかけていた中洲のネオンを眺めてきた(笑)。今年に入って初めてじゃないかな?

実は酒は好きではないので普段ほとんど飲まない。自宅で晩酌という習慣もないのだ。我が家では嫁さんがビールをかっくらってる隣でコーヒーを飲んでいる。(^_^;)

飲めないので、誘われでもしない限り盛り場へ足を踏み入れることはない。だけど、夜のネオン街は大好きだ♪今回は久し振りに女好きの飲み仲間から連絡があって、うまく時間調整出来たので夜9時過ぎに中洲交番前で合流したのだ。

最初に入った店はラウンジかな?大して広くない店内に女の子が10人はいる。照明は明るく健全な雰囲気だった。値段は90分で9,000円くらい。女の子が原則二人つくのだが、15分くらいでどんどん入れ替わって落ち着かない。(;^_^A)

この店で驚いたのが女の子達の若さ。最初に付いた娘は二人とも今年19歳になったばかりと言う。その後に来る娘も来る娘もみ~んな10代。メンバーの平均年齢が二十歳なんだそうだ。飲み屋の席で年齢なんか気にするこたぁないのだが、ふと年齢差を頭の中で計算してグラスを運ぶ手が止まってしまった。

残念ながら話しておもしろい娘はいなかった。だけど若いせいかみんなカワイイ♪もうそれだけで許せる♪♪矢口真理に大塚愛と中島美嘉が目の前にいるみたい。恥知らずの連れは、問答無用で胸を触りまくってご満悦だった。この時だけはちょっとうらやましいと思った・・・(^_^;)

二軒目は連れの知り合いと合流してスナックへ。ここにいた女の子がこれまた19歳!中洲にも世代交代の波が押し寄せて来ているのかもしれない。

たまにしか行かないが中洲はおもしろい。きれいなおねーちゃんを肴にして飲むお酒はやっぱり美味いのだ。週1とは言わないが、月2回くらいは足を運びたいものだ。

Posted at 16:28 in diary

Jun 16, 2005

EPOCHS

EPOCHS

かなり遅くなったが、最近のCD紹介。BE THE VOICEの3rd(かな?)アルバム「EPOCHS」だ。

BE THE VOICEは、ボーカルの女性にアコギの男性の計2名からなるユニット。シンプルな音なのでオーディオとの相性は実に良い。S-LH5aが気持ち良く鳴る(笑)。お奨めの一枚だ。

曲の感じは、一言「爽やか」。休日の午前中に、窓を開けて外の空気と日の光を浴びながら朝食を摂りつつ聴きたい。そんな健全な音楽である。これも女性に好まれそうな音楽かな?どうも私の趣味は女性の感性に近いみたいだ。。。(^_^;)

アルバムとしては、前作「DRAWING」の方が私は好きだ。気になった方はチェックしてみて欲しい。気のせいかもしれないが、録音も前作の方が良いと思えるのだ。

Posted at 23:19 in music

CULTURE CLUB

Kissing to be clever

昨夜、嫁さんがMDにダビングする曲を探してCDラックの中をひっくり返した際に見つけた(笑)。カルチャークラブの1stアルバム「KISSING TO BE CLEVER」である。オリジナル盤は1982年発売。このCDは1996年にオランダで再発されたものだ(輸入盤)。

カルチャークラブといえば、世間一般には2ndの「COLOR BY NUMBERS」が著名であり、名盤との評価を受けている。しかし駄耳な私は1stアルバムが好きなのだ。というワケでコレしか持っていない(爆)。オリジナル盤発売当時、国内盤には初のヒットシングル「Mystery Boy」が収録されていたのだが、残念ながら手持ちのオランダ盤には入ってない。買って少し後悔してしまった。。。

カルチャークラブの曲は実にカッコイイ!アレンジが秀逸だと私は思う。MTVで観た「Mystery Boy」に一発で惚れてしまったのだ。あと「KISSING TO BE CLEVER」の5曲目「LOVE TWIST」、この二曲が私のお勧めである。「カーマは気まぐれ」なんかもいいけれど、少しお子ちゃま向けで味わいが薄くてイマイチである。

Posted at 01:34 in music

Jun 15, 2005

ちょっと足踏み

おそらくはネット界で25番目くらいにしょーもないアルバム紹介をもっと書きたかったのだが、ネタ切れである。(^_^;)

手元に所持していない盤は書かない。というワケで、その内に捕獲出来たら続編にする。誰も読まないとは思うが、私が楽しければいいのだ!(^o^)

オーディオは、最近停滞気味なのだ。実は電源ケーブルを換えようと思っていたのだが、思いのほかCDを買い込み過ぎて資金が足らなくなってしまった(汗)。他にリモコン付きパッシブプリとチャンデバに直熱3極管シングルアンプを導入して、なんちゃってバイアンプ(爆)を計画中なのだが、いかんせん金が無い!(T-T)

オーディオに対してなんか気持ちが後ろめたい。音楽を聴くための装置なのに、本来の目的とはちょっと違う思惑で行動しちゃっている自分がいる。「良い音」で聴きたいという目的よりも、おもしろそうな機材を使ってみたいというメカフェチ的欲望がどうも私は強いのだ。

正直な話、音楽はラジカセ・・・いや、パソコン本体に内蔵されている小さなスピーカー1個で私は充分だったのだ。出来れば良い音で聴きたいと欲を出し、機器を揃えて半年過ぎてみて、一体何を得たのだろう?

音楽の素晴らしさ?そんなものちっともわからない。(;^_^A)

「機材で音が変わる」おもしろさに魅了された。結局それだけなのだ。

音楽が楽しいんじゃない。音が楽しい。本来の目的とは違う、歪んだよこしまな快感を感じているのだ。

音楽が好きじゃなきゃオーディオなんか趣味にしちゃいけないと思う。でも、私は音楽好きなんかじゃなく、本当はメカの方が好きだったんだと気づいた。

いい音ってのが、まだ私にはわからない。これから先もわからないような気がする。結局鳴ってりゃ何でもいいじゃん♪って私は満足してしまうのだ。安上がりというかなんと言うのか・・・。少なくともオーディオ評論家なんつーのには絶対に向いていないのは確かだ。(^_^;)

ついでだが、音楽評論家もまず無理である。世間一般で良いとされている音楽にさっぱり興味がもてない。根本的に音楽ってモノが理解出来ない人間らしい、私は。どうも耳というか脳内の認知メカニズムが相当な出来損ないのようだ。

たぶん、芸術的素養の問題なのだろう。感性ってのが足らない。やっぱセンスがないんだよな、私には・・・。いつもそこに行き着いて、気持ちが萎えてばかりいるようだ(爆)。

自分が楽しけりゃそれでいいじゃん!と慰めてくれる人もいるけれど、これ以上やっても不毛なだけなら無駄な努力は避けたほうがいいと思う。よく考えてみる時期かもしれない、今は。

ジレンマというか、目の前に壁がある。オーディオを揃える目的は、音で感動したいから。「素晴らしい」のか「凄い」のか、はたまた「泣く」か「笑う」か「驚く」か知らないが、何らか心に響く音を欲して機材を買う。

実は音は何でもいいのかもしれない。音楽じゃなくても、車の排気音だろうが子供の泣き声だって好きで感動出来ればいい。

でも私は音楽がいい。音楽で感動したい。したいんだけど、今以上に感動するための手段がわからない。

大音量で聴く。それが実現出来たらいいのはわかっている。だが現時点では(金銭的に)不可能だ。家族に迷惑をかけないレベルの小音量で音楽を聴くのが大前提である。

今のシステムでJazzっぽい音楽を聴く分には、ラジカセに勝っていると思う。ただ私はJazzを聴かないから、あまり意味がない。

一番良く聴くボーカル物が微妙なのだ。バックの演奏次第では大きなスピーカーの良さが出てくるのだが、ラジカセと決定的な差は付かないように私は思う。

私は真面目に駄耳なのかもしれない。でも、ラジカセより圧倒的に良い音じゃなきゃ困るのだ!より深く感動出来なきゃ困るのだ。そうでないとオーディオに金をつぎ込む意味がないではないか。

Jazzを聴けばいいんだろうけど、聴くことは聴いているし嫌いじゃないんだが、どうも心に響かない。多くの人が魅了されている音楽なのに、ここを見てくれている人達の中にも多くのJazzフリークがいらっしゃるのに、私はお仲間にはなれそうもない。

わざわざオーディオ装置で聴く音楽がないのに、オーディオ揃えてどーすんの?情けないが私の今一番深刻で大きな悩みなのだ。

Posted at 15:47 in audio

Jun 12, 2005

門あさ美

SACHET

二夜連続の、こんなモノシリーズ(汗)。多分誰も知らないであろう、門あさ美の2ndアルバム「SACHET(サシェイ)」だ。1980年にオリジナル盤は発売されている。私はその時高校一年生だった。これはLP盤を買い求めたのだ。そして25年が過ぎ、懐かしさに負けてCD盤を入手した。

コイツははっきり言って、高校生が喜んで聴くようなアルバムではないと思う。冒頭の「セ・シボ~ン♪」といきなり始まる歌声は、今聴いてもこっ恥ずかしくて思わず耳を塞ぎたくなる。(^_^;)

さすがに仲間内で門あさ美なんか聴くヤツはいなかった。いや、それ以前に自分がこんな軟弱な音楽を夜な夜な聴いてるなんて事、恥ずかしくて言えやしなかった。若かりし頃のちょっとツンと来る思い出なのだ。

今思うと背伸びしていた気がする。落ち着いた大人の女性に憧れていたのだろう。

あの頃はまだ、頭の中で恋していた。

25年振りに聴いた「SACHET」は、昔と何も変わっていなかった。もう10代のガキじゃ無い、心もすっかり擦れちまってるが、ちゃんと音楽は染みて来るのだ。

Lonely Lonely」って曲を最初にラジオで聴いて好きになった。アルバムを買って、「予期せぬ出来事」という曲を知り、生まれて初めて「たかが歌」なんぞに心を強姦された。

好きな人ぉ~、出来たのとぉ~、初めて嘘ついたのよぉ~♪

う~ん色っぽくてたまらん歌だわ♪♪

私の女性ボーカル好きの原点がこのアルバムにある。

Posted at 23:44 in music

UNIVERSITY STREET

UNIVERSITY STREET

ついにこんなモノを買ってしまった。竹内まりやの2ndアルバム「UNIVERSITY STREET」だ。オリジナルは1979年に発表された。実は当時中学3年生だった私が初めて買った思い出のアイドル?LPなのだ。

変な記憶が蘇ってくる。そのころ私達の間で、下敷き代りの透明プラケースにお気に入りのアイドルの切り抜きを入れるのが流行っていた。私も流行に遅れまいと今まで興味すらなかった「明星」や「平凡」とか当時のアイドル雑誌を買って、唯一アイドルの中で好きだった竹内まりやの写真を切り抜いてプラケースに挟んだのだ。

あの頃、竹内まりやが好きな中学生ってかなりレアな存在だったのだろう(笑)。私の下敷きを見た同級生達は思い切り引いていた。(;^_^A)口の悪い女の子達からは「竹内まりやって、あんなおばさんが好きなの?」とか「英語が得意って言うけど、あの発音絶対ヘンよ!」なんて、さんざんにけなされたものだ。

ちょっと売れてしまった「不思議なピーチパイ」って曲のせいで、随分と世間に誤解されてしまったと思うのだ。ファンだった私でさえ、当時のかわいいお人形さんイメージ全開のアイドル路線で売られるのは絶対似合ってない!と感じていたくらいだ。

その後の休業期間を経て「VARIETY」で復活、大ブレイク。私は大学生になっていた。

大学内の生協で、中学時代の同級生(女)にあった。彼女は竹内まりやの新譜を抱え、私に「これ知ってる?竹内まりや、すごくいいよ♪」と熱っぽく語ってくれた。

彼女はもう覚えていなかったのだろう。中学の時、私の下敷きを見て「あんなおばさん!」とバカにしていた事を・・・(^_^;)

私は昔の竹内まりやが好きだ。「UNIVERSITY STREET」はいいアルバムだと今でも思う。「VARIETY」以降のアルバムは一枚も持っていないし、今後も買うつもりはない。

ヘンな竹内まりやファンなのだ、私って。。。(笑)

Posted at 00:18 in music

Jun 10, 2005

何者かと問われれば

ふいに息子から問いかけられた。

「おとうさんって社長なの?」

いや、違うケド・・・(会社経営してないし)

「でも、サラリーマンじゃないんでしょ?」

確かに。会社辞めちゃったしな。

「じゃあ社長じゃん。おかあさんがそう教えてくれたよ。」

いや、違うってば!社長ってのはもっと全然立派で偉い人。たくさん社員を雇って給料払ってる凄い人の事を言うんだ。

おとうさんは自分一人で仕事しているんだよ。

「ふ~ん。。。」

「で、おとうさんの仕事って一体何なの?」

ん・・・、言葉に詰まってしまった。(;^_^A)

そういえば、以前に母親から尋ねられた時も返事に窮した。つい最近、姉からも聞かれたが満足いく説明は出来なかった。

10年前は明確だった。金融業界専門のシステムエンジニアで間違いはなかった。3年前までは一般企業内の情報システム部門担当だった。この頃から仕事の内容が多岐にわたって説明しずらくなった。要は「なんでも屋」さんなのだ。パソコン修理やプログラム開発からインターネット接続は言うに及ばず、業務改善やら経営戦略まで。企業内の情報処理技術に係わる全てに首を突っ込んだ。

そして現在、立場としてはフリーの技術者。一匹狼である。やっている事は3年前となんら変わっていない。新しい顔として営業活動が加わったくらいだ。まさしく「なんでも屋」だ。節操なく自分を切り売りして飯にありついているようなもんだ。

今の自分に一番ふさわしい職業としての呼び名。多分それは「フリーター」ではないかと思う。責任のない立場に身を置いている。会社に縛られるのを嫌って飛び出した。会社と自分の人生を重ねる気にはならなかった。まさしくフリーターの発想そのものではないか。

そこまで考えて息子に答えた。「おとうさんはフリーターなんだよ」って。

そしたら傍で聞いていた嫁さんが露骨にイヤな顔をした。やはりフリーターじゃ世間の聞こえはよくないみたいだ。(^_^;)

それが真実なんだから仕方ないんだけどな。。。

Posted at 01:18 in diary

Jun 08, 2005

さらに補充(汗)

今日の獲物

ちょいと歯止めが効かなくなっている。またアマゾンからCDが届いた。これでは一枚一枚じっくり聴く余裕が取れない。(;^_^A)

実は、Jacintha(ジャシンサ)のアルバムに興味があったのだ。入手したのは「Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer」というヤツ。なんでもオーディオ試聴ご用達の一枚なんだそうだ(笑)。

早速聴いてみたのだが、特にどうと言うこともない普通のボーカル物だ。BGMにはいいかもしれない

録音がいいという評判は間違っていないと思う。特に10曲目「Moon River」の間奏に入るピアノソロは、かなり近めで音に力があってリアルだ。

やたらとお行儀が良い音楽だ。別にそれが悪いワケじゃないのだけど、澄ました感じにどこか居心地の悪さを感じてしまう。

静寂を求められている。そんな風に聴いていて思う。静かに耳を澄ませてみるのだが、そんなに神経を尖らせ緊張を強いるような問いかけは一切聴こえてこない。まるでお経を聞いているようだ。正直眠くなる(^_^;)。

かなり油が抜け切った味がする。まだ私にはこの良さはわからない。

ただいい録音なのは確かなので、一家に一枚くらい常備しててもいいかも・・・(笑)

Posted at 23:47 in music

Jun 07, 2005

105円シリーズ(笑)

105円CD

安直なネタで申し訳ない(笑)。105円ジャンクコーナーで発掘した残り4枚だ。意外なところで、ファティマ・レイニーが結構懐かしかった。

Posted at 22:24 in music

安部恭弘

安部恭弘

昔からの読者なら何度かココでお目にかかったことがあると思う。安部恭弘だ。実はBOOK OFF105円ジャンクコーナーで見つけて買ってしまったのだ(笑)。ちなみに、写真左が2ndの「MODERATO」、もう一枚は3rd「SLIT」である。

この二枚は、大学1年か2年の頃にテープが擦り切れるほどカーステで聴いた。もちろん当時はアナログ盤しかなくて、極貧だった私はレンタル屋で借りてダビングしたのだ。

時は流れて、ちょっとお金も自由に使える身分になった時にCDを入手しようと思ったら廃盤になっていた。実は根強いファンの間ではなかなかの貴重盤扱いになっているらしくて、ちょっとネットで調べてみたら今でも一枚1,000円程度で買い取っている。ちなみにそれを売る時は一枚2,000円ってんだから大したものである(笑)。

じゃあ105円で買ったのはお得だったのかというと、実は全然そんなことはない。去年リマスタリング盤再販され、オリジナル盤よりかなり音質が向上しているとの評判なのだ。それなら新品を買った方が絶対いいに決まっている。多分私が買ったCDも、ファンの人が再販盤を購入して入れ替えで処分したのだと思う。

うかつにも再販された事を私は知らなかったのだ。また廃盤になる前に手に入れておかなくては!(^_^;)

Posted at 01:43 in music

Jun 05, 2005

息子の体育祭

今日は息子の体育祭。中学校も最近は日曜日にやって、家族も参加しなきゃいけないんだな。面倒なことだ。しかたないのでちょっとだけ顔を出してきた(笑)。

息子の出場種目は、娘と同じ100走だ。先週の練習の成果を発揮させるべく、85ミリでスタンバイ!(爆)絞りはF8.0ISO200。これでシャッタースピートが1/350となった。フォーカスは懲りずにマニュアル(スナップ)。

さて息子の出番だ。ヤツは左(外側)から3番目を走る。落ち着いてチャンスを待ち、フレームのど真ん中に入る直前でシャッターを切った。

・・・・ダメじゃん。(T-T)

あ~ぁ、ちっちゃくしか写ってないや。スポーツ撮影って難しいのぉ~。。。

くやしいので、今日のベスト?ショット(笑)。構図はまともだが、画質は最低だな。(^_^;)

こんなんじゃ、はっきり言って携帯カメラより出来が悪い。

ほんにヘタクソやのぉ~(タメ息)

昼食時に再度中学校へ足を運んで再挑戦。さすがにギャラリーが増えていていい場所を取れなかったので、遠目で撮影しトリミング。どうしても女の子ばかり狙ってしまうのは自分に正直だから・・・(笑)。

しかし、いくら設定を変えても画質が悪い。(;^_^A)

またもやトラック競技。クラス全員で走るリレー。ウチの息子も出ていたのだが、当人の順番が回って来た時点でぶっちぎりの最下位(笑)。ドンケツの独走だと気合も入らず、撮影もつい手を抜いてしまって大失敗だった。(^_^;)

というワケで、見知らぬお子さん達の勇姿をアップ。午前中のよりはマトモかな?これもトリミングしている。

Posted at 14:50 in camera

Jun 04, 2005

400

5月の当サイトアクセス数を集計してみた。

結果は400。400÷31≒13アクセス/日とでた。

インターネットにモノを書き始めて丸4年になる。

見て欲しい人がいたから始めた。その人のために書き続けた。今その人はココを見ていない。

一体何の為にこうやって書いているのだろう?私の中には動機がもう無いのに・・・

それでも一日13人もの方がここに訪れてくれている。

私にとって凄く重い。この13という数字は。。。

Posted at 00:24 in diary

Jun 03, 2005

良いと思うモノ

BRIDGES

ダイアン・リーブスの「BRIDGES」。世間の評価はわからない。だけど私はこのアルバムがすごく好きだ。

今日もまた聴いてしまった。。。

こんな感じの音、こんな感じの声が好き。私の空間に自然に溶け込むのだ。実に居心地が良い。

2曲目「I REMEMBER」と5曲目「BRIDGES」がお勧め。ただし、私が好きなモノって他人様に言わせると、「なに?一体これのどこがいいの?」となることがほとんどなので、過度な期待は禁物だ(笑)。

特に、オーディオが好きな方には全然参考にならないと思う。私は録音が良いとか演奏が素晴らしいとかって基本的な事がほとんど理解出来ない。これでも一応努力はしてみているのだが、世間で優秀録音盤とか言われているアルバムのどこがそんなにいいのかわからないのだ(爆)。どうも音楽鑑賞のセンスってヤツがまったく無いらしい。。。(^_^;)

家のオーディオ装置よりも、カーステから流れるFMラジオの音の方が良く聴こえる」とマジで思ってるようなヤツなのだ!、私って。

Posted at 23:30 in music

昨日届いたCD

昨日届いたCD

さすがに仕事中の爆音BGMは生産性が悪い(笑)。心を入れ替えて、今日は音量控えめ、煙草も控えめで身体に優しいつもりが、一日中黒戌の8.9inch液晶を見続けたせいで眼が痛い。(^_^;)

さて、昨日(正確には一昨日か^^;)届いたCDをまとめて撮ってみた。バックになんか汚いモノが見えるのは気にしない方向で・・・。

しかし、ジャンルも年代もバラバラ。(^_^;)ヒマになったらレポートするつもり。

Posted at 00:39 in music

May 31, 2005

PAST MASTERS・VOLUME TWO

PAST MASTERS・VOLUME TWO

かなり仕事で追い込まれてきたので、今日は自宅に篭っている。(-_-;)

平日の昼間は誰もいないので、BGMは爆音!(おいおい)それじゃ仕事にならないだろう?って、その通り!!一日は長いんだから、どうにかなるさ(笑)

CDラックを漁っていたら、THE BEATLESが出てきた。PAST MASTERSというベスト盤で、Volume1と2の二枚出ている。これは懐かしい!1988年の発売時に合わせて買った記憶がある。たぶん渋谷のタワーレコードだったかな?ちなみに輸入盤を購入したのだ。

私はビートルズ世代じゃないし、特別好きってワケではない。ビートルズの一番古い思い出は、小学生の頃我が家に初めてシステムコンポが来た時に、母親が買ってきた「LET IT BE」のEPを聴いたってことだ。嫌いな音楽ではなかったので、そのEPはかなり聴いた覚えがある。だけどそれ以上に興味は持たなかった。私は時代を追っかけたのだ。ニューミュージックに走り、80's洋楽が好きになった。

「PAST MASTERS」を買ったのも、コレクションのつもりだったのだ。とりあえずビートルズ物を一枚くらいは所有しておこうかなって軽い気持ち。買ってから2、3回聴いただけで、その後はCDラックの肥やしになっていた。(^_^;)

てな感じで、十数年振りに聴いてみた。ビックリ!ビートルズってこんなに良かったっけ!?大音量だとすごくラフでカッコイイ!!

今まで「ビートルズ=古い=音が悪い=つまらん」って固定観念を持っていた。小さなスピーカーでシャカシャカした音を聴いていたんじゃ、絶対に本当の良さはわからないと思う。ドラムもベースもこんなに音が入ってたなんて知らなかったよ。。。(^_^;)

Volume1を探さなきゃ!(笑)それと「BEATLES ONE」も買ってみようかな?

Posted at 18:52 in music

May 30, 2005

BASIA

THE SWEETEST ILLUSION

ちょっとここで紹介するのをためらっていた一枚。BASIA(バーシア)の「THE SWEETEST ILLUSION」ってヤツ。BASIAって人は、マット・ビアンコというグループのボーカルで、これはソロ名義での1994年の作品だ。

ちなみに私はマット・ビアンコは知らない(笑)。このアルバムも実はジャケ買い(正確にはアマゾンのレビュー買い^^;)だ。女性の歌姫に関しては節操がないのだ、私は(^_^;)

実は、もの凄くイイのだ、このアルバム。買って一ヶ月経つが、ほぼ毎日聴いている。これだけ繰り返して飽きないんだから、気に入ってると言っていい。

一言でいって、お洒落な音楽。かなり私のツボにはまる音なのだが、どうも心のどこかで拒絶したくなる部分があって複雑な心境。

説明しづらいのだが、そう「アメリ」って映画の主人公のような、明るくキュートで同性にしか受けなさそうなヨーロッパ女性(笑)って感じがして(まったく根拠はない。大いなる勘違いかもしれぬ・・・)、なんか鼻にツンと来て素直になれない。(^_^;)

女性は好きな音楽だと思う。それも、異国のかわいらしい調度品を揃えて、ちょっとフリフリの服なんか着て、ルンルン♪とお菓子でも焼いていそうなメルヘンチックな乙女(←悪気はないのであしからず^^;)にピッタリな曲(笑)。



あーっ!、私は断じてそんな趣味はない!!ないってば・・・(;^_^A)

Posted at 23:06 in music

May 29, 2005

スナップ、運動会

下の娘(小5)の運動会を見てきた。

プログラムの最初の方で100メートル走があって、あとは昼まで出番がないので一度家に戻って来たのだ(笑)

今回、Caplio GXの新たな使い方を試してみた。フォーカスモードでスナップというのがあって、焦点距離を2.5mで固定して撮影することが出来るのだ。無限大のモードもあり、こっちだと5m固定だったかな?(うろ覚え^^;)

このモードの利点は、AF合焦をパス出来るのでシャッター半押し動作がいらない。使い捨てカメラみたいに、被写体にレンズを向けシャッター全押しでサクッと軽快に撮影出来るのだ。実に気軽でいつも以上にシャッターを押してしまった。(^_^;)

お手軽モードの練習なので、ISO感度もAUTOでカメラまかせ、絞りとシャッター速度もAUTO。露出補正だけ-0.7にしている。

さて、お目当ての100メートル走だ。一番手前に写っているのが我が娘である。あわてて撮ったのでワイド(28ミリ)になってしまった。これじゃ迫力がない。(^_^;)

練習のつもりで、他人様のお子達をテレ側(85ミリ)で狙った。これは難しい!ピントは甘いし、やたら粗い写真しか撮れなかった。縮小してだいぶごまかしているが、原寸だとかなり粒子が粗い。

う~ん、ヘタクソにもほどがあるなぁ~。(;^_^A)それにしても画像が汚い。もしかすると、デジタルズームになっていたのかもしれない(自爆)

お昼前にお弁当を持って再び小学校へ。今度はISO64固定、絞り優先AEでチャレンジ。フォーカスモードはスナップだ。だけどどうも思う通りにいかない。ピントが合ってないし、画像が粗い。60枚近く撮ったがほぼ全滅だった。(-_-;)

写真を検証してみると、どうも近くにピントが来ている。おそらく被写体深度は1メートルから3メートルの間と思う。

ふむ、「スナップ」なんだから当然か・・・(大バカ)

無限大で撮れよ。そりゃそうだよな~。今頃気づくなって!<オレ(^_^;)

Posted at 13:54 in camera

May 28, 2005

雑感

一日中仕事しながらのんびりと音楽を聴いていた。

T1953のせいだと思うのだが、ソースによって「チリチリ」って感じのノイズっぽい音が混じる。Eiに換装したせいかもしれない。そのうちに他の真空管を差してみて原因を特定しなくては。だけど、Eiの音を結構気に入っているので手持ちのヤツと入れ替えるのはイヤだ(笑)。ちょっと奮発してGEの5751でも買ってみようかと考えている。

普段は夜小音量で聴くことが多い。イメージとしては静かなバーで聴く洒落たBGMっぽい感じかな?(笑)流す音楽もついつい軽めのSmooth Jazzが多くなる。久し振りに日中音量上げてJ.Geils Bandの「Showtime!」をかけてみたら、これが全然良くない!ザワザワ、キンキンとうるさいばっかりですぐに聴くのを止めてしまった。う~ん、まだまだ思う通りの音が出ていないなぁ。。。(-_-;)

RUBYさん、やまださん、コウキさんに頂いたオーディオチェックCDを重宝して使っている。実は手持ちのCDだと思い入れが強過ぎて、冷静に音の良し悪しが判断出来ない事に気付いたのだ(自爆)。私より遥かに経験豊富な皆さんが自信を持って選曲された音楽は、システムを弄る度に「えっ!?」と耳を疑いたくなる位の変化を気付かせてくれる。RUBYさんのは知的で難解だけど美しい。やまださんのは生成りの自然さと男臭い厳しさがある。コウキさんのはワルっぽい(爆)。だけど不思議と一番日本人らしい感性がみえる。しかし、3名様共に大音量指向の音楽がお好きですな!(^o^)

「あっ、いい音で鳴ってるな~」と私が感じるのは、なぜかリスニングポイントから全然外れた位置で聴いた時が多い。変かな?(^_^;)お店とかでたまに音の通りが良いBGMが聴こえたりするとSPを探してしまう。するとBOSEの301だったという事が多いかな(笑)。良い音ってのは、離れた場所で聴いても良く聴こえるような気がする。というか、気合入れてリスニングポイントで分析的に聴こうとすると、どこか全体が見えなくなってしまうのかもしれない。これは修行がまだ足りないということなのかな?(^_^;)

Posted at 23:28 in audio

May 27, 2005

御影石

御影石のオーディオボード

お友達のぴーさんから、スピーカーの下に敷く御影石のボードを頂いた。アメリカ産のダコタ.マホガニーという種類の石と聞いた。寸法は、30x450X400だそうだ。

家に帰ってから速攻で敷いてみた。スピーカーを退けて石を敷き、台を置いてスピーカーをのっけて、裏に回って線を繋いだら汗だくになってしまった。福岡は既に蒸し暑いのだ。(^_^;)

さて効果のほどだが、確かに音が変わった。全体的にすっきりと鳴っている感じ。前より明瞭に音が聴き取れるように(私は)感じた。

試しにEBTGの「WALKING WOUNDED」をかけてみると、打ち込みのドラムにキレが出て、かなりノリが良くなっている。「このアルバムは大音量が気持ちいい!」って話が、初めて理解出来たような気がする。

なんかちょっと進歩したみたいでうれしい♪(爆)

ぴーさん&ちーさん、ありがとうございました。大切に使わせていただきます。m(__)m

Posted at 21:34 in audio

May 25, 2005

近所をスナップ

昼下がり、Caplio GXを片手に食事へ出かけた。もの凄く良い天気で気持ちがいい。

去年出来た都市高速のインター付近。コイツが開通して通勤が非常に楽になった。今までは片道12キロに一時間近くかかっていたのが、都市高に乗ればドアtoドアで20分。お金さえ払えば、うっとおしい信号やむかつく自転車とかバイクがいない快適なロード環境が手に入るのだ。無駄と知りながらついつい金で快適を買ってしまう。早起きすればいいだけなのに・・・(^_^;)

最近好きな、ワイドなマクロで狙った構図(笑)。ピントさえちゃんと合っていれば、コンパクト機とはいえ結構いい感じに撮れると思うのだがどうだろう?久し振りにオリジナル画像を公開しておく。例によってサイズが1.8MB(2592x1944)あるので、物好きな人以外は近寄らない方が無難だ(笑)。

広角レンズに限って使う分には高価なデジタル一眼は必要ないように私は感じている。私の腕じゃめったにないが(汗)、バシッとピントが合った時のCaplio GXの画像はかなりな品質だと思うのだ。

しかしながら、カメラというものは難しい。フルオートのコンパクトデジカメを使っているのに、ピンボケ、手ブレを量産してしまうってのはどういうワケなのだろうか?(;^_^A)自慢じゃないが、その昔マニュアル一眼(CONTAX 167MT)を使っていた頃の方が、まだ成功率は高かった(50歩100歩ではあるが^^;)。

Caplio GXはファインダーがクソで使いものにならない。かといって液晶も画質が悪く、せいぜいフレーミング程度にしか役に立たない。ほとんど勘で撮影しているようなものだ。

AFもどうもアテにならない。これは私の使い方が悪いのかもしれないが、どっちにしろ癖があるように思う。

どうせ勘で撮るしかないので、これからはマニュアル撮影で使い込んでみるつもりだ。

Caplio GXで物足らなくなったら、レンジファインダーのEPSON R-D1が欲しいと思っている。

Posted at 20:18 in camera

May 23, 2005

修理完了

サウンドハウスから、ZAOLLAのケーブルが帰ってきた。

伝票をみると、修理代と書いてある。送られて来たケーブルは確かに新品には見えない。私が送った未包装のヤツだ!

わざわざケーブルを修理したのか!?(結構ビックリ)

サービスレポートには、「誤配線を確認しました」「配線修正し導通テストを行いました」となっている。ふ~ん、もしかすると意外と簡単に直せるものなのかな?

いやいや、それより誤配線の不良品なんかが市場に存在したこと自体に驚いてしまった。特注でもなんでもない、メーカー品番が付いた安いケーブルなのにねぇ。梱包前に品質チェックとかやってないのかな?とつい疑いたくなってしまったよ。。。(^_^;)

ま、とりあえず無事にケーブルも使えるようになって早速FOSTEXと繋ぎ替えて聴いている。こころなしか出てくる音が増えたような気がするような。。。今まで気づかなかった細かい音が気になる。ボーカル位置もはっきりしたような感じがするかな。

あくまで気がするだけだけど・・・(^_^;)

少なくとも替えて悪くはなっていないから、よしとしよう。(とてもいい加減^^;)

Posted at 23:51 in audio

May 22, 2005

カンヅメ

次の納品が近い。いや、実はもう締切を過ぎているのだが、金曜日に先方へ断りと期限の延長を泣きつき申し入れ、昨日、今日と自室に篭って音楽を聴き本を読んでいるパソコンの前に座っている。

金曜日、久し振り(今年初!)に飲みにいった。一次会は赤坂にある寿司屋。半年振りに会った仕事上の知人達との話の折に、オーディオ道楽を再開したと打ち明けたら「何をいまさら物好きな・・・」と呆れられた。(^_^;)

二次会のいつもの西通りにあるスナックでは、カラオケに興じた。普段より年代が高めの客層だったので、ついついウケを狙って演歌を披露したところ、「オーディオに凝って一体何聴いているのかと思ったら、演歌だったのか!」とさんざんな追求にあった。いい年してオーディオを趣味とする者は、クラシックかジャズを嗜むもので、さもなければ美空ひばりに傾倒するものらしい(笑)。私にはどれも良さがいまいちわからないモノばかりなのだが・・・(^_^;)

更についていないことに、店内にいた50がらみの目つきの悪い鋭いどっかの社長さんが妙にからんで来て、「おまえは姿勢が悪い」だの「態度がなってない」だのとイチャモンをつけて来る説教を垂れる。「人と話す時は相手の眉間に眼力を集中せよ」としつこく迫られ実に閉口したのだ。私はあなたの目つきが怖い嫌いだったので避けていたのに・・・(;^_^A)

何が気に入らないんだか知らないが(カラオケでつい張り合ってしまったので、プライドを傷つけてしまったのかも^^;)、連れの顔見知りだったので適当にニコニコ笑って受け流しておいた。

まあその手の輩に絡まれてしまう威風のかけらもない私も問題なのだろう。実年齢と見た目とのギャップがあり過ぎるとは自覚もしている。しかし、この年になってまで二十歳そこそこの青二才みたいな扱いを、それも多少は人を観る目も出来ていそうな大人から受けるのはちょっとおもしろくない。だいたい自分より若い相手はみな下風に見下す人間にロクな奴はいないのだ。仕事がらみの相手なら、とことん痛い目に会わせてやるところだ。人を見かけだけで判断してもらっては困る。あの場で一番辛かったのは私の連れだっただろう。。。

風采の上がらない男っていうのは、一緒にいる者達の品位まで下げてしまう。所詮人の役に立たない二流品でしかないのだ。だから私はあまり人付き合いに積極的ではない。私を良く知り、その上で声を掛けてくれる少数の知人友人がいるのだから、いまさらイヤな思いをする必要もないと思っているのだ。

「世の中の人は何とも云えばいへ 我がなすことは我のみぞ知る。」坂本龍馬

いい年こいたおっさんが支えとする語録ではない(自爆)。外見もだが、中身も未熟なまま成長が止まっているようである。(^_^;)

Posted at 22:04 in diary

May 20, 2005

進化?それとも退廃??

今年初めから揃え始めた我がメインシステムも、一応プリアンプを導入してひとつの形になった。

整理の意味で今の機材を書き出してみる。

  • SP: Pionner S-LH5a(中古)
  • Pre: BEHRINGER T1953改?(真空管をEiに換装)
  • Power: BEHRINGER EP2500
  • CDP: Pioneer PD-HS7(中古)
  • Cable(CDP-Pre): FOSTEX 2PCO-30 ※ZAOLLA ZRXM3に交換予定
  • Cable(Pre-Power): CANARE EC015-B
  • Cable(SP): SPACE&TIMES Prism OMNI-8

ここまでの投資額は17~18万といったとこだ。気のきいたミニコンポが買える値段か・・・

さて、結果ミニコンより良い音がするのかというと、正直どうだろう?と思っている。私が好きな音で鳴っているのは間違いないのだが、まっとうなオーディオ装置で聴ける音からはズレてしまったと感じているのだ。

今の音はPA設備の音なのだ。お店とかで、天井から流れてくるBGMの音。ちょっとしたイベントでステージから聞こえて来る音。

自分が好きな音を追っかけていたら、どんどんHiFiオーディオから離れていた。(^_^;)

まだ今の音に満足したわけじゃない。もっとシャープに、隅々までピントの合った音にしたい。もっと生々しい音を出したい。

次はチャンデバを導入してマルチに逝こうかなと密かに考えている。。。

私の目標は、ウチのMDラジカセに負けない音を出すことにあるのだ!まだ家族からは認めてもらえない。「喧しい!」「カッコ悪い!」「ゴミ!」「クズ!」「お金の無駄!」という評価をなんとしても覆さなければいけないのだ。

目指すは、「高級ラジカセサウンド」なのである・・・(自滅)

Posted at 12:35 in audio

May 18, 2005

続々、T1953

久し振りの自宅勤務。まずはZAOLLAのケーブル不良の件でサウンドハウスに電話。「着払いで送り返してくれ。」と言われ、最寄りの佐川に持ち込んで発送して来た。

家に戻るとAirMailが届いていた。T1953を購入する際、同時に注文していた真空管である。買ったのはBOI AudioWorksってとこだ。

こうなると仕事どころじゃなくなる(爆)。早速真空管の差し替えを試してみたのだ。

T1953の天板を開けた写真

T1953の天板を外した写真だ。天板は両側面と背面上部のネジを外せば取れる(ちょっと固かったが^^;)。中身はすっからかん。あっさりしたものである。

真空管は写真の右下部分にある。ゴム製のストッパーが上部にはめてあった。プロ用なので移動時の衝撃防止の為だろう。真空管の背後には電球が付いている。これは真空管が光っているように見せるギミックだ。私には邪魔なモノだと思えたので取っ払ってしまった(笑)。

12AX7A 左はT1953付属の球。右はEi 12AX7AEi

さて、本題の真空管である。T1953に使用されているのは12AX7Aというヤツだ。ギターアンプなどで普通に使われているものらしい。

写真左側がT1953に付属していた球だ。ベリンガーの名前がシルク印刷されていて素性がよくわからない。(^_^;)いずれにせよこれは音が好みじゃなかったので不採用だ。

新たに仕入れた球は3種類。簡単に入手出来る安価なものばかりだ。(^_^;)

  1. Ei 12AX7Ei Silver Bullet
  2. Electro-Harmonix 12AX7EH
  3. Sovtek 12AX7LPS

Eiがユーゴスラビア製で、あとの2つはロシア製である。ちなみにお値段は上から順に安い。

聴き比べは、最近の愛聴盤であるRAMJAの「甘い生活」で行った。やる前は「気になる程の違いは出ないんじゃないか?」と半信半疑な気持ちだったのだが、これが予想以上に音が変わる。かなりおもしろい実験となった。

エレハモの球は付属のヤツに似通った音。地味というかおとなしい印象を持った。私の好みではない。

Eiが予想外だったが一番私の好みだった。とにかく元気に鳴る。明るく華やかなのだ。もしかすると下品な鳴り方なのかもしれない・・・(^_^;)

Eiは一番安かったし、造りも最悪だった。写真の右側に写っているのがEiの球だ。見てわかると思うが管が歪んでいる。外見だけならベリンガーの方が立派に見えてしまう。

Sovtekの球は、エレハモよりマシだがEiの音と比べるとイマイチに聴こえた。

というワケで、聴き比べた結果は

  Ei > Sovtek > Electro-Harmonix = T1953付属

という風になった。

もちろんこれは私の独断による評価であり、信頼度はかなり低いことは間違いないので注意していただきたい。

めでたくEiに換装したT1953は、私のお気に入りになった。EP2500直結より確実に好きな音に近づいたと思う。J-POPを聴くのに向いていそうだ。

どうも音が低俗な方向に向かっている。。。(;^_^A)

Posted at 22:08 in audio

May 17, 2005

続、T1953

BEHRINGER T1953 WARMTH METER

丸一日通電したT1953を再度聴いてみた。うれしいことに昨夜感じたバランスの悪さは消えていて、EP2500直結の時と遜色なく鳴ってくれた。

ひとまずホッと一安心である。折角買ったのにいきなりお蔵入りだと、いくら安かったとはいえ良心が痛む(笑)。やはり慣らし運転は大事だなと改めて感じた次第である。

音の方はまだよくわからない。EP2500直結より上品になったかな?というのが素直な感想である。乱暴に書けば、PAの音から家庭用オーディオの音に近づいたといった感じか。。。

これは私にとって良い変化ではない。EP2500直結の音には力がある。パワー感というのはそれだけで結構魅力的なものなのだ。T1953を通すと音の舞台が広くなった気がする。それはいいことだと思う。だが、一音一音がなんか優しいのだ。

ちょっとソフトフォーカスがかかった感じと言えば伝わるだろうか?私としてはもっとエッジを立たせた音の方がいい。なんか聴いていて物足りないのだ。

もうしばらく聴き込んでみないと判断出来ないが、とりあえずはこのまま繋いだままでいけそうな感じである。

Posted at 23:30 in audio

May 16, 2005

BEHRINGER T1953

さて、思うところのプリアンプ到着である(爆)。実は、つい魔が差してベリンガーのT1953を購入してしまったのだ。あまりに安いので、失敗しても腹立たないだろうという安易かつ実に無駄遣いな着想である。(^_^;)

BEHRINGER T1953

まずは繋いでの第一印象。T1953にはレベルコントロールが付いていて、信号レベルを+/-20dBの範囲で調整できる。出来るのだが、レベル調節つまみを目一杯絞って(-20dB)も無音にはならないのだ。知っている人には当たり前のことなのだろうが、一般のオーディオ装置しか触ったことがなかった私にとってこれは大いなる誤算だった。

-20dBではEP2500(パワー)の入力ゲインは申し訳程度にしか上げられない。これではプリを導入した意味がほとんどないのだ(汗)。

次にT1953を通した音だが、現時点では「う~む」と首を捻りたくなる結果なのだ。全体的にバランスが変わった感じがする。うまく表現出来ないのだが、なんか聴いていて耳障りなのだ。このアンプにはWARMTHコントローラという高倍音を付加する機能があるのだが、こいつを強めにかけるとますます音が汚くなるようでとても使う気になれない。

T1953は本来マイク用のプリアンプであり、私みたいにオーディオ用として使うのが間違いなのかもしれない。とにかくもう少し使ってみようと思う。

Posted at 22:52 in audio

小物

随分とご無沙汰していたオーディオネタである。

ちょっと思うところがあって、サウンドハウスで買い物をしたのだ。木曜の夕方に注文してその日のうちに発送、今日には届いた。さすがに早い。

ZAOLLA ZRXM3

まずはケーブルである。ZAOLLAってメーカーのXLR-RCAケーブル(0.9m)、品番はZRXM3R(W)。一本3,500円だった。

コイツ、コネクタ部分がチャックになっていて締めるとガッチリ固定出来る。プロ用なら当たり前なのかな?今まで使っていたFOSTEXの安物と換えてみたのだが、音の違いはよくわからない。(^_^;)

それよりも、なぜか片方のケーブルが繋いでも音が出ないのだ。チャンネル入れ替えてもだめなので断線しているのかもしれない。これは交換だな・・・(T-T)

FURMAN SS-6

もうひとつは電源タップ。これはFURMANってトコのSS-6ってヤツだ。コンセントが6口ついている。値段は2,400円とバカ安♪

業務用だからだろうか、電源ケーブルが4.5mと異常に長い。早速使おうと思ったのだが、電源プラグが3口で壁コンに刺さらない!明日にでも変換プラグを買ってこなければ・・・(^_^;)

せっかく届いたのに、結局どれも使えなかったのは悲しい。

Posted at 00:06 in audio

May 12, 2005

ジル・スコット

Beautifully Human

少し間があいてしまった。GWも終わり、日々の仕事をこなすのに精一杯で、のんびり音楽聴こうとかネット散策しようなんて気分じゃなかったのだ。今日やっと早く帰宅出来たので、EP2500に火をいれている。

聴いていたのは去年リリースされたジル・スコット(Jill Scott)の2ndアルバム「Beautifully Human: Words And Sounds Vol.2」ってヤツだ。ソウルにカテゴリ分けされているようだが、特にフィリー・ソウルというジャンルに入るらしい。フィリーとはフィラデルフィアのことを指しているんだとか。

曲の感じは大人の音楽といったとこだ。とにかく落ち着きが伝わってくる。感情が見事にコントロールされていて、熱くもなく冷たくもなく、なんというか悟り切った人の歌といった感じ。

正直なところ、私には響いて来るものがなかった。前作でグラミーを獲った人だし、ネットでもかなり評判良いアルバムなのだが、どうしても途中で飽きてしまって最後まで聴かない。

我こそは成熟した大人だ!という方にお薦めするか。。。(笑)。

Posted at 22:44 in music

May 08, 2005

福岡天神・中洲

性懲りも無く写真をアップ。ただしGW中のストックだ。(^_^;)

福岡随一の商業地区、天神でのスナップ。広角レンズらしい作品に見えれば幸いである。

天神地区のメインストリート、渡辺通り。右手の建物は福岡三越で、左側の茶色いビルが博多大丸である。

なんてことない一枚だが、ビルが道路を取り囲んでいるような感じがしてなんか好きだ。広角レンズは一杯情報を盛り込むことが出来るのがいい。

これは那珂川沿いにある東急イン。手前にサインを置いて広角らしい遠近感を出してみたつもり。泊まったことがある方は懐かしんで欲しい(笑)。

西中島橋からキャナルシティを望む。右側にちょこっと写っているのが上の東急イン。川(那珂川)の左岸が中洲である。一番奥の方で櫓みたいなモノで隠れている建物がキャナルシティなのだが、このサイズでは識別不可能だ。。。(^_^;)

Posted at 22:15 in camera

May 07, 2005

駄菓子屋

小学生時代、通っていた学校の周りには駄菓子屋が3軒あった。

約30年ぶりに訪れてみると、内2軒は既に取り壊されて普通の民家になっていたが、学校から一番近かった店だけは、奇跡的?にそのままの姿で建っていた。

懐かしい?そうは思えなかった。死んじまってる建物に温かみなんか感じない。ただ寂しいだけ・・・

Posted at 23:52 in camera

May 06, 2005

モアイ像

最寄りの駅前にあるカラオケ屋のモニュメント。

Posted at 23:20 in camera

May 05, 2005

ヒストリック・カー

GW最終日。遊び疲れからかつい昼寝をしてしまい、気づいたら一日が終わっていた。(^_^;)

というワケでネタがない。撮り溜めた写真がかなりあるのですこし放出することにする。

散歩の途中で見かけた車。古い国産車だということはわかる。しかし私の記憶にない車種である。

非常に良い状態だったので、他人様の車庫と知りつつ無許可で入り込み盗撮してしまった(笑)。

60年代のモデルだろうか?デザインがまだ外車の模倣から抜け出していない。

良く見ると、後付けっぽいウィンカーが。ワイパーも左ハンドル仕様のようだ。海外からの逆輸入車なのかもしれない。

エンブレムに「DATSUN」の文字が見える。リアの画像があれば車種が特定出来たのだろうが、他人の目を気にしながらこそこそと撮っていたので、これ以上の情報はないのだ。もっとちゃんと細部を確認しておけばよかった。

Posted at 21:01 in camera

May 04, 2005

三瀬どんぐり村

今年のGWは実に精力的に出掛けている。

おかげでCaplio GXもフル活動だ。ここ数日で300枚は撮影した。

天気が良かったせいもあるのだろう。やはり晴天だと写真の出来栄えが良くなる。腕が未熟でも、安物のコンパクトデジカメでも、シャッターさえ押せばここにアップしている程度の写真が撮れてしまうのだ。

最近のデジカメってホント凄いわ・・・(感心)。

さて、本日は佐賀県三瀬村にあるどんぐり村というところへ行って来た。娘の強い要望「ローラースケートしたい~!」に押し切られたのだ。(^_^;)

子供ってヤツは状況判断というものが出来ない、と言うか単に浅はかな生き物である。GW真っ只中に著名なレジャースポットへ行こうとすると、大渋滞に巻き込まれるのは必至だ。施設内も大混雑で、お目当ての遊具に乗れる保証なんてどこにもない。

「この前は平日におじいちゃんと行ったから一杯遊べたんであって、今日はGWなんだから無理だと思うよ。」と言い聞かせも、ガンとして耳を貸さない。(;^_^A)結局こちらが折れ、いつもの倍の片道2時間も費やして現地に辿り着いたのだった。

入場ゲートから入ってすぐのところ。単なる山腹の自然をそのまま利用した遊び場にしては洒落た造りである。しかし予想通りの人、人、人。。。(^_^;)

敷地内の大半はこんな感じ(笑)。「ご自由に遊んでください♪」とバトミントンにドッチボールにサッカーボールまで貸してくれる(有料だが)。雄大な景色につい走り出したくなりそうだが、渋滞疲れでとてもそんな気分にはなれない。(^_^;)

とにかくローラースケートのコーナーへ行ってみたが、靴の貸し出しに長蛇の列が!(汗)しばらく並んではみたものの、いつまでたっても行列は進まず気が遠くなりそうになった。そのうちに肝心の娘が自ら「今日はもういい。」と断念してくれたので、代わりに回転の早そうなアーチェリーを体験したのだった。

食事処が軒を並べるエリア。もう信じられない人の数である。(>_<)「こんなもん、普通だよ。」と思われる方もいるとは思うが、私は人ごみが大嫌いなのだ!

食べ物を買うのに整理券をもらって待たなきゃいけないなんて・・・、私には我慢ならない。なのに嫁さんは自家製ワインをちゃっかり飲んでるし、娘は特産地鶏の特大焼き鳥を根性でゲットして頬張ってるわ。。。

オンナの食い物に対する執念ってヤツはスゴイ!(;^_^A)

ちなみに息子はつつましく、コーラだけを手にそこいらじゅうを駆け回っていた(笑)。

その頃私はというと、やっと解放されて一人カメラ片手に被写体を探してウロウロ(爆)。ここの施設の建物がなかなかおもしろい形をしていて、写真映えしそうな気がしてウズウズしていたのだ。

ぱっと見ガウディっぽく感じる。実際は全然安っぽくて似ても似つかぬといったところだろうが、天気の良さにも助けられて、一瞬だけ気分はスペインに来た感じ(爆)。

こんな構図じゃ、一体どこの写真なのかわからないではないか!(自爆)

ついRを強調したくなって撮った一枚。

Posted at 23:31 in camera

May 03, 2005

博多どんたく

今日も予定なし。昼になり家の中でゴロゴロするのに耐えられなくなって、いそいそと散歩に出掛ける準備を始めた(笑)

嫁さんは「寝る!」との一言を残し2階へ。ガキ共は「付いて行く~!」と言いはしたものの、家を出る直前に息子は「いってらっしゃい」とTVを眺めながらお見送りモード。とりあえず付いて来た娘も、100メーターも歩かぬうちに「やっぱ、お友達と遊んで来るね~♪」と明るく言い放っておとうさんを置き去りに。。。(^_^;)

独り寂しく、だけど身軽になったので、フラフラと最寄の私鉄駅まで歩く。すると広場で博多どんたくのイベントが開催されていたので、「どんたくの写真でも撮るか!」と急に思い立って電車に乗り天神まで足を延ばしたのだった。

「どんたく」は節操のないお祭りだと思う。繁華街の目抜き通りを封鎖して、多種多様の出し物がひたすらずらずらとねり歩いていく。ただ見ているだけでは実につまらない。今回は写真を撮るという目的があったから来たようなものだ。

しかし、動く被写体を撮るのは難しい。どんたくのようなパレードを撮ろうとすると、いったいどこにピントを合わせたらいいのかわからない。(^_^;)

AFは全然役に立たなかった。適当に置きピンで撮ったのだが、結果はピンボケの量産だった・・・。数少ないまともなヤツだけアップしている。

これが今日のベストショット。踊っていない被写体は実に楽だ(爆)。笑顔がとても素敵なおねえさんだった。シャッターを押す指にも魂がこもったのか、バシッとピントも決まっていい出来だ。

ついつい目線が人を追いかけてしまう。だからだろうか、今日の写真は大部分がズームのテレ側(0.8倍ワイコン付なので68mm相当)で撮った。

上の写真は貴重な広角での作品だ(爆)。山車より背景のビルが目立っているのはご愛嬌である。

「どんたく」らしいショットも入れておく。地元博多のどんたく隊といえば、しゃもじを手に踊るのがお決まりなのだ。

悲しいことに年配の方が多いので、いまいちカメラを向ける気が起こらない(笑)。やはりピントも甘くなっている。。。

Posted at 22:10 in camera

旧きもの、新しきもの

かなりヒマだったので、散歩も意図せず長いものとなった(笑)。2時間は優に費やしたと思う。

家から目と鼻の先なのに、町並みは随分と変わっている。新しい家屋敷が立ち並び、知らない小道が生まれている。そんな中、昔懐かしい住居もひっそり残っていた。

たしか文化住宅とかいう名だったか・・・長屋風の建物だ。こんな感じの安っぽい家が子供の頃は結構あった。似たような家に友達が住んでいて遊びにいった記憶が残っている。

今見ると相当貧相な家である。だけど当時(30年以上前か)子供の目にはハイカラに見えて、住んでいた友達がうらやましかったという記憶が蘇ってくる。その頃私が住んでいた家は、築20年を優に過ぎた安普請のオンボロで、風呂は石炭で沸かしていた。

この棟には人が住んでいない風だったが、同じ長屋で生活している人の気配が気になって早々にカメラをしまってこの場を立ち去った。(^_^;)

昼飯を食べるのも忘れて歩き回ったので、一旦国道沿いに出てチェーン店のうどん屋に入り、空腹を満たした。

店を出ると、すぐ近くを流れる小川が護岸整備されてちょっとした公園に生まれ変わっていた。どうも福岡市の環境事業の一環らしい。

こんなチンケな川にはもったいなく思えるほど立派な橋梁が架かっている。思わず写真を撮ってしまった(笑)。

こんなサインまで設置してあった。「あんたがたどこさ」と書いてあるのだが、これは童謡(手鞠り歌?)の歌詞なのだ。こちらでは有名な謡ではあるが、元は熊本県発祥なのである。(^_^;)

ちなみに歌詞の中の「にてさ やいてさ たべてさ」の部分は、私達の頃は「煮てさ 焼いてさ 食ってさ」と歌っていた。時代の流れで言葉遣いも矯正されたようだ(笑)。

Posted at 09:22 in camera

May 02, 2005

照天神社

散歩は続く(笑)。家から一番近い神社まで足を延ばしてみた。照天神社というところだ。

ここが神社へ登る石段の入り口である。見ての通り、とても狭い。小さな小さな神社なのだ。古くからここに住む人々しか知らないような、世間から忘れ去られた聖域である。

実は私も上まで登ったのはこれが初めてである。(^_^;)

子供の頃から存在自体は知っていたのだが、校区が違い私達のテリトリ(遊び場)ではなかったので、なんとなく近寄らなかったのである。

狛犬。結構シャープに撮ったつもり・・・なのだが、縮小してしまうと平凡な写真になっちまった。(^_^;)

お清めの手洗い場。風情のない錆びた水道管が侘しい(笑)。これも結構シャープに撮れたのだが、縮小してしまうとつまらない。。。

帰りに石段の上から撮った。新しい家が随分と増えている。

元々ここら辺は農家が多く、周囲は田んぼだらけだった。この照天神社も地元のお百姓さん達の信仰対象だったのだろうと思う。

祭られているのは、伊邪那岐大神(イザナギノミコト)と伊邪那美大神(イザナミノミコト)の両神である。なかなかミーハーなのだ(笑)。

夫婦神ということで、ご利益の方は縁結び夫婦和合ということらしい。夫婦和合とは性交渉のレベルアップか!?(爆)

ちゃんとお賽銭あげてお祈りして来てよかったよ~♪(^o^)

Posted at 18:51 in camera

近所の公園

嫁さんは仕事、ガキ共も学校に行ってヒマな一日。昼過ぎになって天気も良くなったので、食事がてらCaplio GXを片手に近所を散歩することにした。

今回も22mmワイコン付きだ。晴れてはいたが、黄砂の影響なのか霞んだ空模様だった。

陶器製の椅子。なんとなく雰囲気があっていい感じだったので撮ってみた。

ザラッとした感じが表現出来ているかな?

こっちはちょいとトリミングしてみた。並んだ感じのおもしろさを強調させてみたつもりだが、どうだろう?

こういった錆びれた被写体は、ついつい撮ってしまう(笑)

でもあまりおもしろくなかった。(^_^;)

ツツジがきれいに咲いていた。WEB用に縮小するとボケてしまってイマイチな写真になってしまった。。。

Posted at 17:17 in camera

May 01, 2005

甘い生活

甘い生活

去年秋のデビューシングル「月と遊泳」を聴いてからずっと注目して来たRAMJA(ラムジャ)の待望の1stアルバム、「甘い生活」が4/20に発売になった。

さっそく手に入れ、ここ数日聴いている。期待通りの秀作だ。

歌い手さんにはそぐわない話題かもしれないが、私から見て彼女は好きなタイプの女性ではない。美人じゃないように思う。ちょっと怖いのだ。(^_^;)

私は徹頭徹尾、小柄で色白のかわいらしい女性が本能的に好きなのだ。RAMJAのような褐色の肌をまとったスレンダーな女性には性的魅力を覚えない。

生理的に好みじゃない。だが、彼女の歌にはそんな個人的な好き嫌いなんかぶっ飛んじまう魅力とパワーを私は感じる。魂を揺さ振られるような力が彼女の歌声には備わっているようだ。

RAMJAのパフォーマンスにはレゲエに通じる熱さがある。声に熱気を、血液の熱を感じる。そのあたたかさに彼女の持つ母性が見えるような気がする。

作品自体は普通のJ-POPだと思う。だから他人にも薦めやすい。多くの人に受け入れられる音楽だと思う。だけど、彼女の表現力が平凡レベルを突き抜けているので、とてもインパクトの強い作品になっていると私は評価する。

しなやかなネコ科の猛獣。そんなイメージなのだ、RAMJAは。

Posted at 21:29 in music

グリーンピアなかがわ

GWである。昨日は家族で焼肉を食べに行き、勢いでカラオケへ。夜中12時まで大騒ぎしたのであった(笑)。

そして今日。「温泉に行きたい!」という嫁さんの強いリクエストに逆らえずお出かけ。(^_^;)近場で済まそうと隣町の那珂川町へ足を延ばした。

カメラはもちろんCaplio GXである。ワイコンは付けっ放しで撮影した。天気が悪く出来栄えはイマイチ・・・(汗)

温泉の前にガキ共が楽しめる場所へ。那珂川の上流、南畑ダムの上にあるグリーンピアなかがわに立ち寄った。

ここは山の斜面を利用して造られた遊び場である。山頂まではペアリフトで登り、下りはスカイダーという名のそりみたいな遊具で降りて遊べる。スキー場と同じ様に一日リフト券があり、小学生なら600円で乗り放題だ。あと、草スキー場もある。

ガキ共は草スキーをやりたがったが、ちゃんとした板を履いてやる本格的なやつだったので諦めさせてローラースケートにした。30分200円で靴と防具が借りられる。借りた靴はローラーブレードとかいうモノで、滑車が縦一列についていてアイススケートの靴に似ている。

娘は何度か友達に借りて遊んだことがあるらしく、上手に滑っていた。息子は初体験だったそうで、何度も派手に転んで汗だくになっていた(笑)。

ひとしきり遊んだ後、那珂川を下り最近オープンした「清滝」という温泉場に立ち寄った。ここは入浴料が大人1,200円(一日券)とちょっと高め。洒落た雰囲気で大人向けの施設のようだ。

ちなみに時刻は午後7時近くで、かなり薄暗くなっていた。ISO400まで増感して絞り解放(F2.5)で撮ったが、シャッターは1/15程度で手ブレのオンパレードだった。(^_^;)

Posted at 01:36 in camera

Apr 26, 2005

感度低め

ちょっと全てのことにやる気が失せている。

仕事は追われるがままに、目の前の課題を消化している。音楽もメインシステムの方は聴かない日が多くなった。auratoneですら鳴らさない日もある。というか、家でパソコンの前に座っている時間が極端に減った。カメラもしばらく手にしていない。

ぐっすり眠りたい。そんな欲求を覚えるのだが、なかなか充実した睡眠が取れない。寝る暇がないほど忙しい時期はとりあえず乗り切って一安心といった絶好の休息タイムなのに、どうも寝付きが悪くすっきりしないのだ。

あと少し我慢すれば、まとまった休みが取れる。少しリラックスしたい。余計な力みがどこか心身に溜まっているような感じなのだ。

Posted at 23:33 in diary

Apr 24, 2005

冷却水

仕事に追われて一ヶ月サボッていたソフトバレーの練習にやっと参加してきた。

今回初めてガキ共を体育館に連れていった。最近バトミントンに夢中なヤツラの相手もままならなかったので、ちょっと家族サービスのつもり(笑)。

練習の合間にバトミントンにも付き合ってやる。さすがに息子は中学生になったのでそこそこ相手になるが、まだまだ私の敵じゃない!とはいえあと何年優位な立場でいられるか・・・。部活でバトミントンをやるみたいだから、あと半年もすれば敵わないかもしれない、(^_^;)

練習が終わって家に帰り、昼飯を食ってから今度は嫁さんのリクエストにお応えして買い物に付き合う。新しい掛けぶとんとか座布団やら山の様に買い込んだかさばる品物を、後部シートを倒したフリランの広大なラゲッジスペースに押し込んで帰宅。

ついでに買ってきたウォッシャー液を補充しようとフリランのボンネットを開けると・・・、またしてもラジエーター冷却水が空になっていた。

前回補充したのが半年前。特に漏れている風にはみえないが、ちょっと減りが早い気がするのだ。

フリランの冷却水タンクは結構目立つ位置に取り付けられている。エンジンを回している状態だと、赤い冷却水がボコボコ沸騰している様子がよく見えるのだ。

というか、普通の車はこんな風に冷却水が煮えたぎっていなかったと思うのだけど・・・(^_^;)

とりあえず冷却水は補充しておいた。もうしばらく減り具合を観察することにしよう。

Posted at 23:14 in freelander

ミッションクリティカル

今日、トレンドマイクロのウィルスバスターでパソコンが動かなくなる障害が起きたらしい。

最新のパターンファイル(ウィルスを検知する情報ファイル)に問題があったようだ。適用するとCPUを100%使い切ってしまって他のプログラムがほぼ動かなくなるらしい。

トレンドのサイトで確認してみたら、この障害はWindows XPサービスパック2を適用したパソコンと、Windows 2003 サーバのみで起こるようだ。最新OSでだけ起きる問題ということなので、原因はテスト不足の可能性が高いように思う。(検証マシンを用意してなかったのか、単にテスターの怠慢かも)

まだ公式見解は出ていないが、トレンドマイクロの非は確実だろう。ウィルス対策ソフトがこれだけ普及した今、製造元の社会的責任は随分と重くなったのだなと改めて実感してしまった。かなりニュースで騒がれているようだ。損害賠償騒ぎに発展しそうな雲行きである

パソコン同士がネットワークで繋がれて、通信するのが当たり前になった。おかげで情報のやり取りが飛躍的に便利になったが、代わりに発生するトラブルも規模が大きくなり被害も甚大になった。たかが数千円のウィルス対策ソフトが、悪意は無いのに大企業の業務を止めてしまう爆弾になってしまうのだ。

これは怖い話だ。個人が普通に使用している市販ソフトと同じものを、ミッションクリティカルな業務を遂行している企業のパソコンでも採用している現実。

止めてはならないコンピュータには、もっと別な対策をとるべきではないのか?ウィルスソフトなんて不安定なソフトを使わなくてもよいように、外部ネットワークと遮断し無菌状態の中で運用するとかいった方策を検討すべきだと私は思うのだ。

トレンドに限らず世の中のウィルス対策ソフトメーカーは、今のままでは少なからず今回と同様の事故を引き起こす危険性を抱えている。過去にも更新ファイルの不具合による事故はあったし、実際に被害を受けたこともある。ただ今まで表沙汰になっていなかっただけなのだ。

パソコン用ソフトというものは、実はとても作り難い代物だ。他の家電などと違って、色んなオプションパーツや周辺機器が付けられるし、多種多様なソフトウェアがインストールされている。まったく同じ環境のパソコンなんかないに等しい。全世界のパソコンが一台一台オーダーメイド製品みたいなものなのだ。

そんな状況下で、「どのパソコンでも正常に動くソフトウェア」なんて現実として作れるワケがないのだ。ユーザーとして許される話でないことは重々承知しているが、市販のソフトウェアは「あなたの今のパソコンで正常に稼動することは保証しない」。あるソフトをアンインストールすれば動く。あるビデオカードを外せば動く。なにかを諦めないと使えない。あなたのパソコン専用に作られたソフトではないから、こればっかりは仕方ないことなのだ。

市販ソフトなんてそんなものだ。不特定多数に向けて開発されているから、多くのパソコン上で動かすことを目指してはいるけれど、全てのパソコンで動かそうとは思っていない。完璧を求めてはいないのだ。

ウィルス対策ソフトも市販ソフトだ。完璧じゃないソフトをミッションクリティカルな業務用のパソコンに入れちゃいけないのだ。動かなくなってもおかしくないソフトなんだから。。。

今回の騒動でシステムダウンしてしまった企業には、障害対策のやり方を見直して欲しいと願うものである。

Posted at 00:20 in diary

Apr 21, 2005

ブレーキパッド

ふと車のカテゴリがないのに気づいた。(^_^;)

思い立ったが吉日ということで、今の愛車ランドローバー・フリーランダーHSEのカテゴリを新設することにする。

こんな誰も知らないような割高外車(自爆)を転がしているのだから、車好きと人には思われているらしい。まあ確かに否定はしない(笑)。ただメカに強いかというと、これがてんで無知なのだ!メンテナンスはディーラーまかせ、社外パーツなんかを装着したりする趣味はあまりない。気に入った車を手に入れたら、何も手を加えずただ乗り回して喜んでいるライトユーザーなのだ。

さて、理由もなく車の話題を始めたワケではもちろんない。今日仕事で移動中に左前輪から異音を発するというトラブルに遭遇したのだ。

ブレーキを踏んだ時にゴゴゴッて音がする。そのまま運転していると段々異音がデカくなり、「なんかすご~くヤバい感じ」がして胸がドキドキしてきたので、仕事中だったが急遽ディーラーに駆け込んだのだ。

メカニック担当の人を捕まえて症状を話すと、「ああ、ブレーキパッドが無くなったみたいですね」と軽く応じられ、「結構走られてます?走行距離はどの位ですか??」と聞かれた。

おかしいのだ!新車で買ってまだ一年半。走行距離なんか、たかだか13,000キロくらいだ。こんなに早くブレーキパッドがなくなるなんて、いくら欧州車とはいえそりゃ早過ぎないか!?

そうメカニックさんに伝えると、「それはちょっと早いですねぇ。だいたい二万から二万五千キロくらいが交換時期ですから。。。」と首をかしげられた。

とにかく急いで見てくれるようお願いした。ブレーキパッド交換だと作業時間は一時間くらいだという。仕事途中なので一瞬悩んだが、車がないと身動きとれなくなるので仕方なく待つことに・・・

一時間後、やはりブレーキパッドが無くなっていたということで、パッドを交換して引き渡してもらった。メカニックさんに「ちょっと消耗がひどいですよねぇ。山道とかガンガン走られてます?」と聞かれたが、私にそんな趣味はない!(^_^;)

「なにか予兆というか、気になった事はありませんでしたか?」とも尋ねられて、そういえばサイドブレーキを引くと点く警告灯が、ブレーキを降ろしても点きっ放しになる時があるので、センサーの故障かなと思ってそのうち検査してもらおうと考えていたと答えたら・・・

「あぁ~!、その警告灯がブレーキパッド交換のサインなんですよぉ~!!




えっ、そうだったの?(;^_^A)

ブレーキパッドなんか今まで車検の時以外に交換なんかしたことないから、警告灯の意味なんか今の今まで知らなかったよ。。。(汗)

Posted at 23:35 in freelander

また地震

連日の睡眠不足で爆睡中の午前6時、震度5の揺れにたたき起こされた。

隣りに寝ていた嫁さんも起きて、「地震よ、大きい!」と私を呼んだ。揺れはなかなか収まらない。15秒ほど続いただろうか。やっと止まってホッとしていると、続けざまに震度4の揺れが襲ってきた。

せっかく余震も減って落ち着いてきたところだったのに・・・

嫁さんはそのまま起き上がってリビングへ。テレビのニュースを見にいったのだろう。私は構わず布団をかぶって寝直した。今必要なのは睡眠なのだ(笑)。

ニュースで交通機関が混乱していると伝えていた。鉄道も地下鉄も運転見合わせ。高速も通行止めだ。通勤手段が無くなった嫁さんをしかたなく車に乗せて、渋滞にはまるのを覚悟で天神まで送ることにした。

道路はバス専用レーンまで車が埋まっていた。走っているバスは満員。多分バスに乗れなかった人達が、ぞろぞろと歩道を歩いていた。彼らはいったいどこまで歩いたのだろう?最寄りの駅まで行っても電車は動いていないのに・・・。会社まで歩く覚悟だったのだろうか?

嫁さんを降ろして客先へ向かった。訪問先は震源地に近い博多埠頭近辺にあり、1ヶ月前の本震の時にはかなりなダメージを被った。今回の揺れでも壁に新たなヒビが入ったり、鏡や照明が落ちて割れたり、書類棚から資料が散乱したりとさんざんだったらしい。とりあえずコンピュータ関連は無傷だったのでほっとした。

昼になり食事を摂ろうと外に出た。するとみんなが空を見上げてなにやら喋っていた。

地震雲が出てる!」と。

私も空に目を向けた。すると筋状の雲が何本か西から東へ線を描いていたのだ。

飛行機雲にも見えるが、もしこれがそうだとしたら自衛隊の戦闘機がスクランブル発進したとでも言うのだろうか?(笑)一体どうやったらこんな雲が出来るのか想像もつかない。わからないからなんだか不気味な感じだ。

Posted at 00:11 in diary

Apr 20, 2005

ピンボケ

今日もネタなし。写真でごまかすことにする。(^_^;)

ところで、これは見てわかる通り失敗作だ。意図した部分にピントが合っていない。一番手前の花びらに合わせたつもりだったのだが、出来上がりでは後ろに来ている。

単に「腕が悪い」と言ってしまうと話が進まなくなる(笑)。この時50枚くらい撮影したのだが、どうも白い花にピントを合わせようとした時にAFがちゃんと働いていないような気がするのだ。

これはCaplio GX固有の現象なのだろうか?それとも一般的に白いモノにはAFが効かないものなのかな?

Posted at 00:19 in camera

Apr 18, 2005

懲りずに花

安易なネタで申し訳ない。トリミング作業が結構おもしろくて、いくつか作った分を披露してみたくなったのだ。

マクロな写真というのは、非日常的な縮尺ゆえに強いインパクトを感じる。この写真も元は小さなスミレみたいな花なのだが、拡大するとイメージががらりと変わっている。花弁の肉厚感とか、花粉の量感がこの写真から伝わるだろうか。

トリミングの正しい作法は知らないので、とりあえず好き勝手に切り取っているのだが、自分の中でひとつだけルールを制定している。切り取るサイズは1024×768ドットに限定しているのだ。それを1/2にリサイズしてアップしている。

どうでもいいのだろうけど、何が縛りがあった方が私は作りやすい。勝手にルールを決めるのがなんだかクセになっているのだ(笑)。

Posted at 21:24 in camera

Apr 17, 2005

花(おまけ)

WEB用に縮小するとどうも写真に迫力がなくなってつまらないので、見よう見真似でトリミングしてみた。これでもオリジナルの約半分のサイズだ。

このほうが質感があって良いように感じる。ボンヤリして見えるのは単に腕の問題(ピンボケ)か?(^_^;)

Posted at 17:57 in camera

チューリップ

仕事の息抜きで、懲りずに実家に咲いている花に挑戦(笑)。既に盛りは過ぎたらしいが、色んなチューリップを撮ってみた。

Caplio GX、ワイド(28mmマクロ)、絞り優先AE、ISO64、補正-0.7EV

チューリップ1

チューリップ2

チューリップ3

チューリップ4

チューリップ5

Posted at 17:10 in camera

Apr 15, 2005

ダウン

ハードスケジュールにどうやら身体が耐えられなかったようで、昨日ついに動けなくなってしまった。(^_^;)

仕事を早めに切り上げて夕方5時に帰宅。家には誰もいなかったので、寝室に上がってひと寝入り。。。のつもりが、そのまま朝まで気を失っていたらしい(嫁さん談)。

今日も体調はまだ戻らない。起きていること自体が辛いので、ずっと布団にくるまって一日を過ごしている。

なぜかこういう時って音楽を聴こうという気にならないのだ。演奏のパワーを受け止めるための体力が落ちているからかな?

まだ仕事は残っている。今日中には復活しなければ・・・

Posted at 17:09 in diary

Apr 14, 2005

中国ってのも情けない国だよな

どうもおもしろくない。中国での反日デモに関する報道の事だ。

北京での抗議に参加したのは多くが若者だったらしい。インターネットを通じて集まったとの報道が真実ならば、それなりの教養を持った人達のはずだ。

そのわりには、あまりにと言いたいほどの蛮行。北京には一万人ものバカモノが住みついているらしい。。。

私が昔一緒に仕事をした北京の中国人達は、断じてそのような無教養人ではなかった。あれから10年、中国の学生レベルも地に堕ちたかと思うと、暗澹たる気持ちで一杯だ。

国家教育の問題だとかいう解説も見聞きしたが、思想統制を云々言う以前に「他人のモノを壊す行為は認められない」って当たり前の事すら躾けられていないんだからあきれた話だ。そもそも躾ける側の中国政府自体が、自国のバカ共に「他人のものを壊しちゃダメ!」って言えないってんだから話にならない。

つまりはあれだ。公共の場、例えば電車とかバスで騒ぐアホガキを叱れない親。みかねて注意すれば逆ギレするバカ親。それと同じレベルなワケだ。そう言われても仕方ないんじゃないのか?>中国政府殿

ありゃ恥だ。中国は自らの恥を全世界に晒しているようなもんだ。オリンピックなんか開催する資格ないんじゃないのか?

日本のマスコミも甘い。妙に物分りの良さげな報道なんかやってるから、こちとら見てて気分が悪くなる。

どんな事情があるにせよ(歴史的経緯とかなんとかだが)、悪いコトは悪いんだからヘンにかばう真似はして欲しくない。物事に表裏があるのはわかってるが、報道ってのは不特定多数へ発信する情報なんだから、わかりやすく「表はこう」で「裏はこう」って色分けしなきゃ、誤解と混乱を呼ぶコトになると思うんだが。

というか、報道なんて「表の顔」だけでいいんじゃないか?「悪いもんは悪い!」とはっきり非難なり抗議する姿勢を見せないと、なんか日本人全部が弱腰に見られるような気がして不愉快になる。

こういう時こそNHKがガツンと言うべきじゃないのか?国営放送なんだからさ!

私ははっきりと言っておく。




「おまいら、きっちりワビ入れて弁償せいよ!!」

素朴な疑問なのだが、北京の日本大使館が暴徒の襲撃を受け、中国当局がそれを阻止出来なかった状況下で、なぜ日本政府は自衛隊を送り込まないんだ?

日本国民が異国で生命の危機に晒されているじゃないか!中国当局があてにならないのは衆知の通り。それなのに手をこまねいていていいのか??

理解に苦しむというか、日本政府って一体何なんだ?色々難しい問題があるにしてもだ、自衛隊ってのは日本(国民)を守る為に存在しているんだろ?イラク復興支援をやる事の為に私は自衛隊を容認しているつもりはないぞ。北京の日本人を護れずに何の存在意義があるというのだ!?

これでもし中国で邦人の犠牲者が出てしまったら、小泉さん一体どう責任とるんだ?

ホント、おもしろくない話題だわ。。。

Posted at 00:06 in social

Apr 12, 2005

しばじゅん

柴田淳の4thアルバム「わたし」が3/30に発売されていた。

不覚にも見過ごしていたのだ。彼女のアルバムは無条件で聴くことにしているので、あわてて音源(MP3)を手に入れてauratoneで鳴らしている。

ちなみにアンプはAU-D607X DECADEである(笑)。auratoneを鳴らすにはもったいない機材だが、眠らせておくのも不憫なのでKA-1001Gと入れ替えたのだ。爽やかな風のような音に私は聞こえる。

さて、柴田淳だ。期待通りの、今まで通りの音楽だ。やや飽きた感もあるのは否めないが、彼女の声にぞっこん惚れ込んでしまったので冷静な評価など出来るワケもなく気に入った(爆)。

もう、惚れちまったから全てがオッケー♪しばじゅんワールドは、私の夜のお供なのだ!

愛とか恋とかって感情とはちょっと違って、憧れという言葉が合う。仮にしばじゅんと二人きりになれたとしても、彼女が私の目の前で歌ってくれたとしても、彼女へ手を伸ばして抱き締めることは出来ないと思う。

しばじゅんは、私とは違う世界に住む人だと感じる。そんな人って実際いると思う。絶対に人生が重ならないだろうと思える人。

人って皆同じじゃない。価値観や視点が重ならない人ってのは結構いるもんだ。しばじゅんの歌は、知的で真面目で潔癖だ、その理知的な無垢さが狂おしいほど美しい。そこがたまらなく好きなんだが、抱き止めるには私の手も顔も身体もあまりにも煤けてしまっている。。。

これは健全で人畜無害の片想いかもしれない(爆)。偶像崇拝との批判もありそうな気がするが、これもまたひとつの人生の楽しみ方だと思う。

Posted at 23:40 in music

Apr 10, 2005

Fourplay

Journey

三日連続のCDネタ。(^_^;)今回はフュージョンバンド、Fourplayの最新アルバム「Journey」である。

BGMとして流すのには最適な音楽だ。音量を上げてライブ感覚で演奏に没頭するのも良し、小さな音で雰囲気作りの小道具に使ってもいい感じだ。

演奏が上手い。私なんぞが評したところで説得力はまったくないが(笑)、ホントに上手いと思うのだ。派手さや過激さとは対極にある玄人の味わいみたいなもん。落ち着いて音楽に浸れる感じが私には快感なのだ。

本当に出来の良い作品である。Fourplayのアルバムはこれが2枚目だが、全作品を揃えてみたいと思っている。

ちなみに今回の写真は、85ミリF4.1で撮っている。もちろんCaplio GXだ。

内蔵ストロボは焚いてない。ISO400でシャッタースピートが1/20くらい。手持ちで撮ってなんとか手ブレしないギリギリのところなのだ。

コンパクトカメラは安定しなくて手ブレしやすいんだよな~(^_^;)

Posted at 22:18 in music

Apr 09, 2005

SADEが好きな人へ

Gabriela Anders & EBTG

買い求めたCDネタの続き(笑)。今度は女性ボーカルもの2枚だ。

まず左側は、Gabriela Anders(ガブリエラ・アンダース)という人の「wanting」ってアルバム。1998年発売のファースト・ソロアルバムなんだそうだ。

実はまったく知らないのだが(爆)、どうもアルゼンチン生まれのラテン系ポップス歌手といった触れ込みらしい。写真が小さくて申し訳ないが、ジャケに写っているのは本人である。すっげー美人だ!あんまりカッコ良過ぎるので、つい買ってしまった♪(^_^;)

中身はオシャレ。ついSADE(シャーデー)を思い出してしまうような音楽だ。ただ、曲のアレンジは似ているが、声は全然系統が違って艶っぽく甘~い♪♪SADEのクールな感じが大好き!って人には、フェロモン出まくりなやらしい歌い方は我慢ならないかも?(笑)

ちなみに私は大好きだ。(^o^)やはり色気は大切だと力説したい!世の男性諸君は是非とも彼女のアルバムを買うべきである!!(おいおい^^;)

右側は、イービーティージー(Everyting But The Girl)ってユニットの「WALKING WOUNDED」ってアルバム。コイツは以前RUBYさんに教えてもらい、ずっとアマゾンのカートに入れっぱなしだったのだが(;^_^A)、Gabrielaを買う際にふと思い出して一緒に購入したのだ。

このジャケットはちょっとおもしろい。まず白状しておくが、最初このジャケを見て私は「日本人のユニット」かと思い込んだ。実はれっきとした外人さん(イギリス人)なのだ。男性の方なんか、どうみても日本人にしか見えないんだが・・・(^_^;)それと、ジャケの左上に「イービーティージー」としっかりカタカナが載っているのだが、これはまぎれもない輸入盤(US)である。

なんか気持ち悪いくらいに日本っぽいジャケだと思わないだろうか?(^_^;)

中身はこちらもSADEに似た雰囲気。それも90年以降のSADEを彷彿とさせる。ボーカルのトレイシー・ソーンはちょっと低めの芯が通った声でガブリエラ・アンダースよりはSADEの雰囲気に近い。SADE好きはこっちの方が気に入るだろう。

どちらのアルバムも、深夜静かに聴くのがいい。ただ、仕事中のBGMには向かない(笑)。けだるくて、ついリラックスしてしまう音楽だから、働く意欲を削がれてしまってえらく困ったのだ。(^_^;)

Posted at 23:02 in music

Apr 08, 2005

二人の男

John Mayer & GAVIN DeGRAW

通常ペースに戻して(笑)、最近購入したCDの感想でも書いてみる。

写真の左側は、ジョン・メイヤーの2ndアルバム「HEAVIER THINGS」だ。以前買った「ROOM FOR SQUARES」がかなり気に入った(というか、マジでいいアルバムだった)ので、期待に胸膨らませて別の作品も収集してみたのだ。グラミー賞を獲った「Daughters」が収められている。

聴いてみた感じは、前作の路線上にある作品でこれも良い出来だ。ちょっと落ち着いた雰囲気で地味な印象を受ける。私的には「ROOM FOR SQUARES」の方が好きだ。

まあお行儀の良い音楽ではある。高尚でなく、お下劣でも野卑でもない。普通の人がやってる音楽。そう書くとつまらなそうに聞こえるが、普通っぽいカッコ良さは群を抜いてハイレベル。そのセンスの良さに際立つ才能を感じるのだ。だてにグラミー賞を二度も獲ってはいないワケだ。

まだ20代前半の若者で、これからが非常に期待出来る歌い手さんである。ギターの名手との評価もちらほら見かけるので(私はよくわからない^^;)、色んな意味で是非一度聴いてみて欲しい。

右側のもう一枚は、GAVIN DeGRAW(ギャヴィン・デグロウ)のファーストアルバム「CHARIOT」である。「I DON'T WANT TO BE」って曲をラジオでよく聴いていたのだが、実はそんなに印象は残っていなかった。買った理由は単にJohn Mayerを買う時にお勧めと書いてあったのが目にとまって、ジャケのゴツい面構えが妙に気に入ったからなのだ(笑)

いい加減な動機で手にしたこのアルバム、ところがコイツはめちゃめちゃイイ!私はどっちかというとJohnより好きかもしれない。二人とも似たような音楽なのだが、GAVINはなんか匂いが違うのだ。

ちょっと常人とは違うのよ。。。声が、声から伝わる波長がどこか狂ってるように感じるのよ(笑)。

Johnにはそういった波長は感じない。私とは同調しないのだ。まあ世間で受け入れられるのはJohnの方だろうが・・・(^_^;)

とにかく、波長が合えばハマることうけあい!合わなくても作品のレベルは高いので充分楽しめると思う。

Posted at 22:17 in music

Apr 07, 2005

一段落

今週末の納品物がなんとか今日形になった。

月曜から水曜までは毎晩夜9時から朝4時まで家でPCに向かって頑張ったのだが間に合わず、今日は昼間の仕事を休んで一日がかりでなんとか格好をつけることが出来た。

今夜はやっとぐっすり寝れそうだ♪(笑)

とりあえず、6月まではこのペースで毎月納品しなくてはいけない。(^_^;)

しばらくは仕事漬けの生活が続く。

Posted at 23:22 in diary

Apr 04, 2005

締め切り

今週末にひとつ納品しなきゃいけない。

土日は家に篭ってPCの前に座っていたのだが、どうも気分が乗らず進み具合ははかばかしくない。(;^_^A)

今週は別の仕事も年初で忙しい。だいぶお尻に火がついてきた。

毎度のコトだが、追い込まれないとエンジンがかからないタチなのだ。我ながら困った性格である。

さてと、明日から気合入れて頑張るかな!(おいおい)

Posted at 01:05 in diary

Apr 01, 2005

ヘレン・メリル

HELEN MERRILL

昨日書いたコトと矛盾しているが、ヘレン・メリルだ。1954年の録音というから半世紀も前の古い音楽である。だけど、これはいい!私はとても好きだ。

多分誰もが知っている「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO」は当然私も聞き覚えがある。へたをすれば、2曲目だけ聴いてあとは何だったっけ?となりかねないのだが、このアルバムは最初っから最後まで通していつも聴いている。かなりお気に入りなのだ。

ジャケットの顔はしかめっ面でちょっと怖いが(笑)、声はウエットで甘くやさしい。思わず抱き締めて包みたくさせる色気がたまらない。

これはいいアルバムだと思う。癒しを求めている方は、是非一聴をお薦めする

Posted at 22:51 in music

Mar 31, 2005

LEFT ALONE

LEFT ALONE ビリー・ホリディではない(笑)。マリーンのベスト盤なのだ、これは。

やっぱり彼女の歌声が好きだ。上手いとか偉いとか凄いとか、そんな重たい話は私にゃよくわからない。とにかくマリーンが歌うスタンダード・ジャズが私には一番いいのだ。


背伸びしてオリジナルを聴いても、結局どこがいいんだか理解出来ないんだからもうやめた!(爆)


やはり自分に合った庶民派路線でバンバン音楽聴きまくるぞ~!!

正直、小難しいウンチクは大の苦手やねん。(^_^;)

Posted at 22:25 in music

Mar 30, 2005

ヘタレリスナー(^_^;)

BEHRINGER EUROPOWER EP2500

現在のゲインコントロールの位置。これ以上上げると家庭崩壊に繋がる分水嶺だ(笑)。

私としては、せめて9時の位置で聴きたい。というか、こんなにゲインを絞って鳴らすのはアンプに失礼な気がしてしようがない。

次の獲物はプリアンプだ。marantz ProCA01なんかよさげに思う。私の手が届く新品のプリなんか、これくらいが限界である。(^_^;)

RUBYさんに教えてもらったベリンガーT1953もおもしろそうだ。真空管プリだし、メーカー説明に暖かみという文字が謳ってあるのにすごく惹かれる。それと値段にも♪(爆)

理想はステレオボリュームにリモコン付(笑)なのだが、さてどこで妥協しようか思案のしどころなのだ。

Posted at 21:38 in audio

Mar 29, 2005

悩みが増えるばかりなり

メインのオーディオシステムが整いつつある現在、パソコン机の上のAuratoneはずっと眠っている。

パソコンでネット見たり仕事をしている間のBGMもS-LH5aを鳴らしているのだ。リスニングポイントなんか完璧に無視した場所で間接音だけを聴いている状態なのだが、それでもauratoneより楽しいのは不思議である(爆)。

しかし、PD-HS7導入の効果は絶大だった。正直CDPでここまで音がまとまるものとは想像出来なかった。S-LH5aが来て、最初はシャープの1bitミニコンSD-CX2を繋ぎ、AU-D607X DECADEを手に入れた時はKENWOODのミニコンK'sのCDプレーヤーDP-1001Gを投入した。どちらの組み合わせでも、聴けるCDと聴くに耐えないCDとがはっきり分かれたのだ。EP2500とDP-1001Gの組み合わせも同様の結果だった。ところがPD-HS7経由にすると、聴くに耐えないCDは今のところ一枚も見つかってない。懐が深くなった感じなのだ。

これは単純に価格対性能比がはっきり表れたのであろう。良い音を追求するにはそれなりの投資がやはり必要という事か。。。

音楽を聴くことが今まで以上に楽しくなった反面、家族からの風当たりも強くなった。EP2500をメインに据えてから、「うるさい!」という苦情が前にも増して殺到しているのだ。(^_^;)

実際のところ、かなり険悪なムードである(滝汗)。特に嫁さんは、断りなしに機材を買い込んだので財政面も含めてかなり頭に来ている模様。。。(;^_^A)

私としては、ごくごく平和的に話し合いで平日の夜11時までとか、土日祝日の昼間くらいは気持ち良い音量で音楽を聴かせて欲しいな~、なんて妥協案を持ち掛けたいと願っているが、とても冷静に話し合える状態ではない。

オーディオってのは、意外と周囲の理解を得られにくい道楽だと改めて思い知らされたのだった。(T-T)

専用のリスニングルームが欲しい。今の和室6畳間を改装して作れないものかと真剣に考え始めている。

高価なオーディオ装置を揃えるより先に、環境整備がまず先だ。私は大音量で音楽が聴きたい!じゃないとオーディオやる意味がないと思うのだ。

Posted at 00:39 in audio

Mar 27, 2005

本命到着♪

PIONEER PD-HS7

三日連続の納品(笑)。そして、最も欲しかった新しいCDプレーヤーの到着である。

まあ写真を見てもらえればわかると思うが、結局中古品を入手したのだ。パイオニアのPD-HS7、発売当時の定価が10万円位の普及機である。これはオークションでなくネットの中古通販で手に入れた。(送料込みで4.3万ちょい。6ケ月保証付きの安心と、ボーナス一括払いが決めてだった^^;)

TEACのVRDSも魅力だったが、パイオニアのターンテーブル方式もがっちりしていてなかなかカッコイイ。こういう機材は所有する喜びを満足させてくれる。

さて、ウチのシステムに繋いだ第一印象だが、もう以前のCDPは何だったの?って感じで満足度は高い。というか、これでやっとオーディオ初心者の道具が揃ってまともな音が出たということなのだろう。

今まで脳内で音を補正して聴いていたのが、イメージに近い音が出るようになってきた。

今日はかなりうれしい♪

Posted at 19:17 in audio

Mar 26, 2005

EP2500

FOSTEX 2PCO-30

早速ヨドバシでXLR-RCA変換用ケーブルを入手してきた。FOSTEXの2PCO-30って品だ。税込み2,100円だし、RCAピンジャックが赤白だし、ケーブルは貧弱な安モノだが、とりあえずEP2500を鳴らすのには充分である。

我が家にはプリアンプがないので、CDプレーヤーとEP2500を直結して鳴らしてみた。EP2500のモードスイッチは出荷時のままにしている。

一聴しただけで、低域のパワーが段違いなのに気づいた。ブゥ~ンと締まりのなかったベースの弦が音からイメージ出来る。低音に力があるのだ。

音のバランスは私の好む方向になった。腰の据わった鳴りっぷりは、ライブの音に近い。

ただ、今の鳴り方はあまりキレイな音ではないように感じる。なんというか、焼きそばやたこ焼きといったジャンクフードのおいしさみたいなもんで、あのどぎついソースの味がたまらなく魅惑的なんだけど、すぐに飽きて胸焼けしそうになる。

しばらく鳴らしてみれば印象も変わるかもしれないが・・・

しかし、EP2500のゲインコントロールは使いにくい。というかこれでボリューム調整しようってのが間違いなのかもしれない。(^_^;)

プリアンプがいるなぁ~、これは・・・

Posted at 22:41 in audio

続けて到着

EP2500

今日も荷物が届いた。実は607を待ちくたびれて、こっそりベリンガーのEP2500を注文していたのだ(笑)。

まさか、ほぼ同じ日に届くなんて思いもしなかった(というか、607は諦めていた^^;)ので、いきなり新しいアンプが2台も揃ってしまって持て余し気味。

梱包を解いて、とりあえずEP2500をラックに収め、しげしげと眺めてみた。そこではたと気づいた事。

RCAケーブル挿せないじゃん!(汗)

業務用アンプだから当然なのだろうが、バランス接続対応の機器なんか私は一台も所有していない。それよりなによりおバカな話だが、ネットでEP2500を見ていた際にフォンジャックをRCAピンジャックと見間違えていたのだ。(アンバランス接続=RCAピンと思い込んだ)

ともかくXLR-RCA変換プラグでも入手しないと鳴らせない。土日で買えるといいのだが、この手のアクセサリって福岡で売っている店はあるのだろうか?

Posted at 02:24 in audio

Mar 25, 2005

やっと手元に

AU-D607X DECADEが修理を終えて今日届いた。

ここまで紆余曲折の連続だった。当初は運送会社が用意した代替品を受け取る手筈だったのだが、出品者立会いでの動作チェックで代品が煙を吐いてしまい取替え不能となってしまった。

その後、出品者の方と運送会社との話し合いで煙を吐いた代品の筐体に事故で歪んだAMPの基板を移植して修理する事になり、結局製造元であるサンスイのサービスで直したという話だ。

当座のつなぎ程度の軽い気持ちで購入したのに、こりゃまた随分といわくつきの機器になっちまった。

えっ、写真?ちょっと暗過ぎてうまく撮れません!(^_^;)

Posted at 01:05 in audio

Mar 23, 2005

卒業式

卒業写真

息子の卒業式に出席して来た。Caplio GXが昨日届いたので早速使ってみたかったのだ(笑)

今回ワイコンは付けていない。上の写真はテレ側(85mm)で撮影したものだ。室内(体育館)だとちょっと暗く、ISO400まで増感してみたのだがノイズがかなり乗る。(^_^;)まあ事前にわかっていた事ではあるが、暗い場所には向かないカメラである。

卒業写真2

ちなみにワイド側(28mm)だとこんな感じ。手前の頭がジャマだ(笑)。ピントも合ってない。(;^_^A)

卒業写真3

これは式が終わった後、校門から撮った一枚。曇天だったのでぱっとしない写りである。この時はISO100固定で撮ったので、ノイズはほとんど出ていない。

Caplio GXを使ってみた感想だが、ちょっと痛かったのが予想以上にファインダーが見にくい。小さいし、枠がずれていてフレーミングはまったく出来ないし、撮影情報は何も表示されない使い捨てカメラのレベルでこれは使えない。

電源投入後の起動速度やAF合焦速度は軽快である。これでイライラさせられることはなかった。SDメディアへの書き込み速度は遅いと指摘されていたので、現在最速20MB/sのSDカードを奢っている(容量512MB)。そのせいかあまり気にはならなかった。

写真品質については、私が今まで使っていたDimage X(200万画素)に比べれば全然上で個人的に不満はない。撮影の腕さえあれば良い写真が撮れそうな気がする。

とりあえず買って正解だったようだ。しばらくコイツで遊べそうである。

Posted at 18:27 in camera

仕事をしていたら、実家の親父に呼びつけられデジカメの使い方を教えるハメになった。

教えている合間にCaplio GXで庭に咲いている花を撮ってみたのが下の数枚だ。

ワイド(28mmマクロ)、絞りF2.5、絞り優先AE、ISO64、補正-0.7EV

洋蘭

暗い。折角母が手塩にかけた力作が不健康そうに見える。撮影場所を間違えたな・・・(T-T)

植木鉢1

イイ感じで色が出ているのだが、いったいピントはどこに合わせたのか。。。(;^_^A)どうみても失敗作である。

植木鉢2

これは・・・(^_^;)、小汚い縁側を背景にするなんて、恥知らずと呼ばれてもしかたないかな(笑)。

植木鉢3

普通に撮った。私が普通に撮るとホントにつまらないのがよくわかる(爆)。駄作とはこういう写真のコトをいうのであろう。

Posted at 18:06 in camera

22ミリワイコン作品

天気が良いので、Caplio GXを片手に近所を散歩して写真を撮ってみた。

ワイコンDW-4は付けている。

画像をクリックするとオリジナル画像が開く。サイズは2592×19441.8MBほどなので、物好きな人以外はやめといた方がいいと思う(笑)。

公園

公園での一枚。構図はさておき(;^_^A)、一応広角レンズらしい写真である。絞り優先AEで絞りF8.1、ISO64固定で撮影した。

小さな橋

これは近所の川に架かる橋を撮ってみた。

誰もけなさないので、調子にのって更に写真をアップ(爆)。ここから先は、縮小版のみの掲載である。

懐かしい大木

子供の頃から記憶にある大木。昔はちゃんと葉っぱがついていたのだが、今は剪定されて丸坊主だ。

藤棚

公園の入り口近くにある鉄製の藤棚。構図的におもしろいかな?と思って撮ったのだが、さほどでもなかったみたいだ。(^_^;)

公園の外周

公園内の外周路。縁側の木がおもしろかったので撮ってみた。

ベンチ

こういう錆びた被写体をつい狙ってしまうのは、カメラ雑誌に毒されたせいなのだろうか・・・(汗)

Posted at 18:04 in camera

Mar 22, 2005

携帯カメラ

中部国際空港駅 ネタがないので、先週の出張時に携帯(au A5402S)で撮った画像でも載せてみた。


左は中部国際空港駅での一枚。右側の青いヤツは3両編成の特別列車とかいうヤツだ。コイツが先発だったので何も知らずに乗り込んだのだが、実は全席指定で特別料金(350円)を払ってミュー・チケットなるものを買わないといけない。

発車前に気づくと、迷うことなく隣の赤い列車に乗り換えたのはいうまでもない。(^_^;)

ちなみに赤い方は6両編成で、内2両が特別車で残りの4両は普通席だった。







仕事場の前 次の写真は、北海道(石狩)の訪問先で撮った。門を出たところの道だ。

一応除雪してあるようにみえるが、ちょっと離れるとそこは無法地帯で足元はグチャグチャだった。(^_^;)数日前はこれより1メートルは雪の壁が高かったそうだ。

なかなか厳しい自然である。厳しいが故に美しくもあるのだ。

ちなみに、この携帯(A5402S)の内蔵カメラは32万画素しかない。おまけに外部メモリなんか使えない古いモデルなので、一々メールに添付してパソコンに送りアップしたのだ。

そろそろ新しい携帯が欲しい。次もauにするつもりなので東芝のW21Tを狙っているのだが、機種変で2万かかると馴染みのショップで言われて現在悩み中なのだ。。。

Posted at 00:09 in camera

Mar 20, 2005

地震

地震の少ない福岡では珍しい震度6弱の揺れ。

とりあえず我が家およびに実家の方は被害はありませんのでご心配なく。




そして、地震発生から半日。まだ震度3程度の余震が続いている状況である。

福岡といえば、ほんとに地震には無縁の土地だったのに・・・。

大騒ぎするほどではないのだが、やはり気持ちは良くない。

実際問題ライフライン(水道・ガス・電気)は止まらなかった。電話がかかりづらい位で普段の日曜日とさほどかわりはないのが現実だったのだ。まあ交通機関は終日乱れたようだが、家にいる分にはわからない。

昼過ぎに嫁さんが近所のスーパーへ買出しに出たら、お惣菜や弁当等の食料が売り切れてしまっていたのだそうだ。非常食をあわてて買い込んだ人達がたくさんいたのだろう。

我が家はそんなつもりは毛頭なく、昼食の調達をしたかったダケなんだが、しかたなく冷凍ちゃんぽんに焼きそばという献立とあいなった。(^_^;)

自然をなめているつもりはないのだが、過剰に反応して騒ぎ立てるのもどうかとしみじみ感じた出来事である。

Posted at 21:44 in diary

Mar 17, 2005

セントレア

朝6時起きでホテルを飛び出し、今日は一路名古屋へ移動。

中部国際空港に初めて足を踏み入れた。

空港ビルの名前はセントレアと言うらしい。地元の人は「中部国際」と言わず「セントレア、セントレア」と呼んでいた。う~む、ちょっと慣れない。

広い。新しい。でも平日の午前10時だからかあまり人がいなくてちょっと寂しい。。。(^_^;)

ちなみに土日は見学客で一杯なんだそうだ。

到着ロビーは2Fで、4Fまで上がれば色々と見るところがあるらしいのだが、仕事があるのでそのまま名鉄に飛び乗った。

約一時間で仕事場に到着。メールを開いてみたら、昨日深夜に知り合いのご尊母様がお亡くなりになったとの連絡が。通夜が今日の夜7時からなので、大急ぎで用事を済ませてセントレアにとんぼ返り。飛行機の時間を繰り上げて福岡へ戻って来た。

結局、セントレアは全然探検出来なかった。。。

Posted at 23:36 in diary

Mar 16, 2005

白い大地

三年振りに北海道の地を踏んだ。

千歳空港からJRで札幌に向かう。ちょっと意外なほど雪が残っている。天気も良く、真っ白な大地が目に痛い。なかなかの絶景である。

札幌で昼飯がわりに味噌ラーメンを食べ(この味噌ラーメンは結構美味かった。唐辛子が入っていて甘い味噌やちぢれ麺の味が引き立っていた)、地下鉄で北へ。麻生(あさぶ)という駅で降りた。

通りに出たら、そこには雪の壁が。。。(^_^;)

歩道と車道の境目に雪の山がいくつも出来ている。車道には雪は残っていないのだが、歩道は溶けかけた雪のせいでグチャグチャ!圧雪とシャーベットが混ざり合って歩きにくいったらありゃしない。

早々にタクシーに乗って、石狩にある仕事場に向かったのだった。

話によると、ちょっと前までは今より1メートル位雪の壁が高かったんだそうだ。

Posted at 22:09 in diary

Mar 14, 2005

物欲の春♪

さて、確定申告の還付金を原資に色々と欲しかったモノを買い漁ろうかと(嫁さんには内緒で)画策している。

懸案のCDプレーヤーなのだが、実は中古でパイオニアのPD-HS7を手に入れてみようかと考え中だ。その理由は実に安易でココを読んで一度その音を聴いてみたくなったからなのだ。実は今までヤフオクで2回入札して、いずれも競り負けている(競ったんじゃなくて早期終了されてしまった)。相場がだいたい4万といったトコなので年式から考えると割高なのだが、しょせんは趣味の道具なので気にしないことにした(笑)。

スピーカーもパイオニアだし、販売時期も似たような製品だからちょうどいいかも?(爆)

Posted at 23:37 in audio

イライライラ・・・

注文して丸三日、まだCaplio GXが来ない。それ以前に出荷すらされていない。。。

わざわざ調べて全ての商品を在庫していたお店から買ったのに、あてが外れてガッカリである。(^_^;)

やはり、思い立った時には速攻でヨドバシに走らなくては男らしくないと反省しきり(笑)。

Posted at 23:33 in camera

Mar 13, 2005

確定申告

毎年期限ギリギリになってから作り始める確定申告書。今年も昨日と今日の2日間でなんとか片付けた。

去年あまりにも使い勝手が悪かった国税庁申告書作成サービスがバージョンアップしてなかなか便利になっている。

まず去年は作れなかった青色申告決算書が対応したのはうれしい。決算書は複写式ではないので手書きだと面倒だったのだ。確定申告書の方も、去年はデータ修正が出来なかったのが改善されていた。

国税の電子申告サービス(e-Tax)も始まっている。仕事柄興味はあるのだが、わざわざ登録申請をやらなきゃいけないとか手続きが面倒そうなので二の足を踏んでいる。

年に一度しか用事がないのだからと思うと、こんな大袈裟なサービスはいらないかな?とつい感じてしまうのだ。

Posted at 21:51 in diary

Mar 11, 2005

Caplio GX

Caplio GX つい魔が差して、注文ボタンをポチッと押してしまった。(^_^;)

リコーのデジカメCaplio GXを買ってしまったのだ。

現有のミノルタDimage Xの調子がイマイチでそろそろ買い換え時かな~と思っていたのもある。最近コンタックスのTVS Digitalとかキャノンの20Dとかをホイホイ買ってる人達に刺激されたのもある。

だが、私はなぜかリコーなのだ!なぜかというと、広角なレンズがどーしても欲しかったのだ。

Caplio GXにはオプションで22mm相当(35mm換算)のワイコンが用意されていて、結構イイという噂を見つけムラムラと物欲を刺激されてしまった。

こーいう普通じゃない画角の写真が撮れるコンパクトデジカメっておもしろい!

もちろん、本体と一緒にワイコンも注文したのはいうまでもない。



カメラ買う前にCDプレーヤー買えって!<わし(;^_^A)

Posted at 23:33 in camera

Mar 09, 2005

ダイアン・リーブス

Bridges 他にネタがないので、今日もアルバムの紹介。

ダイアン・リーブス(Dianne Reeves)の「Bridges」ってヤツ。1999年発売だから結構最近のアルバムだ。

ダイアン・リーブスを知ったのは、ちょっと前にTVでどっかのジャズ・フェスティバルに出演していたのを見たのがきっかけだった。恰幅のある体躯が存在感たっぷりで、歌もうまい。なんというか体型にぴったりの包容力を感じさせる「おっかさん!」みたいな雰囲気に、つい引き込まれてしまったのだ(笑)。

彼女のアルバムを聴いてみたいと思って選んだ一枚がコレである。実はジャケットに惹かれて買ったのだ。なんか明るくて、ストレートな華やかさがあっていいデザインなのだ。

中身は普通である。ジャズではなくポップスの範疇か・・・。いい意味で聴き易い。もちろん歌はとても上手な人だから、じっくり聴いても充分楽しめる作品だ。派手さは感じないが長く付き合える良質な一枚といえるだろう。

昼下がりのリラックスしたひと時に聴いたらハマりそうな、あったかい音楽だ。

Posted at 23:46 in music

Mar 06, 2005

安則眞実

Believin’-Chaka Jazz in New York- さて、今日の一枚は日本のジャズボーカルもの、安則眞実の「Believin’-Chaka Jazz in New York-」だ。去年の10月にリリースされた彼女のジャズ畑3枚目のアルバムだ。

ここを見ている人で、安則眞実という名を知る方は多分いないだろう。彼女は元々80年代にChaka名義でPSY・S(サイズ)というPOPユニットのボーカルとして活動していた。とにかく歌が上手い人で、当時私は大好きだったのだが、つい最近ジャズ方面で活動していることを知って興味が沸き購入したのだ。

そうでなければ、Jazzの世界に疎い私がこんなアルバムを買うワケがないのだ。日本のジャズボーカルで脳裏に浮かぶのは阿川泰子マリーン程度なのだから。。。(笑)

アルバムは、ニューヨーク録音のスタンダード集との事。久し振りに聴いたChakaはやっぱり上手かった。

だけど、上手いけどそれだけ。昔のChakaの方が声に輝きとパワーがあった。スタンダードナンバーを歌うChakaは落ち着いた感じで、いかにもジャズ!って雰囲気が出ているが、Chakaらしさがない。

これじゃ、他の外人さんの誰かが歌っているのと大差ない。引き付けられる魅力に欠けている。

スタンダード集を選んだのが失敗だったようだ。彼女のオリジナルアルバムを聴いて再度評価した方がいいかもしれない。

Posted at 23:38 in music

ジョン・メイヤー

Room for Squares 昨日届いたCDの中の一枚。ジョン・メイヤー(John Mayer)のファーストアルバム「Room for Squares」である。
先日のグラミー賞で耳にして、興味が沸いたので買ってみたのだ。私は男が嫌いなので(笑)、これは結構珍しいことなのだ。

グラミー賞の「Daughters」もそうだが、このアルバムも実にセンスがいい。アレンジがモロ私の好みだ。既に3回リピートして聴いている。気持ちいい!

まだ知らない方、是非一度聴いてみて欲しい。この人は超お薦め!!どちらかというと女性に好まれるタイプかな?

Posted at 00:00 in music

Mar 03, 2005

ネタなし

毎年この時期は仕事に振舞わされ、他のことに気が回らなくなる。

というワケで、書くネタがないのだ。(^_^;)

仕事に関わる話であれば、それこそストレス解消のためにぶちまけたいコトが山ほどある。しかし、ココに書いてしまうと問題があり過ぎるので(汗)ぐっとガマン。。。

さて、ひん曲がってしまったAU-D607Xのその後。引き取った運送会社が代替品を探し出して来たそうで、今日出品者の方から連絡があって現物をチェックしに運送会社へ出向かれたそうだ。ところが、テストの最中に煙を吐いてしまい、結局代替品はボツになってしまったとの事。(^_^;)

話し合いの結果、ひん曲がった方から基板を移植して修理することになったらしい。これでまた手元に来るのが遅れてしまうワケだが、出品者の方はとても誠意をもって対処していただき感謝している。

この好意に報いるにはひたすら待つしかないわけで、とにかく待とうと思っている。私が支払った金額なんて微々たるもので、運送会社の担当者や出品者の方が動いた人件費を考えるともったいなくて非常に心苦しく感じている。

誇り高き人達。銭金じゃないプライドがひしひしと伝わってきて、途中で逃げ出す気にはなれないのだ。

Posted at 23:42 in diary

Feb 28, 2005

息子の事

昨日、息子の制服が出来上がってきた。

今年の春から中学生になる。いつの間にか背丈も足の大きさも母親に追いつく勢いだ。(体重は当分無理だろうが^^;)

母親と一緒に制服を受け取りにいった帰り、どういう風の吹き回しなのか、嫁さん行きつけの美容院に寄って二人してカットしてきた。ちょっと前までは「おかあさんと同じトコなんか絶対ヤダ!」と断固拒否していたのだが・・・

長めだった髪をバッサリと切り、整髪料(ワックス)で立ち上げている。本人も結構気に入っているらしい。父親譲りの童顔だが、なかなかどうして見違えるようだ。

いつのまにか、オシャレを気にする年頃になったのだな。そういえば毎朝髪に櫛を入れ始めたのは数ヶ月前だったか。。。

Posted at 23:37 in diary

Feb 27, 2005

県の大会

今日はソフトバレーの試合だった。

県主催のスポーツ&健康促進うんちゃらってイベント。なぜか福岡市からの代表チームのひとつとして参加している。(^_^;)

本来なら出場資格などありはしないのだが、参加を辞退したチームが多数いて、頭数合わせに駆り出されたのだ(笑)。

予選は3チームでのリーグ戦。相手2チームはどちらもウチより年齢の若いメンバーを揃えている。男性はジャンプ力あるし、女性も動きは軽快で守備もうまい。

こりゃ1セットも取れず2連敗で早めのお帰りかな?

ウチのメンバー誰もがそう思った。(自爆)

一試合目。私は控えに回り、こちらの最強メンバーで臨む。ウチの長身のエースが頑張って、接戦ながら終始先行してそのまま逃げ切り!なんと第1セットを取ってしまった。

こりゃ勝てるかも?と淡い期待が膨らむ我がチーム(爆)。メンバー交代なしで勝ちに行けと勧めたが、「疲れたからおまえ出ろ!」と言われ、プレッシャーを感じつつ2セット目はコートに入る。男性の相方は1セットで絶好調だったエースのFさん。

さて、試合の方は徹底してボールをFさんに集める作戦をとった。おかげで私には全然トスが上がってこない。(^_^;)とにかくつまらないミスをしないように心がけていたら、点差を離されずに終盤までもつれるゲームになった。

そして13対13の同点で迎えた終盤、味方の好レシーブから相手のミスを誘ってマッチポイントを掴み、最後はエースの一発が決まってまさかのストレート勝ち♪

存外の結果に思わず全員で小躍りしてしまったのであった(爆)。

もう1チームに勝てば、午後の決勝トーナメントに行ける。しかし、そんなに世の中甘くはないと冷静?な我がチームは次の試合で先発メンバーをいじった。今日一度も試合に出ていなかった50代男性のTさんと40代女性のIさんを投入したのだ。もう一人の男には私が入った。あとは女性でNさん。

勝ちにこだわらない選択はよかったのか悪かったのか?私は別にどーでもいいので、とにかくミスをしないいいプレーを心掛けるだけだ。

第1セット、出だしは先行した。相手の乱れに乗じて会心の一枚ブロックも決まり「もしかして勝てるかも?」と気分も上々♪

ところが次第に相手のサーブに崩されて失点を重ね、逆転を許してしまう。サーブレシーブがセッターに返らないから攻撃が単調になり、いいように相手に翻弄されてしまった。あっという間に点差は開いて、結局9-15でセットを失った。

第2セット、私は下がり最強メンバーで臨んだ。前半相手のリズムが悪くなったところで点差を広げて勝てそうな勢いだったのだが、そこから相手のサーブにまたもや崩され、第1セットの私達と同じく相手のペースにはまり逆転され、そのまま負けてしまった。

結局予選リーグ一勝一敗の2位で敗退。予定通りの結果となってしまった。。。(^_^;)

Posted at 23:54 in sports

Feb 26, 2005

ワイヤーラック

くらうどの部屋

オーディオラックがなかったので、ルミナスワイヤーラックを購入した。

理由は簡単、安いからだ。(自爆)幅61cm、奥行46cm、高さ96cmで3段のヤツが7,329円(税込)で買えた。追加で棚一枚増やして2,394円(税込)だから、4段のラックが一万円弱で手に入った。

私のオーディオ機材には、この位がちょうどいい。

まだメインシステム用のアンプもCDPもないからスカスカだ!(;^_^A)

Posted at 23:54 in audio

Feb 25, 2005

堀江さん

ライブドアの堀江さん、私はキライじゃない。

外見から悪人にはどうしても見えないのだ。メディアに露出している姿には好青年のイメージがつきまとう。

だけど、堀江さんの本業は乗っ取り屋だ。ニッポン放送に敵対的買収を仕掛け、今大いに世間を騒がせている。

どうもしっくりこない。。。

騒動の概略についてはココに書く必要もないだろう。私の主観は、どちらがが正しいとかどーとかっていう議論はナンセンスだと思っている。

これは戦争なのだ!守りが甘い企業に対し侵略者が攻め込んでいるのだ。ルール(法)さえ破らなければ、奪い取っても構わないのだ。

殺るか殺られるかの勝負でキレイ事言ってられる状況ではない。とりあえず塀の上から落ちなければ問題ないのだ。現行法規の不備について議論する必要性はもちろんあると認識しているが、道義上どうとか~って批判は事態の本質から外れたところにある。

堀江さんは背水の陣を敷いて戦っているように見える。今回の買収にあたり、外資のリーマン・ブラザーズから資金調達を受けている。担保は自社の株だ。外資の投資機関といえばバゲタカみたいなもんだから、おそらく買収に失敗してしまうと遠慮呵責なくライブドア株を操作し差益を掴むだろう。日本人の美徳である人情なるものは到底期待できない。そうなればライブドアはおしまいだ。信用の失墜、資金力の低下で市場価値が下落し、ジ・エンド。

かなりのリスクを負って堀江さんは戦いに挑んでいる。となると確固たる勝算あっての宣戦だったと思えるのだが、果たしてどうなのか?この状況下で勝てるのだろうか??

昨日ニッポン放送がフジテレビへ新株予約権を発行すると発表した。これが実施されればフジテレビが過半数のニッポン放送株を手にしライブドアの息の根を止めることが出来る。

堀江さんはこの反撃が想定内だったと言っている。おそらく本当だろう。即座に発行差し止めの仮処分を申し立てて実行を妨害しようとしている。

ここからは素人の推測になるのだが(戯言だと聞き流して欲しい)、発行差し止めの仮処分さえ決定されれば、新株予約権に基づくフジテレビのニッポン放送株取得作戦は頓挫する。ポイントは3月末時点での株保有率だ。この時までライブドアが25%以上のシェアを維持出来れば、6月の株主総会で影響力を行使出来る。差し止め無効を法廷で争うにしても、とにかく3月一杯まで最悪粘ればいいというシナリオが描ける。

これで決まりか!堀江さんの勝ちかな?

この読みを昼休みに職場のY取締役へ披露してみた。すると「いやいや、フジテレビにはまだ裏技が残っているよ(笑)」と意味深な返事。。。その理由を尋ねてみたが、私には理解不能であった。(^_^;)

堀江さんは負けてしまうのだろうか?私は堀江さん個人はキライじゃないが、ライブドアという会社は好きではない。M&Aを生業とするうさんくさい株屋にしか見えないのだ。乗っ取りとかいう仕事は大陸系狩猟民族にこそふさわしく、おとなしい農耕民族たる日本人(私)には馴染めそうもない。堀江さんの顔は、どうみてもハンターって感じじゃないし(笑)他のライブドアの人達も、どうにも学生崩れっぽくて四十路過ぎたおじさんの目には軽く見えて仕方がない。

理屈がいくら正しくても、勝負は勝たなきゃ意味がないのだ。

プロ野球参入でもあっさり負けた。結局はその程度の器でしかなかったのか。。。冷たいが、そういう評価しか私には下せない。

ここで負けたら本当にヤバイよ、堀江さん!

Posted at 00:53 in social

Feb 23, 2005

袋小路

ちょっと仕事で行き詰っている。

古いシステムを改造しているのだが、残されたソースにコンパイルに必要なモジュールが数個見つからないのだ。

前任者の資料をひっくり返し、関連するツールのリソースを穴が開くほど調べたが出てこない。
ネットで検索もしてみたが、なにも引っかかってこなかった。

コイツがないとなると結構痛い。FAX送信ソフトを制御している関数群をそっくり作り直さなければいけないくなってしまう。

今日一日悩んで、今は暗い気分。。。(^_^;)

Posted at 23:57 in diary

Feb 22, 2005

Della Reese

Legendary Della Reese マイアミから(笑)の一品、デラ・リーズという人の「Legendary」ってアルバム。1960年頃の録音を集めた3枚組で、トータル50曲入りという大盤振る舞いなヤツだ。

このお方、一応ジャズボーカルの範疇に入るみたいなのだが、「こんなのもジャズなのか~」と私には新たな発見だった。昔懐かしいキャバレーで聴けそうな、パワフルでちょっと下品な香りがムンムンしている。

こういうのは大好きだ♪(^o^)

ジャズってのは、シャレていたり、小難しかったり、ちょっと知的ってイメージを持っていたが、肩肘張らずに楽しい音楽ってのもあるんだな~。

Posted at 00:20 in music

Feb 20, 2005

更に改造(笑)

ちょっとイジってしまうと、色々気になっていけない(笑)。

足りないと思っていたページ送りの機能を実装してみた。

元ネタはコチラpaginate_simpleってプラグインを拝借。お約束というか、やっぱりそのまま無改造では動かなかった。(^_^;)

ちなみに修正した場所は、ソースの29行目


  if (!-d $currentpath or $blosxom::path_info_yr) {
    return 0;
  }
$currentpathはパンチミスなのかな?このままだと構文チェックでエラーになってしまう。$curr_pathに書き換えればOKだった。

あとはFlavourをちょちょいと書き換えて出来上がり♪

これですこしは読みやすくなったことを願うばかりである。

Posted at 19:47 in blosxom

Feb 19, 2005

ちょっとカスタマイズ

サイドバーにリンクを載せてみた。

Perlで気のきいたものを作る気力はないので、Flavourにタグで直書き。(^_^;)

いくら本職がプログラマだといっても、面倒なのは一緒なのだ。そもそもPerlは苦手だし・・・(言い訳)

ついでにプロフィールもつけてみた。これでだいぶBlogらしくなったかな?(笑)

さてと、一年近く放置している旧サイトもそろそろ閉鎖することにしよう。

しつこく旧サイト経由でココに来られている方、いい加減にURL変更しようね♪(爆)

Posted at 23:36 in blosxom

Feb 18, 2005

3日で慣れた(^_^;)

水曜日からどうも調子が悪い。

身体中の関節が痛む。頭もぼーっとして起きているのが苦痛。

そりゃインフルエンザだっての!!(;^_^A)

昨日仕事を休んで病院へ行こうと思ったのだが、爆睡してしまい気がついたらガキ共が学校から帰って来ていた(笑)。

まあ随分と調子は良くなったので今日は仕事している。まだ関節は痛いし頭もボケているが、仕事場は個室なので他人にうつす心配はないだろう。(^o^)

さて、腑抜けた頭で何を書こうとしているかというと、フジテレビの女子アナ、高島彩さんについてだ。

彼女とは毎朝テレビ越しに会っている(笑)。普段ほとんどテレビを見ない私なのだが、朝だけは否応なく目にするので、私にとっては一番親しみ深い顔なのである。

最初の頃はどーというコトもなかった。元々あやぱんより中野美奈子さんの方が私の好みだから、彼女が画面に映っていても私の脳は認識していなかった。

それが、やはり露出度の違いが大きかったのだろう、ここ最近あやぱんの姿をつい目で追ってしまっている自分に気づいたのだ。

刷り込みというか慣れと呼ぶべきなのか・・・

フジテレビのイメージ戦略にはまったな・・・。ってそんな大袈裟な話でもないのだが。(^_^;)

今朝気づいたコト。私の目(脳)が注目しているのはあやぱんの顔ではく、胸元なのだ(爆)。

冷静に見れば、特別豊かなモノではなさそう。なのに視線が吸い寄せられる理由はあの服装のせいだ!ここ最近胸元を強調する衣装を着てはいないか?

う~む、これもフジテレビの戦略か・・・(爆)

しかし、あの胸は実においしそうだ♪(おいおい)




まだ熱が下がってないな、オレ。(;^_^A)

Posted at 13:01 in diary

Feb 14, 2005

聖バレンタイン

なんつーか、イベント事が昔っから似合わないのだ、私は。

誕生日にクリスマス、なんちゃら「記念日」とか・・・、なんかこっ恥ずかしくて真剣になれない。

今日はバレンタイン・デー。昨今は義理チョコなるものも廃れたみたいで、生保のおばちゃんすら寄り付かない。(^_^;)

まあそれは別にどーでもいい。そんなご時世に心のこもった贈り物がいくつかいただけたので、実に気分がよいのだ♪

形はどうでも、それが実弾(チョコ)でもグリーティングカードだろうが、送り主の気持ちが透けてみえればうれしいもんだ。

傍目には商業主義に毒されてしまったかにみえるイベントだが、世間に関係なくステキなお付き合いの小道具としては悪くないもんだな。

Posted at 23:55 in diary

CDラジカセ

息子(小6)からCDラジカセを買ってくれとせがまれた。

今まで特別音楽を聴いている風でもなかったのに、どういう心境の変化なのか・・・(笑)

手持ちのSHARP SD-CX2にHITACHI Lo-D HS-22Dを払い下げようかと思ったのだが、クソ生意気にも「置く場所がないからヤダ!」とぬかしやがる。ラジカセよりコッチの方が数倍音がいいのに、まだまだモノの価値がわからないヤツだ。

それならとヤフオクで出物を探したのだが、今どきのラジカセなんか、どれが良いのかさっぱりわからない。(^_^;)

面倒臭くなったので、今日ディスカウントストアに行って適当に試聴した結果、SHARPのSD-FX20-S(シルバー)が、ガンガン前に音が出てきて気に入った(笑)。デザインも悪くない(と思う)

ちょっとお高い(2万強)けどまあいいかと店員を呼ぶと、なんと在庫切れで取り寄せになると言う。

たかがラジカセごときで待ってなんかいられるか!ってなワケで、テイクアウト可能なPanasonicのRX-MDX61ってのを買った。こちらは2万でお釣りが来る(笑)。

家に戻って早速CDをかけ出した息子だが、親の所蔵品だと物足りないらしく今度は「レンタル屋に行くからカード貸せ!」と言いやがる。

カードを渡すと疾風の如く飛び出して行き、なにやらCDを借りてきた。ついでに私のカードは期限切れだったらしく、更新料200円を取られたと文句を言う。

そんなの知るかい!レンタル屋なんかめったに行かないんだから!!(^_^;)

借りてきたのは、ポルノグラフィティサンボマスターのシングル2枚。あとオレンジレンジも欲しかったらしいが、カードの更新料のおかげで金が足りなかったそうだ(爆)。

う~む、さすが息子よ。おとーさんは全然知らんよ、そんな曲。(;^_^A)

そして、息子は自分の部屋でベッドに寝転がりながら音楽を聴いている。なぜか私のクイーンのベスト盤が流れている。

我が子の意外な一面を見たような気がした一瞬であった。

Posted at 00:14 in audio

Feb 13, 2005

ETHEL ENNIS

Change of Scenery/Have You Forgotten? マイアミからエアメールが届いた。アマゾンのマーケットプレイスで注文した分だ。

Caiman Americaという会社から買ってみたのだが、アマゾンの手数料とか送料を考えると全然割安じゃない。(^_^;)4枚まとめて注文したのに、なんでわざわざ一枚一枚バラバラに発送してくるかなぁ。。。

んで、10日かかってやっと届いた一枚(笑)。ETHEL ENNIS(エセル・エニス)って人の「Change of Scenery/Have You Forgotten?」というアルバムだ。

ジャズボーカルモノで、50年代の録音をまとめたベスト盤である。ジャケットの写真がカワイイ♪

聴いてみると、これは久々のヒット!姿形に違わず、歌声もキュートで胸キュンものだ。「黒人らしくない」という評判はウソではなかった。

リンダ・ルイス好きの方にはお薦めかもしれない(爆)。

Posted at 00:13 in music

Feb 11, 2005

壊れたアンプ

ひん曲がってしまったAU-D607X DECADEを運送会社が今日引き取りに来た。

どういう扱いになるか、まだ返事はもらってない。改めて事務所の方から連絡が入るとの事なのだが、今日はもう来ないだろうな。。。

出品された方からも「どうなりましたか?」と心配しているメールが届いているが、とにかく運送会社からの連絡を今は待つしかない。

しかし、楽しみにしていたアンプがなくなると淋しいな~。

Posted at 22:18 in audio

2度目の実戦

今日は朝からソフトバレーの試合だった。

どこ主催のどんな大会なのかは知らないし興味もない(爆)。場所は福岡市民体育館。結構なチームが参加していて、なかなか大きな大会のようだ。(おいおい)

私のチームはトリムミドルというクラスになる。男女二名づつの混合で、年齢は30代と40代で構成するのだ。ウチは全員40代だが・・・(汗)

まずは予選リーグ戦。最初の試合は、何もしないうちに終わった。何もしてないけど勝ったのだ(笑)。相手さんが勝手に自滅・・・(^_^;)

二試合目は強豪だと聞いているJというチーム。ココには別の意味で何も出来ずにストレート負けを喰らった。(>_<)

特別身長が高いワケでもなく、ジャンプ力やパワーがある相手でもなかったのだが、とにかく攻撃のリズムが早くてついていけない!ブロックに跳んでもうまくかわされ、ブロックアウトを取られてしまう。

まあレベルが違い過ぎたのだろうが、余裕の笑顔でキリキリ舞いさせられたのでちょっと気分が悪い(爆)。

とまあ予選は一勝一敗で、見事決勝トーナメントに進出!

トーナメント一試合目は、別リーグ一位通過チームとの対戦。「勝てるワケね~な」と最初から諦めて臨んだら、やっぱりストレート負けだった。(^_^;)

気持ちを取り直しての敗者復活戦。第1セット、私は見学(笑)。ウチのチームはうまく流れを掴んで、そのまま押し切り勝ち。第2セットから満を持してコートに入ったが、サーブレシーブが乱れてセットを落としてしまった。。。(T-T)

勝負の第3セット。相手に先行されるも負けたくないのでマジで頑張る。あちらのミスにも助けられて接戦のまま終盤までもつれたが、一歩及ばず最後はブロックアウトで負けてしまった・・・

う~~~~、オレのせいか?オレのせいで負けたのかっ!?<当り前だ(ToT)

結果、1勝3敗。「いい試合だったよ」とチームメイトは慰めてくれたが、絶対心の中では「あと少しで勝てたじゃん!(怒)」と思っているに違いない。(^_^;)

もっと練習しなきゃネ~

Posted at 22:03 in sports

Feb 09, 2005

どひゃー

AU-D607X DECADEが今日届いた。

箱から出してみると・・・、筐体が歪んでいて天板のすき間から内部が見える。。。(汗)

歪んだ筐体

どうも輸送中にどっかにぶつけたか何かしたっぽい。

凹んだ裏側ともかく繋いでみるが、なんと音も出ない!POWERランプは点灯するし、スイッチ類も全てランプは点く。ぶつけた衝撃で中身が壊れたのかと青くなった。

天板と底板を外して中の配線をチェックしてみると、コネクタが一箇所外れていた。繋ぎ直すと無事に音が出たのでホッと一安心。中身は無事だったようだ。

出品者にメールで状況を伝えると、あちらもビックリされたようで、すぐに運送会社へ連絡して事故証明を取ってくれとアドバイスしていただいた。

実は、無事に音が出たので安心して「このままでもいいや」と私は諦めていたのだ。(^_^;)

運送会社に電話すると、後日状況確認に来るという。その後で壊れたアンプは持って帰るとの事。

一体どうなるんだ?面倒なことになったな。。。(^_^;)

Posted at 23:49 in audio

SWEET BRIDGE

SWEET BRIDGE これは、soweluの2ndアルバム「SWEET BRIDGE」である。実にかわいらしい声が聴ける。心を洗われる感じがする。この類のJ-POP、例えばCrystal Kayとか中島美嘉一青窈なんかはしっかり守備範囲なのだ♪(笑)

で、soweluの話。声はかわいいし歌も上手い。だが、彼女の作品(アルバム)は楽曲の良さが一番の売りだと私は思っている。

極論、彼女以外のボーカルでも全然問題ない。彼女の代わり(同じような声質を持つ人)はいくらでもいそうな気がする。さほど存在感がある方ではないのだ。

それでも楽曲(アレンジ)のカッコ良さが私を惹きつける。正座して真剣に聴く感じじゃないが、BGMで流すならいくらでも聴ける。そんな耳触りの良さがある。

もしSoweluに興味があるのなら、1stアルバム「Geofu」の方がお薦めだ。「SWEET BRIDGE」はどっちかというとお子ちゃま向けの仕上がり。「Geofu」は大人が聴いても恥ずかしくないと思う(笑)。

Posted at 01:31 in music

Feb 06, 2005

AU-D607X DECADE

SUNSUI AU-D607X DECADE

軽い気持ちでヤフオクで入札したら、意外と相手が競り合わずに落札してしまった(笑)。

懐かしい、当時欲しかったサンスイのプリメインアンプAU-D607X DECADEだ。

一応ジャンクではなく完動品だ。出品者は自分で修理も出来る人のようなので大丈夫なんじゃないかな。

とりあえずはこいつで遊んでみようと思う。

さあ、次はCDプレーヤーだ。

Posted at 23:58 in audio

恥知らずかも

休日なのでじっくりS-LH5aを聴いている。ただし、リビングでガキ共が遊んでいるので音量控えめだが・・・

今流れているのは、ELLA FITZGERALD/LOUIS ARMSTRONG「ELLA AND LOUIS」。ボーカル(デュエット)物だ。エラ・フィッツジェラルドのやさしい歌声が子守唄みたいで気持ち良く眠ってしまいそうである。(^_^;)

私のオーディオ機材は、ラジカセに毛が生えたシロモノ。ソースもCDだ。

いや、毛すら生えていないかも・・・(^_^;)

好んで聴くジャンルは軟弱の極み!なのだろう女性ボーカルモノだ。オンナの艶っぽい歌声を聴いてウットリしたいダケ。声さえちゃんと聴こえてりゃとりあえずOK。Hi-Fiとかピュア・オーディオとは次元の違う嗜好なのだろう。

そんな私がJazzとかクラシックやらを間違って聴いて、うかつに感動でもしようものなら、あまつさえココで大騒ぎでもしようものなら、きっと怖いオーディオの達人に叩きのめされて再起不能にされちゃうんだろうな。(爆)

いやはや、Jazzとは恐ろしい音楽である。(^_^;)

Posted at 17:06 in audio

Feb 05, 2005

最近の曲とか

ここんとこJazzばかり聴いていた。S-LH5aはアコースティックな音が気持ちいい。スピーカーを変えると好んで聴く音楽も変わるようだ。

そうはいっても、根っからの女好きな私(笑)。注目しているアーティストの新譜はちゃんとチェックしている。

過去 まずは、RAMJAの2ndマキシシングル「過去」。

1stシングル「月と遊泳」がモロ私のツボにはまる刺激的な作品だったので、次回作の出来が不安だったのだが、これまた良質なバラード。声質はUA似、ちょっと声の出し方に特長があって、私としてはもっと自然に軽く歌ってくれた方が好みなんだが、とても印象的なのは確か。ラジオで聴くと実にインパクトがある曲である。

今回の「過去」の方が一般受けしそうだ。今私の一押しアーティスト!どうやら4/20に1stアルバムが出るようなので、今後も要チェックである。

数多 お次は笹川美和の2ndアルバム「数多」。数多と書いて「あまた」と読むらしい。ちなみに私は読めなかった・・・(^_^;)

こちらは通好みというか濃いアーティストだ。賛美歌っぽい雰囲気に日本人独特の呪術的スパイスが混ざっている。ゴスペルじゃなく、巫女さんの祝詞といった感じといえばいいだろうか。。。(褒めてないか^^;)

でもイイのだ!2曲目の「あなた あたし」が私は大好きだ。是非聴いてみて欲しい。

Posted at 23:40 in music

Feb 02, 2005

ブロードバンドルータ

実家の親父に頼まれて、デジカメ編集用ソフトを買いにいったついででルータを入手した。

モノはメルコのBBR-4HGという有線ルータ。PPPoE時のスループットが92.0Mbpsと高性能なのに、お値段が5千円ほどという安さ。今や無線タイプが主流なので、アクセスルータ単体機能だけの有線ルータはやたら割安感がある。

早速家で設定してみた。自分用のPCは有線で繋ぎ、家族用のPC2台は無線で通信する。そのため既存の無線ルータ(WLAR-L11G-L)はブリッジ接続にして無線LAN部分のみを生かしてBBR-4HGに繋いだ。

さて、私のPCで通信速度はどの位出たかというと・・・

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.1.1 - Test Report ===
使用回線:NTT Bフレッツ ファミリー100
プロバイダ:ぷらら
測定地:福岡県福岡市南区
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:標準
下り回線
 速度:17.58Mbps (2.197MByte/sec) 測定品質:99.6
上り回線
 速度:16.17Mbps (2.022MByte/sec) 測定品質:99.0
測定者ホスト:*************.s**.a***.ap.plala.or.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2005/2/2(Wed) 23:04
-------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
=============================================================

結果は上記の通り。相変わらず十数メガ程度の数値しか出ないのでうれしくもなんともないが、ともかくルータを噛まさない直結の時の数値と遜色ない値が出ているのは確認できた。導入しても通信の足枷にはならないと思う。

しかし、ブロードバンドの品質には地域格差があるように思う。上記スピードテストのサイトで統計情報を見てみると、例えばBフレッツで、東日本と西日本では東日本の方が良い平均値を出している。電力会社系列のサービスでも、東京電力(TEPCO)と九州電力(BBIQ)とではTEPCOの方がはるかに速いのだ。

私が推測するに、これはBフレッツの問題ではなく接続プロバイダの設備に東西で格差があるのではないだろうか。やはり東京を中心とした東日本は通信基盤も増強され続けて、通信帯域に余力がありそうな感じがする。

Posted at 23:38 in pc

Feb 01, 2005

ホーン

hp9040 これは、エレクトロボイスのミッドホーンHP9040である。

2インチドライバ用なのだが、図体がデカい!(笑)ちなみにW=679.5,H=812.8,D=808.2(単位:mm)といったプロポーション。ヘタなウーハーBOXより顔がデカいんじゃないか?コイツ・・・。

なんでまたこんなモノを紹介しているかというと、実は密かにメチャメチャ欲しいと私が思っているアイテムなのだ。というかコイツの音を聴いてみたくてたまらないのである。

これだけの開口径とホーン長があれば、余裕ある鳴りっぷりなんじゃないだろうか?

Posted at 00:14 in audio

Jan 31, 2005

寒いっ!

今冬一番の寒気団が南下しているらしく、やたらと寒い一日だった福岡。

朝晩は小雪もちらついていた。明日の朝がひじょ~に心配である。積雪とか凍結なんてコトになったら道路は大渋滞!はっきり言って、雪が積もった日は家から出たくないんだが、月初めなのでそういうワケにもいかない。

私の車は四駆なので一応悪路には強いが、渋滞にハマれば宝の持ち腐れ、オカマ掘られた日にゃ泣くに泣けない。

「君子危うきに近寄らず」で行きたくても、世間は許してくれないだろうな・・・やっぱ。(^_^;)

Posted at 22:59 in diary

Jan 29, 2005

ボーカル

S-LH5aで歌モノを聴いていると、なんかノリが悪い。

声が2箇所から出て混ざっている?ような気がするのだ。

ウーハーとホーンツィーターの両方から同じ音が出ているのが気になるのだろうか??そんなに耳は良くないハズだが・・・(^_^;)

今はスピーカーから2mほど離れて聴いている。これ以上は距離がとれないし、予定では1mまで近づけるつもりなのでちょっと気になる問題なのだ。

その点、Auratoneは50cmの至近距離で聴いても違和感はまったくない。好きな女性ボーカルを聴くのなら、コッチの方が好きかもしれない。ペアで一万円しなかった安物だけど、いいスピーカーだわ。コイツ・・・

Posted at 23:34 in audio

オレオレ証明書

たまには社会ネタでも(笑)

コチラで紹介されていた高木浩光さんの日記を読んでみた。

ちょっと専門的なので普通の人にはわかりにくいかもしれないが、要はインターネット上でのセキュリティ対策に対して世の中の意識が高まりつつあるのに、その旗振り役であるはずの役所(自治体)がいー加減な対応をするんじゃねぇ!って話だ。

私も何度か自治体の電子申請手続きをサポートした時にお目にかかった。

信用できないゾ!

こんなダイアログが出てくる。

セキュリティ(盗聴防止とか)を確保する為に暗号化通信(SSL)をするわけだが、その前に今接続しているサイトが本物であるかどうかを証明する為に(電子)サイト証明書をブラウザはチェックしている。

このサイト証明書ってヤツは、第三者機関である認証局(有名なのはベリサイン)が発行するのが一般的で、発行元が利用者になり代わって審査を行い、このサイトが本物であるとお墨付きをくれるのだ。

ブラウザ(Windows)の方も、ベリサインとかメジャーな認証局から発行されたサイト証明書は無条件に本物として受け入れてくれる。だが、問題になった自治体のサイト証明書は世間に認知されていない認証局だったので、ブラウザの標準設定では「そんな認証局知らないよっ」と言われてしまうのだ。

本来なら、かりにも大日本(爆)のお役所が登録している認証局なんだから、マイ○ロソフトにねじ込んでウィンドウズ標準認証局に加えてもらうとか、もっとスマートにベリサインあたりからサイト証明書をもらうとかすればいいのである。

それを、使っているパソコンの 環境(かんきょう)によっては、セキュリティの警告(けいこく)メッセージが表示されることがありますが、問題ありません。と堂々と書いちゃいかんだろ、やっぱ。。。(-_-)

いくらシステムでセキュリティを強化した仕組みを構築したところで、利用する側が正しく使ってくれないと意味を為さなくなってしまう。

そのサイト証明書が本物かどうかをサイト運営者自らが証明出来るワケがないのである。自分で自分がホンモノだと言ったところで説得力もなにもない。よく知らない相手のいってることをホイホイ信じてしまっていたら、「振り込め(オレオレ)詐欺」にひっかかるお人好しと同じになっちまう。(^_^;)

日本の自治体は、民間に先駆けて情報化技術への取り組みを推進しようとしているはずである。ならば自らが範となり、セキュリティ対策という新しい技術に対する正しい活用方法を見せてもらわなければ困る。

いい加減じゃいけないのだ、こういう問題は。

Posted at 00:40 in social

Jan 26, 2005

思い悩む毎日

本当は仕事片付けなきゃいけないのだが、ついつい気になってアンプやらCDプレーヤーやらを調べてしまう。

これから年度末だし、毎年恒例でバタバタする時期だし、今年は余分なシステム開発案件まで受託しちまったから、夏までは仕事でパンパンのスケジュールなのだ。

仕事が忙しい時ほど、関係ない趣味とかに力が入ってしまうのは不思議なものである。(^_^;)

さて、今のところアンプは中国製の真空管アンプ(KT88 PP)に心が傾いている。個人輸入だと随分割安で入手出来るみたいで、気になっているMEXINGMC368-B というモデルが約700米ドル弱で買える。日本への輸送費を入れても10万以下で済みそうだ。

同じメーカーのMC805-AA にも惹かれる。シングルで40W×2の出力は凄そうだ。これを実際に所有されている方のレビューを読んだのだが、乱暴なほどの豪快さ制動力不足は感じたことがないといった感じで実におもしろそうである。

同時に1KV を越える高圧でトリタンフィラメントの高温が加わるという過酷な代物とも書いてあったので、ちょいとアブナイ機械のようではあるが。。。(^_^;)

コイツも価格は10万以下なので、資金に余裕があれば手にいれてみたい。

あ、あと某掲示板ご推奨のEP2500にも物欲が沸いている。ケチなこと考えずに全部買っちゃうのがいいかもしれないな♪(笑)

CDプレーヤーは、机上だとTEACのVRDS-15かなと思っている。ちょっと前までは、CECのCD3300が安いしこれでもいいかな?と思っていたのだが、もうちょっと上の価格帯の製品も検討することにしたのだ。

CDプレーヤーは、試聴してから決めても遅くはないだろう。

Posted at 00:40 in audio

Jan 25, 2005

続、ダイソー100円CD

ネタ切れというワケではないが、お手軽な話題で今日は済まそうと思う(笑)

先日紹介したダイソーの100円CD、ジャズ・リラクゼーションのシリーズだが、地道に1枚つづ聴いている。

今日はVol.7「ラテンアメリカ民謡集」だった。

この回は結構良いと思ったので、今リピートしている最中なのだ。

ちなみに演奏しているメンバーは

  • 太田寛二(ピアノ&アレンジ)
  • 西沢秀樹(ベース)
  • 横山和明(ドラム)

となっている。

もちろん私は全然知らない方々だ(自爆)ネットで検索するとそこそこヒットするので、興味ある方は自力で調べてもらいたい。<なんちゅー無責任(^_^;)

実はこの回で初めてドラムの横山さんが出て来たのだが、妙にいい感じで聴こえるのだ、彼のドラムの音が。

ちなみに横山さんは、1985年生まれだそうだから二十歳になるかならないかの若人だ。う~ん、年齢聞くとなんかブルーになる。(^_^;)

全曲彼のドラムが入っているワケではないが、このCDに限っては太田さんのピアノも音に力があり、メリハリが効いていて、つい手元を休めて聴き入ってしまった。

収録曲の中には当り外れもあるが、Vol.7はとりあえず私のお薦めにしよう。ちなみにVol.3からVol.6までは霧生トシ子さんという方がピアノとアレンジを担当しているが、私の好みではなかった。

どなたか物好きな方、ものは試しに買ってみませんか?

実にシンプルな演奏で、録音の方もあまり手を加えていなさそうな生っぽさがあって、近所でやってる客のいないJazzライブみたいでほのぼのしますよ。(笑)

他の人の感想を聞いてみたい!

Posted at 00:16 in music

Jan 23, 2005

recentwritebacks_tree

今さらながらのblosxomネタ。(^_^;)

せっかくコメントを書いていただいているのに、管理人が気付かないコト度々の失態をなんとか払拭せねばと、最近のコメント一覧をサイドメニューに表示するように変更してみた。

基本はコチラUnknownPlaceで配布されているrecentwritebacks_treeプラグインをお借りした。

無改造で動けば楽なのだが、往々にしてこの手のサブモジュールは自分の環境に合った微調整を施さないと動かない。今回も数箇所手を入れて、なんとかイメージ通りの挙動になった。

しかし、久し振りにPerlのコードを追っかけたが、どうも私はこの手の暗号みたいな言語は苦手だな。(^_^;)

Posted at 22:09 in blosxom

Jan 22, 2005

三国志

ヒマな時間に吉川栄治の「三国志」を読んでいる。

自慢じゃないが、この小説を私が最初に読破したのは小学4年か5年生の時だ。祖父が持っていたハードカバーの吉川栄治全集を借りて、わからないなりに夢中で読んだ。

今手元にあるのは文庫本。私は気に入った本は大体文庫本に買い換えている。若い頃は2年毎に引越しを繰り返したので、身辺を身軽にしておく習性がついてしまったのだ。

蒐集癖はない。意外と簡単に蔵書やアルバムは処分する方だ。

昔、太宰治について書かれた本に「太宰は本を大事にしなかった。彼の蔵書は常にミカン箱一つに収まる程度で、あふれた本は惜しげなく他人に贈り物としてあげていた。」という記述を見つけ、妙に感心してそれ以降ますます本を大事にしなくなった(笑)。

おっと、話が脱線してしまった。三国志である。(^_^;)

何度読み返したかわからない位読んでいるのだが、何度読んでもおもしろい。毎回新鮮なのだ。おそらく登場人物の数があまりに多く、エピソードも膨大なので、読んだ端から記憶が抜け落ちてしまうのだろう。

「こんな話あったっけ?」とさっきも頭を捻っていたところだ。(^_^;)

Posted at 23:31 in diary

Jan 21, 2005

リンダ・ルイス

山田さんからいただいた、リンダ・ルイスの「Lark」を今聴いている。

山田さんお薦めの女性ボーカル作品。いや、元をただせばへらぶなさんがこよなく愛する女性なのである(笑)

これは不思議な作品だ。リンダ・ルイスは黒人。それは歌声を聴いただけでは絶対にわからない。初めて耳にした時、私は絶対にイギリス人(白人)が歌っていると思い込んでしまった。(^_^;)

とてもかわいらしい声なのだ。少女の芳香が感じられる。へらぶなさんじゃないが、胸キュンもの!。これは一聴に値する。

色々といただいたCDの中で、コレを一番聴いているような気がする。。。(笑)

Posted at 23:32 in music

わはははは!

自分のコトについて、あまり人からどーのこーの言われる事はない私。

怒られもしないが褒められるモンでもない。

まあ悪く言えば「地味で」「目立たない」存在。それでもまれにかまってくれる奇特な人がいたりすると、無性にウレシイもんである。

今日、RUBYさんが某所で私をネタにしてくれていた。私にとって非常に光栄なコトである。めったにない吉事なので、勝手ながらここに引用させてもらうことにした。

聴いてみると3枚とも同じような傾向のアルバムである。この3枚だけでくらうどさんの好みが1発でわかってしまった。暗さや重さをまったく感じさせない軽快な音がお好みなのであろう。

この3枚とは、かつて何度かココで紹介したことのある、吉田美奈子「イン・モーション」、MORNING WOOD「MORNING WOOD」、4 NON BLONDES「Bigger, Better, Faster, More!」だ。確かに暗さとか重さは無い!(爆)基本的に、ノー天気でスカッとする音楽が好きだから、RUBYさんの言う通りである。

だが、普段からそのような音楽ばかり聴いているワケではもちろんないので、誤解なきように。

元気がもらえる音楽が好きなのだと、自分では思っている。特にジャンル等の拘りはないつもりなのだが、閉所恐怖症(爆)なので開放的な音を好む傾向は確かにある・・・かな。(^_^;)

くらうどさんのBLOGを読んでると、その無菌培養というか純粋培養されたような無垢な人柄が偲ばれて微笑ましい。3回転ひねり月面宙返りムーンサルトのようにひねくれまくった私なんかとは住む世界が違うような気さえする。

これは、褒められてるのか茶化されてるのか、よくわからない寸評だ(笑)。

無垢という言葉は好きだ。自分が無垢な人間だとはさすがに思えないが(^_^;)、ただピュアな気持ちは大事にしようとちょっとは考えているし、それが私の文章にもし滲み出ているというのなら、とてもうれしい一言ではある。

まあ、ひねくれまくったと自嘲しているRUBYさんも、実はとても繊細で心優しい方だということくらい、私もとっくにお見通しなのだ(笑)。

ところで、私が送ったCDは結局のところ気に入っていただけたのだろうか?まだ返事を聞いていないような気がするのだが??

コチラには、あと297枚ものおバカな音楽が控えているのだが・・・(爆)

Posted at 00:43 in audio

Jan 20, 2005

オーディオチェックCD

コウキさんから自作のオーディオチェックCDをいただいた。

コンセプトは、「80's」、「1stアルバム」、「1曲目」、「45回転」。

私にも馴染み深い曲が多く収録されていて、楽しく最後まで聴けた。

ルースターズ、モッズは高校生。ライディーン(Y.M.O)もちょうどその頃。山下達郎も同時期によく聴いていた。

BOOWYの時代は大学生だった。SADEもたぶん同じ頃。リマール(カジャ・グー・グーのボーカル)もこの頃じゃなかったかな?

ブルーハーツ、ストリート・スライダーズ、レッド・ウォーリアーズの頃は働いていた。プライベーツもこの時代かな?ここいらは名前くらいしか覚えていない・・・(^_^;)

コウキさんは、私より若い世代みたいだ。しかし、シーナ&ロケッツを選ぶあたりはさすが福岡出身!意味もなく親近感を覚えてしまった。(笑)

Posted at 00:21 in audio

Jan 19, 2005

趣味は楽しく

平日はなんだかんだでS-LH5aを鳴らす余裕がない。

結局、今もAuratoneでMP3を聴いている。

一体何のために買ったんだか・・・(^_^;)

鳴らしたら鳴らしたで、家族からブーイングの嵐。

音量下げろ!と言われるのも気分が悪い。

どっかのオーディオ店のサイトに、「良い音楽を良いオーディオで鳴らせば、必ず家族の理解は得られる。」と書いてあったが、理解を得られない私はくだらん音楽を聴いているという証明なのか?(自爆)

CDプレーヤーやアンプとか考える前に防音室が欲しい。だが、閉所恐怖症の私に防音室は耐えられない。(^_^;)山奥に別荘でもおっ建てるのが理想的だ。でも、一人孤独に音楽聴くってのも味気ない・・・

気持ちよく音楽を聴く。どーってことないコトなんだけど、今の私には難しい。

楽しめないなら、やる必要はない。どうにかして楽しむ方法を見つけなければ!

どうせなら少しでも良い音で音楽は聴きたいから。

だけど、Auratoneでも楽しいんだな。(^_^;)しばらく聴き続ければ、音が脳内補完されて気にならなくなってしまう。

聴く音楽もくだらなければ、どうやら耳も腐っているらしい。

下の娘の一言が痛い。

「おとうさん、趣味悪いから音楽聴くのやめたら?」

そこまでいうか!!(>_<)

Posted at 00:29 in music

Jan 17, 2005

ハズレ(^_^;)

Jガイルズ・バンドが無性に聴きたくなって、アマゾンに注文したのが届いた。

購入したのは3枚。

この内、「フリーズ・フレイム」は高校時代にテープへダビングして聴いていたアルバムをもう一度聴いてみたくてチョイスした。「堕ちた天使」が収録されているヤツだったので、多分コレだろうと思ったのだが・・・

聴いてみたら、全然違うアルバムだった。(^_^;)

う~ん、一体どのアルバムなんだろう?私の記憶に残るJガイルズのお気に入りは・・・

可能性があるのは「Showtime!」しかない。

Showtime!

アルバムジャケットを探したら、↑が見つかったのだが・・・なんか記憶と違う。。。(^_^;)

私が聴いていたのはもっと派手でカラフルだったと思うのだが・・・LPとCDでジャケットが変わったのかな?

追記。

よく見たら、アマゾンで試聴出来るんだった(汗)。

ほいで、聴いてみたら「Showtime!」が私の探していたお気に入りアルバムに間違いない(笑)。

しかし、ジャケットの記憶が食い違うのは解せないなぁ~。(-_-)

Posted at 23:41 in music

Jan 16, 2005

机の上

机の上

昨日に引き続きダイソーネタ(笑)。ふと目についた小型のメタルラックを気紛れで購入したので、組み立ててみた。

この商品(ジョイント・ラック)はパーツが単体で売られていて、例えば写真の2段ラックを作るためには

  • ポール(40cm) 4本
  • 棚板(30cmX15cm) 2枚
  • 留め具1セット(4箇所) 2セット
が必要(片側のみ)。

もちろん100円ショップの商品だから、部品1点が105円なのである。上記組み合わせで8点必要だから、合計840円。左右2セット作って1,680円だ。

値段の割には良い出来だと自画自賛している(笑)。

しかし、ダイソーの商品は侮れない。100円とは信じられないクオリティだ。

Posted at 21:56 in misc

Jan 15, 2005

100円CD

トリアス久山の中にあるダイソー(100円ショップ)で、CDを買ってきた。

ジャズ・リラクゼーション」というシリーズ物。全部で10枚あって、世界各国の民謡(ロシア、イタリア、イギリス、ラテンアメリカ)とアメリカ音楽をジャズ風にアレンジした演奏が入っている。

コイツ、1枚100円(税込105円)で売られているのだが、中身は使い古しの音源ではなくオリジナルの最新録音(録音が良い)だという話を聞きつけて、興味が沸いたのだ。

なんたって、10枚全部買っても1,050円!ハズレだったとしても全然痛くない買物だ(笑)。というワケでVol.2から10までの9枚をゲット!Vol.1は在庫切れで断念するしかなかった。(^_^;)

そして今聴いている。ピアノとベースがほぼメインの構成(ドラムが入る曲もある)。実にシンプル、安上がりな演奏だ(笑)。録音の方は騒ぎたくなるような出来ではなかったが悪くもない。まさしくリラクゼーション、BGMにピッタリのタイトル通りな内容だった。

100円でこの出来ならお買い得だと思う。ダイソーもなかなかヤルものだ。

Posted at 23:04 in music

Jan 14, 2005

CD-R

ネットで知り合った方々から色々な音源を頂ける。

お返しをせねば!と、普段めったにやらないCD-R作成なんぞにチャレンジした。

第一手元にブランクメディアがなかったりする。あわてて帰宅途中にドンキホーテへ寄り道して、20枚ほど買い込んできた。(^_^;)

家に帰ってからコツコツとCDを焼き、最後にラベルプリンターでタイトル等を印字して、やっとこささっき完了。

ラベルプリンタなんて、使ったの一年ぶりだわ・・・(汗)

Posted at 02:20 in audio

Jan 10, 2005

う~む・・・

日曜日に新しいスピーカーが届いた。

パイオニアのS-LH5aというヤツだ。新品を買える身分では今のところないので(既に生産中止だが^^;)、ヤフオク経由で購入した。純正のスピーカー台もセットだ。

朝10:00近くに佐川が持って来たので、とりあえず受け取りだけ済ませてソフトバレーの練習に出かけた。昼過ぎに帰宅し、嬉々として梱包を解いて和室(6畳)に設置。アンプとCDプレーヤーはまだないので、手持ちのミニコン(SHARPのSD-CX2)を繋いで音出しをした。

第一印象は、「おー、コレよコレ♪」って感じで音が顔面近くまで飛んでくる。

音が前に出てくるなんて生易しいモンじゃない。ソース次第なのだが、オンマイクっぽく録音されている音源だと顔を叩かれている感じがするのだ。

ちなみにこの時の音量は結構大きい(笑)。ほとんどライブハウスで聴く時と変わらないパワーだろう。客観的な表現が出来ないのだが、SD-CX2でボリューム30にしてスピーカーからの距離が約1.5mで試聴していた。

リビングにいた嫁さん&ガキ共が「こっちの話す声まで聴こえないじゃないよ!いーかげんにしなさい!!(怒)」とブチ切れた(あいだの間仕切りは締めていたのだが)ので、すぐにボリューム25まで下げてしまったのだが・・・(^_^;)

ところが音量を下げると魅力が半減してしまう。今までのSB-RX50と大差なくなってしまうのだ。爆音?で鳴らしてこそのホーンスピーカーなのだろうか?

S-LH5aは、ガンガン鳴らして真価を発揮するスピーカーのようだ。いきおい試聴する音楽(CD)もパワフルなジャンルに偏ってしまった。

とにかく最高によかったのが、知る人ぞ知る(笑)私の愛聴盤、MORNING WOODの「MORNING WOOD」と、多分意外に知られていないだろう(^_^;)隠れた名盤だと勝手に思っている、4 NON BLONDESの「Bigger, Better Faster, More!」だ。

これらは明らかにSB-RX50より上の鳴りっぷりを聴かせてくれる。Tony Harnellのハイトーンボイスとアコースティックギターが、まるで目の前でプレイしてくれているみたい。Linda Perryの野太い声が噛み付かんばかりの至近距離で吼えている。

もうこの2枚がこれだけ鳴れば、買った甲斐があったというものである。

意外というか新たな魅力を発見したのが、The B52'sの「Cosmic Thing」。まあ録音の良し悪しは関係なく大好きなアルバムなのだが、S-LH5aで聴くと太鼓(スネア)の音がいい感じにパーンと弾ける。ざっと聴いたCDの中では一番本物っぽく入っていると私は思う。こーゆータイコの音が好きなんだな♪

だが、イマイチな音楽もあった。SB-RX50より劣るわけではないが、どうにも聴きづらい(鳴らし切れていない)CDが数枚・・・。

まずは、DEF LEPARDの「Hysteria」。ドバ~ッ!と押し寄せてくるハードな音の洪水がたまらない1枚なのだが、これは高音部がキツくて爆音で聴くと頭が痛くなる。(^_^;)耳元をシャリ~ン♪キイィ~ン♪って高周波が通り過ぎてく感じ。かといって音量を下げるのは寂しい。ちょっとうまく鳴らせなかった1枚だった。

あと、EGO WRAPPIN'の「Midnight Dejavu~色彩のブルース~」。このアルバム(5曲入りマキシシングルだが)結構音が良いというか生々しくて好きなのだが、ベースの音が盛大に入っていて、ブ~ン♪ブォ~ン♪としか鳴らない。(^_^;)弦を弾く芯のある感じが皆無で、こりゃベースの音じゃねぇや!(汗)という感じなのだ。

アンプを換えることでどこまで改善できるだろうか?今までの経験からだと、アンプのグレードを上げると音がリッチ(音が増えたゴージャスな鳴り方)になった。

個人的に今のS-LH5aで最も気になるのは、低域の根性が無さ過ぎる点だ。ホーンがバリバリ目立ったちょっと腰高な鳴り方。

某BBSで話題のEP2500がちょっと気になる。。。(笑)

Posted at 21:37 in audio

Jan 08, 2005

電動ハブラシ

ネタがないので身近なモノを話題にする。

我が家は一年前から電動ハブラシを使っている。最初に買ったヤツは名前もしらないメーカー製(笑)。嫁さんが職場で訪問販売員から購入した。

使ってみると実に具合がいい。始めの数日は慣れない感覚にとまどうが、すぐに忘れて病みつきになった。

自分でやるより確実に磨ける。歯並びの良い人は関係ないだろうが、私は自慢じゃないが歯医者さんに同情されるくらいガタガタな生え方なのだ。(^_^;)どうしても磨き残してしまいがちだった場所も、電動ハブラシならキチンと届いている(ような感じがする)。

そんな感じで一年ほど愛用していたら、調子が悪くなりついに使えなくなってしまった。

嫁さんが販売店に電話すると、なんと夜逃げしていやがった(爆)。売りつけた訪問員の名刺が残っていたので携帯に電話して(嫁さんが)脅しまくって製造メーカーの連絡先を聞きだした。問い合わせをしてみると、逃げた販売店と訴訟中だとかでサポートできないと冷たくあしらわれてジ・エンド。。。(^_^;)

しかたなく自分で歯磨きをやっていたが、一度味わってしまった電動ハブラシの快感が忘れられず、買い直すことにしたのだ。

あやしい訪問販売(爆)に懲りて、新たに購入したのがブラウンオーラルB ソニックコンプリートという商品だ。嫁さんが市場調査の末に選んだ自信の一品である(笑)。

コイツは音波振動ハブラシと呼ばれるジャンルの製品らしい。動作原理はよくわからないが、前の電動ハブラシはヘッドがワシワシと動いてブラシで歯をこする感じで、ソニックの方はヘッド全体がブーンという感じで微細振動していて、ブラシの周りの空気が振動するエネルギーで汚れをはがすといった感じだろうか。ブラシでこするとはまったく違う。歯磨き粉はいらないんじゃないか?と思うくらいである

ブーンという振動はちょっと独特で、最初慣れるまでは刺激が強い。口の中がシビレる感じなのだ。強さが調節出来るので、初めはちょっと弱めの振動で使っていたのだが、すぐに慣れてしまって今は最強モード(笑)。

これまた快感なのだ。もう電動ハブラシのない生活なんか考えられない!(^o^)

Posted at 23:47 in misc

Jan 04, 2005

ライブは好きじゃない

急遽予定を変更して、今日はホントの駄文を書くことにする。

音楽は生で聴くのが一番!ライブでガンガン盛り上がるのが無上の楽しみという方。私はそういうタイプではないので、以下の妄言は気にしないように(笑)。

まず最初に断っておく。私はFMラジオで育った音楽ファンである。

テレビの音楽番組ももちろん観ていたが、音楽に関しては小学生の頃から情報源はFMだった。

当時福岡にはFM局が2つ。NHK FMFM福岡があり、流行りの曲を聴きたきゃFM福岡を聴くしかなかった。

親父が持っていたラジカセ、たしかスタンダードというメーカーのヤツだったと思うが、両親の寝室に2台目のテレビが据えられたのをきっかけに、親父の枕元で子守唄がわりに使われていたのを奪取したのが小学6年生になった頃だったか。。。

その頃うれしくて一生懸命聴いていたのが、デビューしたての八神純子さん。

正式デビューは1978年(「思い出は美しすぎて」がデビュー曲)となっているのだが、私が当時聴いていたのは「雨の日のひとりごと」というYAMAHAのポプコンで歌われた曲だ。たしか何かの番組にゲスト出演していた時の音源をテープに録音して(おそらく生まれて初めてのエアチェックというヤツか(笑)、「なんてキレイな声なんだろう♪」と思いっきり惚れてしまったのだ。

とまあ人生最初のフェイバリット・シンガー(爆)である八神純子さんなのだが、アルバムを買おうと思うまで盛り上がるコトはなく、当時のテープも既に消失してしまって記憶の中でのみ存在している。(^_^;)

中学から高校の間は、FMでやってる週間ランキング番組をエアチェックしながら音楽を聴いていた。毎週土曜日の昼間に、コーセー化粧品がスポンサーだった「歌謡ベストテン」があって、その後に「ポップスベストテン」が続く。

洋楽は高校に入ってから本格的に聴き始めた。一番の思い出は、やはりザ・ナックの「マイ・シャローナ」だ!(笑)マイ・シャローナという曲名は覚えていても、グループ名のザ・ナックを記憶している人はほとんどいない、代表的な外タレの一発屋である。

あと思い出すのはJガイルズ・バンド。ちょっと記憶があいまいなのだが、多分当時聴いていたのが「フリーズ・フレイム」というアルバムだったと思う。高校一年の時、友達に勧められてJガイルズを聴き、その時はたいした印象もなかったのだが、後になって「フリーズ・フレイム」に出会い、スッゲーカッコイイ!!と感激したのだ。レンタルでダビングしたテープしか持っていなくて、それも今は行方不明。(^_^;)

まあ、そんな感じでベストテン番組ばかり聴いていた私は、絵に描いたようなミーハー音楽好きに成長していったワケである(自爆)。

好きな音楽をFMラジオから聴きとっている間、生演奏(ライブ)はまったく違う角度で体験していた。

いわゆるロックの生演奏は、高校一年の時に半年ほどバンド活動をかじった経験が最初である。私はピアノが弾けたのでキーボード要員として駆り出されたのだが、あまり真面目に練習せずタバコばかり吸っていた記憶しか残っていない。(^_^;)

ただ、素人バンドの演奏は当時からちょろちょろ聴くようになっていた。知り合いの演奏を聴くと、贔屓目半分で思い切り音に集中出来るので、上手い下手い関係なくゴキゲンな気分になれるものである。

そんな時、ライブに幻滅した出来事があった。たしか山下久美子さんだったと思うが、野外コンサートを聴いた時の音が最悪だったのだ。あそこまでボーカルが聴こえないライブなんか観に行く価値はないと思った。

こんなんなら家でラジカセ聴いていた方が100倍マシだ。

それ以来、野外と名のつくライブには足が遠のいた。

野球場(ドーム)でやるライブもいい思い出がない。東京ドームであったBOФWYラストギグも音は最悪。わざわざ金払って大画面スクリーンを見ていたんじゃ実にむなしい気分にさせられるばかりだ。

もちろんその場の雰囲気は感じられるので、ライブを観た満足感は得られる。だがそれは「体験を共有した」という喜びダケでしかない。私はそれよりも「素晴らしい演奏を聴けた」感動を得たいのだ。

人それぞれライブの楽しみ方はあるのだろうし、それを否定するつもりもない。ただ私が悔しく思うのは、「私がラジオで聴いて好きになった音楽は、ライブで聴くと楽しくない」と感じてしまうコトなのだ。

山下久美子もBOФWYもそうだった。最低最悪だったのがRCサクセション。どっかの体育館みたいなところであったライブに行ったことがあるのだが、演奏が始まったとたんに周囲が暴れ始めて(ちょっと表現が大袈裟か^^;正しくは踊り始めて)、もう音を聴くって状況じゃなくなってしまった。

私は暴れにきたつもりじゃないのだが・・・(汗)って気分で思い切りブルーになったのだ。(^_^;)

別に醒めてるんじゃなく、ちゃんと控えめに(笑)ノリノリで聴きたい。シャイと言われればそうかもしれないが、周りの空気に合わせるったって限度というものがあると私は思う(自爆)。

どーにも踊る(身体を動かす)って行為が好きになれない。なので「動け~!!」と強要されるライブは楽しめないのだ。同じ理由でディスコも大っ嫌い!あそこにだけは死んでも行くものかと心に誓い、ホントに一度も足を踏み入れなかった。私の歳で「ディスコに行ったことがない。」と言うと、「え~っ!信じられない~!!」とよくバカにされるが、そんなもんヒトの勝手である。

結局、Jazzバーとかでのんびり女性ボーカルでも聴いているのが一番性に合っている気がする。のだが、お気に入りのアーティストが来福したりなんかすると、やっぱり観に行きたいと思ってしまう自分がいるのだ。(^_^;)

Posted at 21:28 in audio

Jan 03, 2005

我が家の三が日

あけましておめでとうございます。2005年の駄文も本日よりスタートです。

懲りない方々、今年もお付き合いよろしくお願いいたします(笑)



さてさて、我が家は新年早々ゲームで盛り上がっている。(^_^;)

コトの発端は、箱根駅伝。我が家の家訓(私の趣味^^;)により、正月三が日は駅伝中継(元旦のニューイヤー駅伝に、二日、三日の箱根駅伝)を見る決まりとなっているのだが、毎日5時間超テレビを独占されて退屈しまくった嫁さんとガキ共が共謀し、ドラゴンクエストⅧを買うといいだしたのだ。

ガキ二人がもらったお年玉の一部を出し、嫁さんが足りない分を援助して、パシリにされた娘が近所の中古屋へ買いに走った。

ほどなく娘(小4)が帰還。「いくらだったの?」と嫁さんが尋ねると「うん、三千なんびゃくえんだったよ~♪」と元気な返事が返ってきた。

そんな安いハズはないが・・・(汗)

娘が袋から出したパッケージを見ると「ドラゴンクエストⅤ」と書いてある。8と5を間違えたのだ(^_^;)

お兄ちゃんからしこたま責められた娘。ところがコイツはなかなか肝っ玉が据わっていやがるので「だってワカランやったも~ん。ドラクエは他に売ってなかったしぃ~」と悪びれもしない(爆)。

仕方ないかとドラクエⅤをプレイしようとしたら、なんとプレステ2本体が動かない!かれこれ2年近く放置してガキ共のおもちゃと化していたので、いつのまにか破壊されていたようだ。数枚あったハズのメモリーカードも見当たらない。お兄ちゃんに問いただすと、どうやらゲームソフトと一緒に友達へ貸しているらしい。。。(^_^;)

嫁:「どうしようか?(^_^;)」
私:「本体買い直すしかなかろー(-_-;)」
嫁:「えらい出費だわ~(ToT)」

よっぽどガキ共のお年玉から搾取しようかと思ったが、親類縁者の少ない我が家はお年玉の実入りも寂しいのでちょいと不憫だ(笑)。

普段はやらないお父さんからのお年玉というコトで、速攻車をゲーム屋に走らせ、新型のプレステ2(薄型のヤツ)とドラクエⅧを購入したのであった。

私はあまりゲームはやらない人なのだが、競争相手がいるとトコトン燃えるタチだ(爆)。特にRPG系は物語性があって出来の良いソフトは好きである。我が家には私と同じく負けず嫌いの嫁さんに、最近やっとゲームのセリフを理解できるまでに成長?した息子(小6)がいて、ゲーム魂を揺すぶらせてくれる相手には困らない。

昨夜から既に全開モードでゲームに集中している(自爆)。

しばらくは睡眠時間を削る毎日となることだろう。(^_^;)

Posted at 17:13 in diary