May 28, 2006

チャレンジ・ザ・デジスコ

色々悩んだ末、やっぱり超望遠の世界を覗いてみたくなってデジスコを導入した。手持ちのCaplio GXが意外と簡単にデジスコ対応出来るのが決め手だった。

新たに購入したのがビクセンスポッティング・スコープGEOMA ED52-Sに接眼レンズGLH20とデジカメアダプタのセット品。これで諭吉さん4枚くらいの投資になった。

今週末は試し撮りを楽しみにしていたのだがあいにくの雨・・・。日曜日の今日、我慢出来ずに時折小雨がぱらつく悪天候のなか那珂川で初陣を飾ったのだ。(笑)

初体験の感想は、とにかく難しい!デジカメのフレーム内に鳥さんを入れることすら難儀なのに、スコープのピントまで合わせないとシャッターが押せない。。。いや、押すことはできるがピンボケ写真撮っても意味がない。(^_^;)

暗くてシャッタースピードが稼げないので最初は三脚を使っていたのだが、ちんたら位置決めしてピント合わせている間に鳥さんはさっさとどっかへ行っちまう!シャッターすら切れずに全然写真を撮らせてもらえなかった。(ToT)

頭にきてISO感度を上げて手持ち撮影に切り替え、撮りやすいアオサギを狙ったのが下の写真だ。

アオサギ1
GEOMA ED52-S(GLH20) + Caplio GX(テレ端) 1/290sec F4.3 ISO800 手持ち

アオサギ2
GEOMA ED52-S(GLH20) + Caplio GX(テレ端) 1/290sec F4.3 ISO800 手持ち

悪条件を考えればこんなものか。天気が良ければもっと画質は良くなる。問題はピントだな。デジカメの液晶だけが頼りなんだが、これが見辛くてイマイチピントの山がわからない。(>_<)

もっとうまく撮りたい。しばらくはデジスコにハマリそうだ。(笑)

Posted at 17:53 in digisco

May 26, 2006

通俗音楽(爆)

STEP BY STEP
RICOH XR RIKENON 50mm F2

というコトで、今栗スピーカーで聴いているのは森高千里の「STEP BY STEP」。某ブックオフの105円セールで保護してきた一枚だ(笑)。

これは94年の作品だが、中身は更に20年はタイムスリップしている古臭~いアイドル歌謡なのだ。これが妙にこの栗スピーカーと合う!

森高の宇宙人的カワイさ炸裂なのだ!!

まさかこんな通俗音楽を鳴らすのに使われているなんて、製作サイドは思いもしなかっただろうな(爆)

Linfofさん、やまださん、申し訳ない!m(__)m

Posted at 22:47 in music

栗スピーカー、その後

我が家のサブシステムに納まった栗スピーカーのその後でもレポートしてみよう。

とにかく個性的だと思う。優等生ではない。何でもそつなく聴かしてはくれない。そういう意味ではAuratoneの方がそっけない音だったが扱い易かったと思う。

コイツを上手に鳴らすのは難しい。ただそれは私が特殊な使い方をしているのが悪いのであって、栗スピーカーに非はない。設計者が意図したのは、おそらくリスニングポジションまでが1メーターほどの距離で、深夜でも隣室の迷惑にならない程度の音量なのだろう。箱が気持ち良く鳴るスイートスポットがそこらへんにありそうなのだが、私は栗スピーカーを机の上に置いてしまった(どうしてもココに置きたい!)ので、スピーカーまでの距離は50センチ位という超至近距離!無垢材の箱を美味しく響かせるパワーを入れちゃうと、音が微妙に大き過ぎてBGMで流すのはちょっと苦しい。。。(-_-;)

そこで音量を絞ると、今度は箱が充分に鳴らなくなって一気に寂しい音になってしまう。ほんとに微妙なバランスなのだが、ハマった時の音が箱鳴りの効果絶大で実にリッチなもんだから、なんとか今のポジションで上手く鳴らせないものかと頭を悩ませている最中なのである。

「パソコン用で使うのはもったいない!」と何人かに言われたが、確かににそうかもしれない。(自爆)仕事中(?)のBGMで鳴らすには音が良過ぎて生産性が落ちてしまいそうだ。(^_^;)

私には過ぎた箱だったような気もする。正直最近の流行歌とかを聴くのなら、箱は鳴かない方が合う。私がたま~にしか聴かないアコースティックもの、古い時代の音楽が大得意みたいだ。まっとうな音楽ファンには強くお勧めするが、私と同じ通俗音楽中毒者(爆)なら市販のミニコンの方が幸せになれる。

なかなか手強いのだ。うまく使いこなせたらかなりの能力を発揮しそうな片鱗が見え隠れしている。そもそも使い方が間違っているというツッコミはありそうだが(汗)、引き続き格闘していくつもりだ。

Posted at 22:11 in audio

May 24, 2006

K100D

昨日発表になってた。*ist D後継の中級機ではなく、*ist DL後継のエントリーモデル。

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2006/05/23/3844.html

手ぶれ補正が載った。コニミノと同じ画像素子をシフトさせる方式で、古いレンズにも有効みたいだ。レンズ側から情報がもらえない場合は手動でレンズ情報を登録出来る。

う~ん、欲しいかも。だけど個人的には訴求力がイマイチ。。。今一番欲しい機能は連写能力なのだ。

ペンタの中級機を待つか。だけど実はキャノン買うのが一番幸せになれるって気付いている私。(^_^;)

Posted at 10:13 in camera

May 21, 2006

テレフォト・シンドローム(爆)

名前知らない小鳥
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/750sec F8 ISO400

半分意地になって、今日も昼から小鳥さん狙い。(^_^;)

那珂川の岸辺の木の下に張り込んで、鳴き声がすると姿を探してレンズを向ける。何枚か撮って確認するがどうも良くない。木陰の暗い場所から明るい外へレンズを向けていたので、逆光になってしまい鳥さんが真っ黒になった。(-_-;)

作戦変更で外側から狙うことにして、都合よく一羽の小鳥さんが近くに寄ってきたのですかさずパチリ!

うん、これはまあまあかな♪ちょっとピントはあやしいケド・・・(^_^;)

最近失敗続きで「やっぱサンヨン買うしかないかな」なんて思い詰めていたけど、トキナー80-400でも頑張ればそこそこの写真が撮れるんだなって思い直してしまったよ。(笑)

Posted at 16:56 in camera

May 20, 2006

しつこくムクドリ

ムクドリ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/350sec F8 ISO200 トリミング

今週はずっと天気が悪かったのだが、週末は晴天♪待ってましたとトキナー持って那珂川へ。

・・・他に撮るモノないんかい!(^_^;)

ハト、スズメ、ツバメにカラス、ムクドリ、ヒヨドリ、セキレイとサギにカモ、その他名前を知らない小鳥さん達。。。いっぱい見たケド。。。写真はダメダメ!!(-_-;)

暖かくなって、鳥さん達の動きが早くなった?ツバメなんかファインダーに収めることすらできないゾ!(>_<)

やっぱり300ミリ単焦点レンズ買うか?(おいおい^^;)

Posted at 20:10 in camera

May 14, 2006

今週も小鳥さん

やっと晴れた!絶好の撮影日和だ♪いつものように昼過ぎから那珂川へトキナー80-400を抱えて出陣した(笑)

先週痛い目に遭いながら小鳥さん達のたまり場をチェックしたので、今日は迷わずいつもと反対岸の大木が数本生えている空き地へGO!

モズ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/750sec F8 ISO400

まずは今回一番苦労して撮った小鳥さん。姿形はモズのようだが、ひと回り大きい感じがする。逆光だったのでちゃんとした色を出すが大変だった。10枚くらい撮ったかな?

ヒヨドリ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/250sec F8 ISO200

お次は先週大失敗したヒヨドリ。これは手ブレっぽい。(^_^;)

ムクドリ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/125sec F8 ISO200

ちょっと場所をかえて、空き地の一坪菜園で餌をついばんでいたムクドリ。これもブレている(汗)

スズメ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/500sec F5.6 ISO200 トリミング

最後はお馴染みのスズメ。ちょっとかわいく撮れたので採用した。F5.6開放だけどまあまあくっきり写っているみたいだ。

Posted at 22:12 in camera

May 13, 2006

Believe Yourself

Believe Yourself
smc PENTAX-FA35mm F2 AL

音の良いスピーカーを手に入れると、極上の女性ボーカルが聴きたくなる。というワケでチョイスしたのが露崎春女(つゆざきはるみ)の「Believe Yourself」。昔から私の駄文をお読みの方は、Lyricoって名前の方に覚えがあるかもしれない(笑)

彼女は上手い!掛け値無しでお薦めする。声質は極めてナチュラル。私の勝手なイメージだとマライヤ・キャリーに似ている。それが故に没個性なきらいがあってイマイチ売れないのが玉にキズだろうか。。。(^_^;)

で、このアルバムの7曲目に入っている「Heaven help」って曲、Gerry Deveaux(ジェリー・デヴォー)が書いていて、実はこの人レニー・クラヴィッツのいとこなんだそうだ。そのせいかこの曲はレニー自身も歌っていて、ベスト盤「LENNY KRAVITZ GREATEST HITS」にも収録されている。というか、世間的にはレニーが歌っている方が有名かな?(笑)

Posted at 21:58 in music

May 11, 2006

栗スピーカー

栗スピーカー
smc PENTAX-FA35mm F2.0 AL 35mm 1/3sec F8 ISO200 三脚使用

Linfof工房さんにお願いしていたデスクトップ用スピーカーが届いた。かわいいでしょ?これ♪

Posted at 00:12 in audio

May 07, 2006

再会

天気が悪い。だが連休も今日で終わりなので気合入れて那珂川に散歩へ出かけた。

持っていったのはトキナーの80-400。漠然と「鳥さんでも狙おうかな」なんて考えだったのだが、これが重大な選択ミスであった。。。(^_^;)

アオサギ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/250sec F8 ISO400

久し振りのアオサギくん。今日は河原で遊ぶ人がいなかったせいなのか、陸の上をのんびり散歩していた。これは絶好のチャンスだとレンズを向けてシャッターを切ったのだが・・・暗過ぎてシャッター速度が稼げない!(-_-;)

トキナーのこのレンズはF8まで絞らないと良い写りにならないし、ISO感度を800まで上げてしまうとノイズが私の許容範囲を超えてしまう。。。今日はこのレンズの出番ではなかったのだ!(汗)

上の写真はマグレみたいなもんである。(^_^;)

餌を与えるスズメ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/180sec F8 ISO400

アオサギを撮った場所のすぐ近くでチュンチュン鳴く声がするので上を見上げると、木の枝に小鳥が数羽かたまって止まっていた。レンズ越しに観察するとスズメだった。どうもヒナに餌を与えているみたいなのだが、どう見てもヒナの方が図体がデカい。

このヒナ、なんて鳥なのだろう?やっぱりスズメ??

ヒヨドリ
Tokina AT-X 80-400mm F4.5-5.6 400mm 1/90sec F5.6 ISO800

さて、今日一番の失敗作!(;^_^A)

川沿いの道を帰りながら歩いていたら、前方の木の上から「ピーヨ、ピーヨ」と喧しい鳴き声がする。なんだろう?と近寄って行くと、いきなり目の前にヒヨドリが降って来てすぐ近くの小枝にしがみついたのだ!

こんな間近で撮れるチャンスなんかめったにない!勇んでレンズを向けて数枚シャッターを切った!液晶で確認してみると・・・派手に手ブレしている~!!(-_-;)

そりゃね、1/90秒なんかで止められたらスゴイよ。手ブレ補正がありゃあシャッターチャンスを逃さなかっただろうよ。。。フン!(イジイジ)

Posted at 17:56 in camera

May 06, 2006

久し振りに照天神社

連休4日目。今にも雨が落ちて来そうな天気なので午前中に近場を散歩。最近足が向いていなかった照天神社に寄った。

ちょうど一年前にCaplio GXで撮っていて、今回は*ist DSにFA35/2。さてはてちょっとは腕が上がっているだろうか?単に道具の違いだけのようにも思える。。。(^_^;)

照天神社・参道入り口1
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/60sec F5.6 ISO200

照天神社・参道のつつじ1
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/90sec F4 ISO200

照天神社・参道入り口2
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/60sec F4.5 ISO200

照天神社・境内1
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/60sec F4.5 ISO200

照天神社・境内2
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/90sec F5.6 ISO200

照天神社・境内3
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/90sec F5.6 ISO200

照天神社・境内4
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/125sec F5.6 ISO200

照天神社・参道のつつじ2
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/90sec F5.6 ISO200

Posted at 15:34 in camera

May 05, 2006

福岡の屋台

今日はカメラ無しの一日。どんたくで撮った写真の中から天神の屋台をいくつかアップする。

国体道路・警固神社沿いの屋台
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/125sec F4 ISO200

まずは国体道路警固神社と面する一角にある屋台の列だ。この場所には昔っから、少なくとも私が高校生の頃から屋台が出ていた。当時は1軒か2軒くらいしかなかったが、今やすごい密集ぶりである。

渡辺通り・ビックカメラ近くの屋台
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/90sec F4 ISO200

天神のメインストリート渡辺通りに出ると、ビックカメラのすぐそばにも屋台があった。屋台らしくない洒落た店構え(笑)。シェーカーも見える。

しかし渡辺通りに屋台ってのはヘンじゃないか?私は地元民だがどうにも受け入れがたい景観だ。(-_-;)

渡辺通り・大丸前の屋台
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/125sec F4 ISO200

こちらは上の写真の反対車線側。福岡大丸の前に出来上がった伝統的な姿の屋台(笑)。

そんなことより、どうしてこの通りに屋台があるのか理解に苦しむ。私が東京へ出た87年頃には渡辺通りに屋台はなかった。福岡に戻ってこの有様を見たとき、はっきり言って見苦しい、恥ずかしい景色だと嘆いたのを覚えている。

きれいなビルやデパートが立ち並ぶ目抜き通りを、小汚い屋台の群れが占拠している街って一体なんなのよ!?

福岡の屋台なんて大したことないよ。だいたいアングラな店なんだから、わざわざ食べに来る様なところじゃないって!値段も割高だし呑んだ勢いじゃないと私は行かないね(笑)。

Posted at 22:37 in camera

May 04, 2006

どんたく 2日目

パレードは飽きたので別の写真を載せてみる。こういう普通の写真を上手く撮るのは難しい!腕のない私だと、コンデジで撮ったのと変わらない。。。(-_-;)

どんたく舞台 博多駅1
smc PENTAX-FA28-105mm F3.2-4.5 28mm 1/250sec F11 ISO200

今日はまず博多駅へ向かった。ここにもどんたく会場があるのだ。新人歌手が舞台に上がっていた。

どんたく舞台 博多駅2
smc PENTAX-FA28-105mm F3.2-4.5 105mm 1/1000sec F5.6 ISO200

出番が終わって引揚げる人達。おしろいと鮮やかな着物が目を引いた。

どんたく舞台 ビブレ
smc PENTAX-FA35mm F2.0 AL 35mm 1/45sec F5.6 ISO200

これは昨日撮った。天神ビブレのどんたく会場だ。博多にわかを演っていた。博多では定番の演芸なのだが、どうも私にはおもしろくない。(^_^;)

どんたく舞台 新天町
smc PENTAX-FA35mm F2.0 AL 35mm 1/45sec F5.6 ISO200

こっちは天神の新天町にあったどんたく会場。若者のパフォーマンス集団か?

ミス福岡?
smc PENTAX-FA☆200mm F2.8 200mm 1/500sec F6.7 ISO200

きれいどころを一枚(笑)。どんたくパレードの通りに造られた桟敷席に畏まって座っていたミス福岡の面々。炎天下にご苦労さまです。

どんたく舞台 市役所前
smc PENTAX-FA28-105mm F3.2-4.5 28mm 1/250sec F6.7 ISO200

最後は市役所前のお祭り本舞台。人多過ぎ!(>_<)近くで撮りたくても人の頭が邪魔でカメラを向けられない。なので遠くからパチリ。(;^_^A)

Posted at 22:02 in diary

May 03, 2006

博多どんたく

今年も独りで見に行った。(^_^;)

200ミリでほとんど撮ったので、おねいちゃんのアップが多い。

パレード隊1
smc PENTAX-FA☆200mm F2.8 200mm 1/750sec F5.6 ISO200

パレード隊2
smc PENTAX-FA☆200mm F2.8 200mm 1/1000sec F5.6 ISO200

パレード隊3
smc PENTAX-FA☆200mm F2.8 200mm 1/1500sec F5.6 ISO200

花バス
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/125sec F8 ISO200

Posted at 20:48 in diary

May 02, 2006

湯布院 その3

二日目は城島後楽園ゆうえんち。私自身は遊園地なんかだいっ嫌いなのだが、女子供を適度に放置出来ておねいちゃん写真を撮れるナイスなスポットを外すワケにはいかない(笑)

ゾーブ
smc PENTAX-FA28-105mm F3.2-4.5 43mm 1/250sec F11 ISO200

これはZORB(ゾーブ)というアトラクション。直径3メートル位のビニールで出来た球の中に入って100メートルの坂の上から転がり落ちるというものだ。

もちろんやってみたのだが、ちょっと体験したことのないおもしろさ!気分としてはでんぐり返しをムキになってやってる感じかな?あっという間に終わってしまって物足りなさが残ったのだが、これ以上やると吐くかもしれない。(^_^;)

ジュピター1
smc PENTAX-FA28-105mm F3.2-4.5 105mm 1/750sec F5.6 ISO200

城島後楽園の顔ジュピター、木製のジェットコースターだ。初めて見たがデカい!

ジュピター2
smc PENTAX-FA28-105mm F3.2-4.5 105mm 1/750sec F5.6 ISO200

なんでも6万本米松で出来ているらしい。ジェットコースターは苦手だのだが好奇心にかられて挑戦してしまった。(^_^;)

とにかく揺れる、軋む、跳ねる。コースから飛び出すんじゃないかって恐怖の方が強かった。。。

Posted at 22:32 in diary

May 01, 2006

湯布院 その2

引き続き湯布院の写真をアップ。今日はFA35mm F2 ALで撮った分からセレクトした。

シャガール美術館
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/90sec F8 ISO200

金鱗湖畔にあるシャガール美術館。別にシャガールが好きで見に行ったワケではまったくない。(^_^;)ただし、ちゃんと入場料を払って鑑賞してきた。芸術作品を愛でる位の教養は持ち合わせているのだ♪(えっへん!)

金鱗湖
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/250sec F8 ISO200

金鱗湖。ここも女性観光客が多い。

絵描きのおじいさん
smc PENTAX-FA35mm F2 AL 35mm 1/180sec F8 ISO200

駅へ戻る途中、道端で見かけた似顔絵描きのおじいさん。日本人には見えなかった(笑)。

Posted at 23:16 in diary